いじめ問題姉妹の場合

いじめ問題、長女の場合、快活な性格、きっと母の隔世遺伝。
長女と言う気質よりも、次女が生まれるまでの一人っ子期間が長かったため
一人っ子のような気質が有りそれほど上としての責任感があまり無い(笑)
その変わり妙に気負ったような暗さや静かさもなく(笑)

なので学校では特に小学校低学年時期いじめに遭うというよりは
ちょっとやんちゃな男子を諌める立場にあったような。
yarisugikanmo,inamenai(w

中学、高校でも先生と対等に話すので、家庭訪問でもほっといても勝手に話が進む。
中学教師の場合
ここは充分教師の方が怖かった、規則、校則喧しく上から目線の威圧的教師多々存在し
何もしてなくてもおびえる罰則は罰則であまりの差別感に憤慨するほど、
暑い夏を狙って親子一緒に早朝から校庭の草むしりとか そのくせ、
する者しない者の出欠は問わず、不公平の極み、まじめなものが馬鹿を見る。

まだまだ、教師の方が強いという、偏った弱肉強食、稀有な中学校。
このくらいしないと「生徒 対 先生」、今の時代均衡が保てないのかも

高校教師の場合
先生は、いつも教室に居るわけではないので様子がおかしな子がいないかどうか
生徒目線の情報も聞き出していた。
尋ねては「やっぱりそうなの」とさっそく対策したり
「仲良くしてやってね」と頼んだり
いじめ対策は良くされていたようだった。

力量ある先生は暗くおとなしかった子を先生自身の生徒への盛り立てで、
その子の今ある環境を変えてゆく
急に明るくなってまるで別人のように変え。


まあ、長女の時は優等生の母??を味わったわけ、
本人の要領が良いだけ?
子育てを誉められた短き幸せの時。
スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード