サングラス

昨日の「マツコと有吉(&夏目の様相を呈してきた)の怒り新党」
サングラスのお話、
芸能人のファッション「昔のトンボメガネみたいなデカサン」有吉さん曰く「にあってねーよ」
「外でかけるならともかく、楽屋あいさつに来るほんの短いストロークなんでグラサンとらねーんだよ」
メークが変で外せないとか、いろいろな状況をあげてグラサン芸能人を擁護はしたものの
やっぱりサングラスは、未だそういう位置付けなんだ。

5月くらいからグンと紫外線が多いでしょ、ウォーキングなんかでは、
目を守るためサングラスは必須だったりする。

アメリカでは目の保護の為、当たり前のサングラス。
昔からまぶしがりやの私も、掛けたいのはやまやま、でも先の意見のように
日本でサングラスはカッコつけやらファッションの道具のような位置付け。

ましてや素人、「何をカッコつけてんだか」って思われるんだろうなとか
「いやいや気にし過ぎだろう」とか心のなかで葛藤しながら、
心情的に時々不自然になりながらも掛けつづけるのは憚れる。
たまに薄いバイオレットのサングラスをかけてはいるが。

子供のころからまぶしがり屋な私は日差しが厳しくて厳しくて。
視力は良い方だし、眼科的には問題なしなのだけれど。
まぶしがるから
眉間もそうだけど、下まぶた(こんな名称?)に普通のひとには無い、小さな縦じわ

以前当番制で配置されてたプール当番、水面がキラキラしてるだけで何にも見えていなかった。
透明な紫外線カットグラスがあっても、グラスが黒くないとまぶしさは遮ってくれないし。
車では日よけを下し、サングラス、今は車高が高いので少しはましになってきた。

早く日本でもサングラスは目の保護対策グッズとして定着してほしい。
一番効くのは医者に言ってもらうこと。
「目の保護にサングラスを」と「掛けないと大変なことになりますよ」と。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード