神様という言葉が通じないから

昨日の記事「神の領域まで近づく」には語弊があった。
これではあまりにおこがましい。

人間の魂が磨かれて行くことで…こんな感じかな。
今の世の中は人間が身勝手な人間のまんまで神の領域を犯している状況だから。

「神様」って言葉はもう、なんか今の若い子には何の歯止めにもならないどころか
「また面白い話はじめたよ、この人は(ため息)」
そんな感じなんでしょうよ(笑)

でもこれは現象の事、だって、悪いことには悪いことの報いが来るのは
因果応報って言葉で表してあるし、現にそう。

罪を犯せば捕まる、非難される、罰を受ける
たとえ逃げ果せたとしても人である限りは自責の念に駆られるだろうし
窮屈だろうし健康的な人生ではなくなる。失くす物多し。

これがわかっていながら子供に悪事を働かせるなら、もうこれは確信犯。
ここまでひねくれてしまったら親子道連れの怒涛の人生。

これまた「大宇宙の法則」っていうと宗教みたいになってまた怪訝な顔つきになるのだろうけど。
簡単で分かりやすいのに「神様」ワードが出てきちゃった日には
なぜか説得力がゼロになる。
昔話を子供に分かりやすく描いた神様を人身化させた絵本が
あまりに印象深くなってしまったからか。

神様って「因果応報」のこと、こう捉えればわかりやすい。
これって本当に身に染みて怖いこと。どんなちっちゃな行いでもちゃんと結果が出る。
畏敬の念を忘れがちなその他大勢の中の自分、知ってるだけでもずっとまし。
これを教えない親の子は不幸。

地獄の絵が子供の頃教室に貼ってありました。
我が校だけだったのかこれが強烈な恐怖心。
幼かったから信じたし、あまりに恐がるので「こんな世界はない」の言葉も掛けられたが。
跳ね除けた(笑)
恐いもの知らずのくせに心の弱った今の子には、幼児期の「地獄の絵」
このくらいのショック療法も良いと思う。


スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード