どうにかして韓流ドラマを作る東海テレビ

昼ドラが話題になっているようで見てみた「赤い糸の女」

これは、韓流ドラマの逆宣伝。

実際の事件等、なんの脈略も無くいろんな事件をおもしろがって扱っているいるので不謹慎
ひどすぎる日本人を演じさせ日本を馬鹿にしているとしか思えない。
現に韓国人が出てきて韓国へ逃げましょうと主人公を誘うシーンが有る。


この主人公はまるで学習しない女で、また執ように迫る整形女は意味が分からない人物像だし、
どの出演者にも共感する部分がまったく無い。

ドラマとは、共感する部分があってこそ見続けられるものだが
これはただ単に韓流ドラマが不振なことにかこつけて、
日本人を貶めるのが目的で韓流を日本人に演じさせた韓流ドラマのようなものです。

へんてこダンスをはやらせようとしたり
まったくあの手この手の…

また、「知りたがり」でお詫びしなければならない人物が出たようです。
早くテレビを消さなきゃ
スポンサーサイト

とても違和感感じるフジテレビ

なんとなくテレビ見つつチャンネルスキャンして見るたびおかしい。
断片的に見てるにしてもフジはおかしい。

テレビは強弱つけがたいけれど、どのTV局も
何か押し付けるかのような思想の呪文が繰り返しなされてる気がして気持ちが悪い。

フジなどはもうどの番組も違和感、知りたがりのナレーターの話し方が変、
プロな割には読み手は言葉に引っかかりすぎでしょう。
日曜日の情報番組、同局宮根さんの番組のナレーションも違和感何か言葉のリズムにもっと別な
何かを含んだような読み方に感じて仕方がない。

キャスターも出演者、言葉にも表情にもとげが有る。
被害者意識と共に攻撃的に、何かを守っている感じがする。

この局の空気感、日本的なものではない異国を感じて仕方がない。

最近新聞もテレビも警察も誤りだらけ、
尼崎の事件まずここまで警察が動いてない事も恐怖だし、
ネット犯罪も誤認逮捕だし、森口さんの虚偽に気が付かない新聞、
尼崎の犯人顔写真も別人らしいし、誤りは地味にしか訂正しないし
どうなってるの?日本

両極端

良くも悪くも石原都知事の行動力は他の追随を許さない勢い。
こんな行動力ある人はきっと何かに突き動かされてるのであって、
政局がらみではないと私は思う。

本人はとても弁が立つ人
立ちあがった心理も何もかも話してるのにメディアの嫌に勘ぐったコメントは
何を言いたいんだか、

政党のアジェンダ?これをはじめから全て決めておくこと
全て合致しなければ組めないなんて
それだったら考えかたが合わない人とはお友達にはなれない、
仲間内の危険行動を止める人、良いことと思う行為に発破をかける人が居なくなる
みんな同じ思想で固まる怪しい宗教みたい
経済は生ものなんだから
ある程度柔軟性を持って時期を見つつ行動を変えるのは構わないと思うのだけど。

ぶれないって逆に言えば危ないこと、基礎がぶれたらいけないけど。
やっぱり、政治は時代を読みながら、考えを日本国内外に伝えつつ柔軟に
対応、凝り固まった行動力旺盛な政治家に説得できる人が一緒に組めばいいのに。
「話し合えばいいじゃないですか」その通りと思う。
トップ独断の政治は恐いし、尖閣問題だってもっとうまく問題提起できたかもしれない。

今のままの石原さんではちょっと怖い、渡辺さんや橋下さんなどの留める人は大事と。

学童保育

昔は無かった学童保育。
働いていた母は私を幼少期の何度かを近所のおばあちゃんちに預かってもらうようにしていた。

おばあちゃんはとても穏やかで優しかったが、私が無口な分、会話はポツンポツンする程度。
おばあちゃんちのタンスの上の飾りケースにかぼちゃに乗っかったご当地お土産らしきお人形が
飾ってあった。
子供心に特に目を引き、なんでこの和人形はドデカかぼちゃの上に立って
澄ましている、たたずまいが不思議で不思議で。

その日修学旅行に(九州方面)行っている姉のこともあり(今になって思うのが日向かぼちゃの宮崎土産?}
高揚感でおばあちゃんと話をしたのが唯一記憶に残ってる。

「お姉ちゃんがこのかぼちゃ人形を買ってきたりしてね」
この会話、おばあちゃんがしたのか私がしたのか覚えてはいない。

さて、姉帰る、お土産を開けて驚いた。
包みの中には本当にあのかぼちゃの人形があるではないか

姉の旅行中のそんなおばあちゃんと私の会話を聞かせて
姉も驚いていた、と言うか笑った、相当目を引くお人形、
東京方面ならテナントか東京タワーかってところ
(でもこの和人形画像検索しても出てこない)


昔、子供は預けられていても今のような規制無き奇声は発していなかった。
声のトーンにも行動にも子供なりの、たしなみが有った。
逆に私の場合は会話を逡巡し過ぎて子供らしさが無かった。

最近の子供の歓声はもう奇声でしかない、遠慮のないかん高さでギャーギャーや
所狭しとスーパー内を走り回る。ここは車が無い安全な場所?

かたや、野放しに近い野放図な最近の子育て「子供のすること」で
何でも許されようとする子育てをたまに見かける。

本人の意向不在の預けられっ子も不幸だけど、子育て方は本人に返ってくるから
しみじみ思う。

自虐cm目白押し

保険のCMが変過ぎる
入院一日一万円!!
がん保障100万円ですか~

明らかに歓喜の表情、
罹りたいんですか? がんに、
とりあえず病気なんだから神妙な表情でないと、これは不自然で意味不明。

某保険会社、入院後、申請した、でもいざとなったら支払われないことが多い
入院日数が短いとか、後からいろんな制約がわかって驚くばかり。

あの分厚い冊子に細かい字で書いてある。
保険会社によってさまざまだからやっぱり読み込んでないといけません。

最近、購入者の心情が読み取れてないCMが多すぎる。
特に依然多くあったのが悩み事を他人に批難させるもの
「変よ~」
「変なのよ~あなた」みたいな感じ。

今じゃそれじゃあんまりだっていうんで他人じゃなく、自虐パターンに変化
「まぁブサイク~」←いくらなんでもこれは無いか
「しわしわ~」とか「だる~ん」とかおどろおどろしい演出のものまで
しかも使用後、あんまり変わってないし。
「上から見られたら薄毛が気になって…」とか


自分発進だから言わせたい放題。
自虐は気をつけないと後ろに何万と同じ悩みの人が居る、
悩む、対策を打つのは個人の自由(効果だって定かじゃないのに)

これすらも選択させないくらい老化や肥満者を追いこんで
結果、お悩み対象者をさげすんでしまっているcmが多すぎる。
効果があればそこまで言っても問題は無いのだけど、

健康食品にはよいものもあったりするけど、良いものは怪しいcm作りはしていない。
サプリの成分より変なドタバタ劇が中心、内容や成分がさっぱり分からないものが多い。
 

浅履きジーンズ

浅履きジーンズがかなり多い。

通販雑誌とかだとほとんどがそう。
ようやく寒くなってきた今日この頃

下手すればしゃがんだとき半ケツ状態になりそうな心もとないジーパンは要らない
しかもお腹壊しそう。

いつまでこのタイプを作るんでしょう?

日本製では最早希少、、中国製で席巻された世界
韓国食品だって恐ろしくて食べられないのに、マスコミはなんにも言わない。

巷の衣料品日本製が見当たらない
家電なんて中韓のどのメーカーよりも日本製が良いのに日本ブランドの中国製だし。

ディーラーは最悪だけどマツダ車や

シャープ、ソニー、たとえば経営不振とかでどこの社が無くなってもとんでもなくもったいない。

中韓製、製品のどれよりも良い、なんてったって総合的にまじめだもの。

じゃんけん

人間、痛かったとか恥ずかしかった、悲しかった、うれしかった等
感覚的な事で記憶は思い出と共に強く残される。

感情と伴った記憶
これだけが遡ることのできるツール。
悲しいかな嬉しかったことよりも悔しかったことの記憶の多いことよ。

何かを決めたい時だったんだと思うのだけど小4くらいの時かな
教室の最後部の列の6人くらいでじゃんけんをするようにとの先生の命(めい)
その対象者に含まれてたわたくし

すると、例のいじめっ子が後部列でもないくせにわざわざ立ち上がって(自分の隣斜め後ろの男子)
じゃんけん対象者にニヤニヤこちらを見やりながら何やらこそこそ耳打ち。

明らかに目線がこちらなのでまたまた、意地悪な事を言っているに違いないにと。
そこで思い当たったのが私のある想像
耳打ちの内容を想像。

私の出すじゃんけん種は「グー」だ。
とっさに考えて「グー」
グーで秒殺したった。

話の内容はこうだ、「あいつは(おつむが)パーだからパーを出すに違いない
パーに勝つチョキを出せよ」ニヤニヤ

だから、私はチョキに勝つグーを出したのだった。

奴はパーな私に負けたのは、たまたまだと思ったに違いない。

この出来事はほんの数分間の出来事で
もっともじゃんけんするまでに至っては瞬間の出来事、瞬間のきりかえしにしてはあっぱれだったと
思ったのだけれど…
やっぱり想像通りだったんだなと
じゃんけんには勝てたのに少々複雑な思いがしたのだった。

でも、勝ててどこか嬉しかったから憶えてるのでしょう。

車のCM   どうかと思う

某車のCM
あの車のフェイス、CM出演の某男性歌手に似てる

ひげ面みたいな、カールおじさんみたいな

でも、自動ブレーキシステム車でよそ見運転だなんて
自動ブレーキシステムって、
「自動」に甘えて手抜き運転はじめるんじゃないかってのが心配の種なのに
やはりスバルのCMみたいにまっすぐ前を見据えて運転するCMじゃないと。
変なくせ付くと レンタカー人やら借りた車でもおんなじような運転して
「しまった!この車借り物だった」なんてことで事故ってしまいそう。

そんなのめいわくだから 


このCMってどうなんでしょう、運転手にあるまじき運転
でもこのシステム全車搭載しないと玉突きなんかで一人だけブレーキかけたんじゃ
かえって危ないときもあるのでは?
前が空いてたらスピードを徐々に逃がした方がうんてんしゅは安全に止れる

変な歌は変な歌詞に聞こえるし(深く追求しないで)

これが先進国?

幹部クラスの仕事に従事する女性が先進国の中で、日本は軒並み水準が低いのだそう。
その点では韓国にすら抜かれそうなんだって。

確かに意味深に「女性が強くなった」とか誉めてんだか何だか(揶揄)される中
女性の地位は全然高くなんてなってない。

女性を判断すると言えば小学生並み発想から変わることのない
 (子供では )顔判断、、(大人になると)自己主張の強い女性や若さ判断が加味される、そりゃ、
生意気とかと言っては自己主張させないのなら意見を述べることができないし
幹部クラスの女性かどうかなんての判断も出来ようがない。

日本の職場環境も日常が売り物の製品を売るのがほとんどの企業にあって
女性が日常を生きる中アイディアだってすごいものがあるでしょうに。

モニターやってるだけじゃなくて、手先だって器用なんだし
職場で生かせないのは企業自体の容器が男仕様だから。

(出稼ぎ)外国人労働者に日本を助けてもらうくらいなら

必要に迫られた女性に仕事場を与え、男性は子育てに協力する。
緊急事態の今の日本、
仕事も子育ても折半。
慣れない持ち場では最初は立場が無いのは当たり前と理解する
ああ、そうなれば日本は、安泰だ

子育ては大変なんだから協力が大事となれば
最近の風潮、色んな時点で見誤ってる男性達に愛想を尽かさなくなるのに。
今はフェミニンくらいがちょうど良い

絵をかいて覚えようとして怒られた

今日のせんせ
小学校時代、記憶にのこる先生連は数居れど
今日のは記憶の中に最も強烈な印象で残った(男のくせにと敢えて言う)意地悪な男せんせの想い出。
そ、「○○くんはお家で反省してまーすのせんせ」

理科時間、よそ見しながらも先生の言ってることは聞いていたのに先生は
「○○?今先生はなんていった?」怒りつつ尋ねた。
ちゃんと聞いていたのできれいさっぱり一字一句間違えることなく答えてあげた。
したらば先生、問題を応用して、私に負けじとさらに難しい問いを私に投げかえしてきた。

答えられないでいると「先生の話をよく聞いてないからだ」とのたまう。
ちょっとォ、、それっておかしくないですか、そこは私が単にアホなだけであって。
話を聞いてないのとは関係ない、事実ちゃんと聞いてたのに
とっさに、難しい問題を作ってやり込めようとする大人げないせんせ。

テレビを見る形の授業は楽しい、、かなり記憶に残る鮮明なノートを作ろうと
(上部に絵をかく部分のあるノート) 
画付きでノート提出を、したらばせんせは何冊かをもったいぶって返却しないでいるので、
自信が有ったのも手伝って褒められるかと思いきや

ノートを開いて生徒に見せ「こんなふざけた漫画ノートは書くな」と言われた(笑)
テレビは(視)聴するものだから絵をかくのは当たり前と思うけど、ラジオならともかく。

さんざん記憶に残るノート、これなら覚えられると今後も続けたいと
意欲的になった気持ちに反して、この先生の冷水。
画付きで覚えると記憶に残るとは最近盛んに言われている記憶法
おかげさまで社会の苦手意識は克服できなかった。

そのほかにも私的時間でも嫌味を言うとか本当に困った先生だった。
景気の悪い先生のレッテル張りは生徒の人気度を下げまくる。
「いじめを作るのは変な雰囲気を作る先生だ」と言い切っても過言じゃない。
それにトラウマも生む


今、過去にさかのぼって抗議したいくらい(笑)やなせんせだった。

黒板の前って何も考えられなくなる

生徒にとっては女性の先生、イメージ的にはやわらかくて良い感じ。
しか~し
一年の時も二年の時も年配のベテランらしき(女)先生…
おそろしかったのなんのって

「驚愕の」って言葉がおおげさじゃないくらい厳しいせんせ
お説教型のせんせ  静まり返る教室
休み時間になると「ざわざわ」しつつほとんどの生徒が校庭に出ていく、
この休み時間の一瞬が恐怖からの解放。
生徒たちは先生の授業の感想を驚きのまなこで語り合うため、
恐怖をみんなで共有するため、つかの間の校庭で息を抜くのだ。
始業チャイムの音はまた恐怖の音色で

今考えるとあの先生、子供向きでなかったという感じ
高学年受け持ってた先生が急に低学年を受け持った時に、
「低学年を扱う」という切り替えが出来てないって感じかな。
熱心な先生には違いは無いんでしょうけど。
相談したら母が上手く先生をとりなしてくれたので後で随分優しくされたけど(笑)

こわかった、、うちの母よりもっともっとこわい先生だった。
あるとき算数の割り算、苦手なうえに,当てられた!
解こうにも恐怖のあまり黒板の前で頭が真っ白
黒板の前ならんだ数字、数式が変な数字の配置に見えるうえに
数字はてんでに目の前で舞っているだけにしか見えず
後ろから先生が怒鳴るのでますますなんにも考えられなくなって…

何でもいいから適当な数字を書いて難を逃れようとした
5、「違う」2、「違う」、でたらめに書いては、後ろからせんせのどなる声を浴びるを繰り返す。
もう、とっくに頭脳停止状態にあるのだから。

数名の出来る生徒たちの「ちがいまーす」の声でようやく黒板の前から釈放された。
汗びっしょり。。

机の穴

何を書こうかなぁ
そういえばまだまだ、いじめられ(虐待だと思うんです)体験では記憶に残る物がいくつか

先生連、今考えてみたら結構な問題教師(笑)

その頃(小学低学年)教室には最近になって話題になった
地獄絵図の一部分のポスターが貼ってあって、子供心に相当に萎縮。
うそつきは地獄行き。
本当に小さな嘘で
(みかん好きをみかん嫌いと偽った罪、理由はみんなの前でみかんを食べたくなかっただけ)
これでもう本気で地獄行きだと気に病んでた。
先生連、これで生徒に対しての掴みはOK

与えられた木の机、小学一年生までかろうじて机のふたは開閉できた古いタイプの物だった。
やわらかい木の素材で以前使っていた子が穴をあけていたのか結構大きな穴(直径7ミリ程)が有った。
プリント類を急いで仕上げようと下敷きが当たってないと
「がたん」と穴をあけプリントにまで穴が…

そこで思いついたんが、さんざん消しゴムをこすっては穴に詰めて修復すること。
いつも少しずつ少しずつと作業に精を出していた。

見回り中「なんの作業かしら」と気が付いた先生は烈火のごとく怒り
机に穴をあけたのを私だと決めつけた、穴をふさぎなさい!
「そうです、だからそう言う作業をしていたのに」先生ったら有無を言わせない大迫力で。

啄木鳥じゃあるまいしどうやってこんな短期間であんな穴をあけられる?

先生は(新)一年生をこんなに委縮させてどうするんだろう?
先生の勘違いを良くわかっていたのは友人だけど、この子も言い出せない
あくる日、先生はどうするかなって心配だったけど、

小学一年生の先生による洗礼、理不尽な出来事。
忘れてしまったのか二度とそのことには触れられなかった。
悪くもないのにびくびくな小学生時代の幕開け。





まだまだ色めき立つ話ではないと、おっしゃっているではないか

iPS細胞を使った手術の実施が行われたなんて言う話題。
報道の最初の頃なんで色めき立ってるのかなと思った。

だってまだiPS細胞、問題点が解決されてないし倫理面でも相当考えないと。
信じられないのがマスコミ、素人じゃあるまいし
それか面白がって騙されたふりしてる?

森口って方の
苦しい弁術に乗っかって、(この人話しながら寝てるの?)
お笑い芸人さんをいじってるみたいな恰好になってた。
手術が5例もあるとしたら早く特定して患者さんに詳しく説明しないと…

虚偽だと認めたらしいけど、なんか頑張って一例だけは本当って死守しようとしてるみたいだけど。

いい大人のああまで、あからさまに苦しすぎる内容の会話をしている
映像を見せられたら、ただただ痛々しい。

なんか朗報だったり、おめでたい話に、水を差す人が現れるのはなんでなの?

いじめの始まりは先生だったりする

この前、徹底的に生徒同士褒めさせる先生の授業風景を見た。
一人一人立ってだれだれさんの良かったところを褒めさせる。

癖付け。
これが本当に大事、生徒に幼少から「けなす」癖付けさせる先生とは全然違う。

ホームルームで必ず言わされた日直の仕事。

今日の悪かった人「今日はお掃除中○○くんがサボってました」とか。

酷い生徒に酷い先生の構図。
小学校高学年のある日、日直だった私はおとなしい連れの女子と日直日誌を持って
掃除個所によって区分されたグループ別班長のところへまわり

今日の悪かった人を聞いて日誌に付ける。
いじめっ子のNが「今日は○○がさぼっとったぞ」そう言うので
今日の悪かった人は一人こっきりその○○の名を上げた。

そうしたら、意地悪く笑いながらNは「バカか今日○○は休みぞ」
ぎゃははは笑い渦巻く教室内。


Nを叱ることなくそこにかぶせる先生「今日○○くんはお家で反省してま~す」
教室内、、本日二度目の大爆笑
欠席者を把握してなかった自分も悪いと思うが、
わざとであろうと欠席者を今日の「悪かった人」と挙げたNこそが真のバカであろうに。
この日直の仕事、わたくしより更におとなしすぎるもう一人とコンビ
気乗りしない上、必然的に私が頑張るしかなく、こんなことに…

意地悪で険悪な教室、こんな印象にしていくのはこのいじわるな生徒と(男性)教師
一人一人は結構優しかったりする。

集団の印象付けが教室内を地獄にしていく、このいじめっ子の標的は多数存在する
なか、こうして先生まで加担したら最後。
子供時分、日常茶飯な風景
いじめ免疫は今の子供達より付いていたと思う。
(今のような暴力は無かった、今は男子は男子女子は女子へのいじめが多いような)

と言うか、はじめっから悪はこの生徒と教師と思ったから絶対に屈しなかった。
宇多田ひかるの歌の歌詞のように、負ければ敵が喜ぶ常にそう思っていたから
いずれ終わる(腐れ縁との別れ)ときは必ず来ると、シカトして「ふん」とばかり、やり過ごした。



最近ではフジも読売も

たまたま見たフジの「知りたがり」
今回のノーベル賞、内容でなく数の論理でその趨勢を判断してた。

世界の主要国の道すがらの代表一般人にインタビューして
日本ほどノーベル賞に対して報道時間を取る国は無いと
一緒になって小ばかにしたような笑いでスタジオ内少規模ながらも爆笑してた。

ここの放送局は本当に「日本」なのかしらと小首をかしげる。

今回のノーベル賞受賞内容で騒がない人が居る方が信じられない。
さんざん病気に興味が無いか、冷徹な人…フジか、、それなら納得する。

なんて軽ーい放送局なんでしょう
ミヤネ屋はミヤネ屋で誰よりもミーハーな司会者
あの圧倒的に噂を根掘り葉掘り振りには
コメンテーター達もたじたじ
真面目にこんなもの観てたらレベルが低すぎて本当おバカになりそう

理解できない感覚

この前、番組で牛さんの飼われてる牛舎を見た。
牛さんは比較的良い環境に育てられ、かわいらしい眼で安心しきって
のんびりくつろいで横たわっている。

でもこの牛さんいずれは食べられてしまう運命にある。

その時まで大事に大事に育てられてるにしても。
レポーターが言う「このような環境で育つから、おいしいお肉になるんですね」
おいおい牛たちが意味を理解しないからって。
そりゃ、お肉は人への大事な栄養源には違いないでしょう
いろいろなサイクルを考えても、肉食を否定はしません、しませんが

牛さんや豚さんをペットとして飼う人もいるなか
ペットと家畜のボーダーラインがわからなくなってしまう。

かわいらしい名前まで付けておいて「私たちが育てました」
飼育者の満面の笑みとかわいい子ブタちゃんの写真。
飼育者の苦労、自然の節理から来る別れの悲しみ苦悩もわかります、わかりますけど

写真の前に整然と並べられたポーク肉
まったく食べる気がしない
美味しくいただく事が供養と言われても…都合良いなぁとしか



かわゆい鳥類




マツダユカ「ぢべたぐらし」
表紙買いをしたアニメ本、わたくしにとって完全なる癒し本。
表紙を見るたび「ぶっ」と吹き出してしまう。

このあひるさんの性格がとぼけていてとてもいい。
何度も読んでわかっているのに、読みたくなる毎度毎度読むたんび「にんまり」してしまう。
特徴生かした色んなキャラ付けされた鳥さん達もかわいい。

娘にお母さんまたニヤついてると言われつつ(H本ではない。
おとぼけキャラに嵌ってしまい、、おとぼけながらも哀愁漂うあひるさん。
続きが読みたい…。

鳥さんはあんまり好きではなかったのですが(嘴が怖い、つつかれる~追われる~)
いろいろな方のブログやら何やらで本当かわいらしいと思うようになったのでした。
娘はまんまる(雀の仲間)エナガが大のお気に入りだし。
本当に並んだ姿、、かわゆい

今日も良い天気

今日も秋晴れの良いお天気
空気も澄みきった感じで自然に深呼吸がしたくなります。


iPS細胞研究ついにノーベル賞、
何故に未だに日本に与えられない?って思いで待ち遠しかった。

大変な努力と頭脳の集結、この先倫理観の問題はらんでくるでしょうが
やはり自分の細胞ってところが良いです。、
日本ならこの点だって慎重に進めていくのじゃないでしょうか。
でも先々色んな研究が進んで、替えが効く不摂生な人生やってしまう人が出てこなきゃよいけど
今でさえ、怠慢不摂生は人間多少なりともあることで
倫理観と科学(化学も)はセットで進歩していってほしい。

やっぱり苦難から生まれる発明や研究のようなものこそ人道支援で
LEDにしろ日本が発明国でよかった。
日本に住んでなければ思いつかない出発点だし、苦難が無いと知恵もなんも出ない。
必要に駆られたうえでの恵みと、ただの棚からぼた餅ではありがたみと感謝が無くなる。

充電家電が増えすぎて

コンセント使用の家電、充電可能の家電にしろ結局コンセントが必要。
カメラ,電話、掃除機、テレビ、ファンヒータ、ドライヤー、携帯、
ハードディスクetc

そんなところに非常灯や、アロマスタンドなんてこじゃれた物単独でコンセント確保は無理
それどころかたこ足配線の危険なオブジェ状態。

それでもタコ足配線等危険な家電コンセント部分の周知は徹底。
ずいぶん改善はされたはずが、、充電器
変電する共通の充電器は出来ないものかと思ってた矢先

もうすでに売り出されてる?
でも、いったいそれぞれの電圧はどうしたの?
充電器にはくれぐれも機種違いの充電をしないようにと明記してあって
使わなくなった頃、黒い塊物体がいくつもいくつも発見されてはこれは何の充電器?
充電器を引出の中で発見!
見当違いと分かった時ほど徒労を覚えることはない

夢のような家電
少なくとも充電家電のコンセント混雑は解消される。
漏電とか、感電とか心配だけど、日本の家電技術は優れてるから何とか克服するのでしょう
でも便利から来る不便まだ探せばたくさんある。
みんなアイディアとして商品化できるのに、なんか変な機能付きの家電が多い。

洗濯物の香り

寒暖の差に戸惑うこともありますがいい気持ちの秋です。

夜間寒くて半袖→長袖→肌着も長袖→首元寒し→ハイネック に一夜でこんなに着替えて
ダンスをゴトゴトほとんど眠れなかった。


一時期何の酔狂かちょっと几帳面に洗濯物をいちいち真空パックして保管していましたが、
いつの間にか空気が戻って「パンパン」ぎゅうぎゅう詰めのタンス(笑)

なんたって台所用の真空パック、服専用じゃない。
お日様においの洗濯物のいい香りが持続すると思ったのに…
柔軟剤なんかの香りが付いてたらタンスの湿度と相まって逆効果に違いない。

「洗えば洗うほど…」なんていう洗剤もあるようだけどなんか怖い。
やっぱり、自然なもので除菌された洗濯物、特にタオルの仕上がり。

ついに、ケーブルテレビをやめました。
やはり観てない衛星放送受信料は払いたくない、今回のアンテナじゃ映りません。
NHKも政治物以外は良い放送物も多い
特に、世界遺産やら人目線の旅行もの、衛星放送ならもっといいものも有るんでしょう
よーく考えて自分の意志で視聴は決める。
NHK純&愛だったっけ?げんきが有って面白そう


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード