黒板の前って何も考えられなくなる

まだ小学生のましてや低学年の生徒にとっては女性の先生、
イメージ的にはやわらかくて良い感じ。
しか~し
一年の時も二年の時も年配のベテランらしき(女)先生…
おそろしかったのなんのって

「驚愕の」って言葉がおおげさじゃないくらい厳しいせんせ
お説教型のせんせ  静まり返る教室
休み時間になると「ざわざわ」しつつほとんどの生徒が校庭に出ていく、
この休み時間の一瞬が恐怖からの解放。
生徒たちは先生の授業の感想を驚きのまなこで語り合う、
恐怖をみんなで共有するため、つかの間の校庭で忘れようとする。
始業チャイムの音はまた恐怖の音色で忘れたはずが蘇る(笑)

今考えるとそんなタイプの先生は、子供向きでなかったという感じ
高学年受け持ってた先生が急に低学年を受け持った時に、
「低学年を扱う」という切り替えが出来てないって感じかな。
熱心な先生には違いは無いんでしょうけど。
相談したら母が上手く先生をとりなしてくれた(笑)ので
後で随分優しくされたけど。

こわかった、、うちの母よりもっともっとこわい先生だった(笑)
あるとき算数の割り算、算数は苦手なうえに、当てられた!
解こうにも恐怖のあまり黒板の前で頭が真っ白
黒板の前並んだ数字、数式が変な数字の配置に見えるうえに
数字はてんでに目の前で舞っているだけにしか見えず
普段視力は凄く良いのに即席の乱視状態。
後ろから先生が怒鳴るのでますますなんにも考えられなくなって…

何でもいいから適当な数字を書いて難を逃れようとした
5、「違う」2、「違う」、でたらめに書いては、
後ろからせんせのどなる声を浴びるを繰り返す。
もう、とっくに頭脳停止状態にあるのだから←なんなら始めから

数名の出来る生徒たちの「ちがいまーす」の声でようやく
黒板の前から釈放された。
汗びっしょり。。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード