昨日のホンマでっかTv

部屋から離れるとワンセグなんか観たりする時もあるのだけど
ワンセグは手元にある分チャンネルを変えやすい、で、
相当に久しぶりのフジテレビにチャンネル。

その内容の酷いのなんの、出演者の女性が女性の悪口を言う言う
しかも日本人限定「日本人の女性」
それから日本人の男性のこともぼろくそに言う。
「ホンマでっかTV」副題「日本人罵倒番組 救いはない」

この番組日本人叩きの番組、どこにも愛情を感じない、
ただただ笑って蔑んで終始。

何せ出演者が日本語を知らないのにも驚いた。
顔は日本人その物なのに。
良妻賢母の意味が分かっていなかった。。
先生と呼ばれる立場の人なのに。


話の内容はこう、良妻賢母に限って酷い陰湿ないじめをするのだそうで
(汚い話で申し訳ないがフジテレビが流した内容なのでしかたがない)
説明すると
嫌な亭主に仕返しがしたい、妻
おトイレ便器を亭主用歯ブラシでゴシゴシし挙句その歯ブラシを味噌汁に浸して出す
などと言う仰天発言。

そしてお腹を壊した御亭主に何食わぬ顔で「大丈夫?」と尋ねてよい人ぶる妻。

こんなことしたら、たちまちとんでもない菌が検出されて
「お腹が痛い」だけで済むのだろうか。
医者に「う〇ちでも食べましたか」と尋ねられそうな勢いです。
大騒動の新聞物の「救急車物」だと思うのだけど。。それ以上に汚すぎるし
それに、その味噌汁お椀洗ってまた使うの?「減りゆくお椀」怪奇現象。
公共の電波に乗せてよい話だろうか。

ゲストはこんな話を聞いて女は怖いの恐ろしいのと救いのない話で日本人を罵倒

この人たちの思うピン(良妻賢母)からキリまでの
日本人全部を罵倒してるのですから、救いはないです。
さんざんな失礼を大笑いで話して何がしたいテレビ局なのだろうか。
日本人同士批難し合い争わせたいのだろうか
これの内容が面白かったらこの方、日本人風の何人なんでしょう。

こんなことする人のことを良妻賢母とは呼びません良妻系にも当てはまりません。
ただの大ばか者です。
良妻賢母風、「なんたら風ポトフ」等のまがい物です。



スポンサーサイト

書きたい内容

書きたいことは山あれど

不満や、ぼやいているばかりそう見られたら不本意だけど。
実際に書き出そうとすれば、ほぼこのブログ日本のこまごま改善を願う内容多しで

だって今の社会改善すべきところばかり。
それでも願いが聞き入れられるわけでもなし
さしずめブログで日参と行かないまでもお参りしているようなもの

書きたい内容も朝と昼間じゃ全然違うし、
夜書きたかったことは朝考え直してみたらばかばかしいとか

頭の中の柔軟さが昼夜でこうも変わるもの
朝はまじめで昼間は中間、夜はふにゃらふにゃ。

日本の法律って血が通ってないっていうか融通が利かないっていうか馬鹿みたい。
犯罪者側の屁理屈多しで黒いカラスも白カラスに。
屁理屈通って無罪放免。

命の勉強?

ソフトバンクのCM、そろそろイライラして来た(笑)
これ見よがしで犬頼りなCM

芝居の上手さと会話の内容ではドコモの方がまだいい。
キットカットのCMもなんだかな~
上司らしき女性がミスで落ち込み、つい吐露した溜息交じりのセリフに同意し
「ダメっすね」と後輩らしき男性社員がかぶせてくるのが
どうにもこうにも…腹立たしい(笑)
「大人だって甘えたい」って意味深発言、ここが職場ってところが気に入らない。
公私混同、意味がよく分からない。

話は変わるけど動物を飼っていて愛情注いで育てて、終い、食して。
命の勉強。
動物たちを代弁して、
「あなたたちは一方通行です、裏切られた思いでいっぱいです」と言っているに決まっている
我が家も、幼少の頃はニワトリを飼っていたが
かすかに思い出すのが
どこかペットと、食用の運命の動物たちに対しておさな心に接し方が違っていた。
ほぼ完全に物心つくころにはニワトリさんは飼わなくなっていたけど。

どこかの生け簀によく懐いた大きな(魚の種類は忘れた)お客さんにも人気のお魚がいて
淵をとんとん叩くと寄ってきておつむを撫でられるとうっとりしたように静かに尾ひれをふっている。

その姿にそこのご主人はこの魚がお料理の注文を受けてもこれだけ懐いているんだから食べないという。
食用の物にはもともとは育て方にどこかで
気持ちをシャットダウンして情がわかないよう、あまり触れ合わないもので。餌撒くのみ
そうでなければとても食べられたもんじゃない。
釣り上げた魚にだって情がわけば海に返すし、無駄に獲ったりもしない。

だから命の勉強とかでさんざん可愛がってペット化した動物を食べるのは
この日本幸いなことに一般に飽食の時代、、まず、おいしくは食べられない。
以前同じく命の勉強とやらで子供たちがかわいがって育てたうさぎを
解体、ゲーゲー言いつつも(心理的に当然)料理して無理やり食べさせてる番組を見たけど
わざわざ懐かせてから食べるなんて残酷すぎ、
この教育を受けた強烈な印象が今後どう作用するか、
良い方に向かえばいいけど割りきりすぎの考えは、別の部分で悪影響でしかない。

その上、うさぎや家畜等ペットと食用にされる運命の差にだって問題は残る。
動物たちは思っているに決まっている、格差社会の波は動物たちにも

給食の時、無理強い食いさせられた肉、、私は未だに(煮た)お肉が苦手。
理由は硬く噛めば噛むほどに味は抜け無味で気色の悪い塊が呑み込めなかった。
まだ、動物がかわいそうなんて思いは無く、硬くて安いすじ肉のせい。
焼肉とか全然食べないわけではない




朝の目覚め

一日の目覚めは夜間の夢見がかかわってくる。

起きがけ嫌な夢で目覚めたとかで、いやな気分のまま目覚めた、
眠れなかったとかで「目覚めが悪い」夜間の気分を引きずって
起きてこられては傍が迷惑する
「朝からなんか不機嫌」はよく見る光景(笑)
こうならないように布団を出るときの気分は朝リセットをしておきたいもの、
この気分を引きずってこれで一日を台無しにしたら
もったいない。

夢の良し悪しこれが馬鹿にならない、夢も見ないぐっすり寝はもとより
夢はすごい、夢が楽しい内容の物だったら、その時間の脳内は体験したも同じような
高揚感に包まれて目覚めるもの。ありえない設定、ありえない能力。

布団を離れて夢を忘れてもなんかいい気分の
その雰囲気は案外長時間「いい気」にさせている。
一日が最高になるくらいなスタート。

残念なことに心地よい夢も見なかった朝は
不快な目覚めにならないように
布団を剝ぐと同時にリセットして邪気も昇華させてしまおうと思う。
「布団で吹っ飛んだ」

セーターの臭い



考えと言うものはその日その時、クルクル変わるものだけど
小さな数ある選択肢を選択しながら今思う自分の快か不快かで
肯定、否定を繰り返してきた。

不快が多ければ多いほど否定が増える気がするから。
嫌いなものが増えると心腐って来たかと、、思ったりもするけれど

製造者だって心こめてないもを売れさえすればでへーきで売っている。

最近、捨てる流れの、こんまり流お掃除。
「お掃除は祭りだーなんて」なかなか一度期には出来ないけれど
好きなものだけに囲まれ(ときめくもの)周囲をシンプルにするだけで
次買うものも捨てる羽目にならないよう、よく吟味して買うようになるみたい。

安物大量生産品も最近は高くて、「安物買いの銭失い」ではなく
「ぼったくり商品の銭散財」になっている。

セーターの鉱油っぽい臭い、
購入するときはにおいを嗅いで買わないと揮発もしなけりゃ洗濯しても全然取れない。


お店で失敗しないよう、そっとにおいを嗅ぐのだけど周囲を遮断して嗅がないと
衣料棚周辺が臭いに汚染されててわかりにくい。

商品は心こもった信頼できる国の物を、なるべくなら地産地消を選択したいのだけど。




人の足踏んづけても「人の足の下に足を置くなと言う」理不尽がまかり通る国

中国側
大気汚染の原因は日本だって、、

「日本が中国に進出してきて工場をたくさん建てて(くれたせいで)
そのせいで大気汚染、我が国中国も迷惑を被っている」

そう言うと思った。

恩恵だけ受け取ってそれに伴う弊害は一切受け付けない国。

「土産物はくれろ、今から喰うから包みの空き箱やらごみは持って帰ってくれ」そんな国。

日本側も中国に進出するのであれば日本に工場立てる厳しい基準をまんま
輸出するべきを、コストと人件費削減の為後先構わず目先の利益ばかり。
おかげで今になって日本も多大な迷惑。いわれのない日本叩きと大気汚染。

中国にかかわれば中国のやり方考え方を変えて行くか
それとも国際ルールを無視しためちゃくちゃさを受け入れるかの覚悟がいる。

この国は全部を人のせいにしかしない国なんだから
下手に出たら思うつぼ、
国民も国の方針が良い感じに身に付いた国にとって都合のいい人に成長。

北朝鮮とよくにてる。






ピーナッツ入りスナック菓子

以前自前でピーナッツ入りベビースターラーメンを発案、美味と思い。
ベビースターラーメンさんに売り出したら?
なんていう余計なおせっかいはがきを出したことがありましたが
その半年後くらいにピーナッツ入りベビースターラーメンが売り出されました。

ピーナッツがスナックの濃い味を薄めるという部分では
麺がピリ辛なのであまり意味をなしてなくてあまり購入はしませんが。
今は、ローソンの細麺をたま~に買うくらいで。

カシューナッツ入りのスナック菓子の方が好みかも。
しかし柿の種とかピーナッツ配合がまんべんなくて、うまい配合、

その点、東ハトのキャラメルコーンなんてお皿に開けずに
袋入りのまま食べ続けて途中でピーナッツに遭遇することはほとんどなく
袋の底にピーナッツ数粒が多少はがれた薄皮とスナックのクズ片と共に発見される。

そもそもその量にも長年の謎が、ピーナッツはほんの微々たる量で。
甘々になった口の中をピーナッツで閉める為に入れられてるのか。

案外それが目当てで最後まで食べつづけてピーナッツを発見、確認して
「今日のにも入ってた」
なんていうどうでもいい歓喜と納得を得るためにあれは入っているのだろうか。

個人的には絶対入れてほしい
アクセントではあるのですが、これが答えなのかな。

芸風が嫌い


煙突から煙が出てるみたいな。  空港



売れっ子女性お笑い芸人さんが言ってたけど、お笑い界も男社会なんだそうで。
お気の毒。。
こここそが男社会なのは最悪。
お笑い界は人間関係作り日本の縮図

日本のお笑いは「いじめ」をもじったいじり芸。
顔やら体型をさんざん罵倒してげ~らげら。
何のルールか知らないがとにもかくにも変態世界。

自分が言うならまだしも他人が罵倒することを許してほしくない。
それが一般社会に蔓延するから。
自虐は唯一の予防線でしょ、言われる前に自ら言うのが最大の防御だから
人に言われるのと自分が言うのは違うってことは
普通に知っておかないと。

自虐もすごけりゃ「けなし」も相当なもの。
森三中の大島さんなんか、幼少期のいじめ問題抱えてたし、最近では黒沢さんも
芸人仲間(男性)によるいじめが有ったと番組で激白。←大島さんが
しかも陰湿な
笑える範疇ってものを超えちゃって、越えてしまえばただの不愉快。

ちょっとおつむが良い分暴論を振るう、女性蔑視芸は、古いです。

有吉さんなんか一人でしゃべって一人でウケて大笑い、
そういえば宮根さんもその類。
視聴者を置いてかないで。


帰省

テレビ放映、映画、「洋菓子店コアンドル」を見た。
出演、蒼井優、江口洋介、戸田恵子、江口のりこ、、、
エネルギッシュな「なつめ」ちゃん(笑)

一つ驚いたのが「この人だれ?」
「聞いたことあるこの声」  
マリコ役の江口のりこ、なつめと対立構図で、
始終こわいったらありゃしない。

テロップ見て気が付きました。やっと。
面白かったから娘たちにも出題。
ニヤニヤしながら観てたけど、気が付かないものです。
印象が違いすぎる、声、声が相当特徴的だから。
NHK人気キャラ、、あれはキャラ、何せマンガが原作。

洋菓子店コアンドルは内容もよかったけどエンディング曲が相当良かった。
あんまり「無理やり元気出せ的な曲」は聞いてて疲れる。
その点この曲はずーっと良い感じに盛り上がってくる。

ももちひろこ「明日キミと手をつなぐよ」悲しいわけじゃないのにぜか涙が出る

ももちといえばもう一人の「もちもちももち」、この人嫌いじゃない。

ももちと言えば福岡の地名「百道」と書くももち、割と一等地 ヒルトンとか
素敵な地、それを横目に見ながら、そのそばの違う地名に仮住まいする娘。

今日の記事いつもに増して、?な内容になっております。

「目は口ほどにものを言う」の

昨日お昼の番組見てた。
グアムの無差別殺人事件。
悲惨過ぎて…

今のところ動機がはっきりしない段階では
憶測でしかないかもしれないが     
日本は「グアム基地移転」発言とかろくなこと言ってない
「もうどうなってもいい」心理の若者が捨て鉢になって凶行に至るのは
あまりにも愚か過ぎる。
に、しても犯人の自分の人生を生きられない
不幸極まりない人生、何をしても裏目に出るばかり。

考え方が違うので同情はしないが
不幸な事に不幸は不幸のスパイラルを産んで結果的に自業自得に陥る。
許されない凶行、人生の上手くいかなさを人にぶつけて
何にもならないのに。
今まで以上に、たくさんの人からの罰を被るだけ、一生。
犯人が、母に許されなかったように。


司会者「役者をやっていたんだって?」に対して
レポーターが「地元の自費制作映画の役者」と言ったところ。

その司会者は「なんやその程度なんや」独り言だったが結構大きな声みたいな発言をした。
若者への無理解も一つのネックになっている事件に対して
情報番組の司会者私情を挟まず冷静に核心に迫ってゆくべき人が口にする言葉だろうか。

犯人は許せないのは当たり前だけど、
みんな下積みを経て上へ上へと昇ってゆくのだから
その大勢の人たちの途中経過まで一緒くたにして蔑まないでほしいものだ。

ワイプの表情とセリフがようやく一致した場面を見た気がした。




ちょっとしたことで使いにくくなる

ブルーレイがソニーになってから、これはこれで録画がしやすく便利。
ジャンル別録画とか。
15分ぐらい遅れで再生、コマーシャル早送り時間差観覧が出来る。

ただ、ソニーってリモコンとかが、スタイリッシュなのはいいけど
特に夜中などに大そうに困ったことになる。

いくらそろえて置いていても伸びてくる家族の手やら使う方向はバラバラで
今は何もかもがリモコンスイッチで
そのスイッチがそこに居てくれないで移動するから。「ステイ!」
以前使ってた携帯も
咄嗟の呼び出し、バッグやポケット手探りで探しだし
ベルが鳴っただけで涎を垂らすではなく、なぜかベルの音にうろたえてしまうので
上下逆に持ってることに気が付かない
「!」
開かないから必死でこじ開けようとしてた。

リモコンとか携帯、手に取るとき姿を見かけたらなんとなく掴みあげ扱う
まして上下なんて黒い物体とかグレーの物体くらいの認識しかしない。

形を工夫して作ってれあれば手に取っただけで上下反対だと持ち直すけど
最近ではちょっと学習した、反応しない時は、リモコン空スペースで上下確認。

本当にほんの些細なこと。

そういえばワイヤレスマウス「あいつ、全然使えない」(笑)
電池食い過ぎ。
早々に有線マウスにお取り換え。

サイドカーに犬

長嶋有、小説「猛スピードで母は」タイトルに引かれて買って読んだ。
どんな展開?

「サイドカーに犬」も。
最近TVで映画放映こちらも当然。

キャストは違和感なく見られた、
ヨーコは演じるのが難しそう、何せ個性的でかっこいい。
竹内結子さんが演じていて最初どうなんだろうと思いつつ見てたけど
どんどんヨーコにしか見えなくなってきた。

子役の女の子も上手い
なんか切ない映画だった、、良い作品。

「サイドカーに犬」で思い出したんだけど
もう、20年以上前になると思うのだけど、
有るスーパでとんでもない乗り物を見たことがあった。

どう見ても普通の50CCバイクに手作りらしき箱がくっついてる。
これはなんだろう?
と思って見てたら、おじいちゃんがまずバイクにまたがって次にその横にくっついてる手作り箱、
(箱といえどもさすがに紙製ではない)連れ合いらしきおばあちゃんが、ちょこんと座りこんだ。
言うなれば、手作りのサイドカー

どう考えても危ない、全てにおいて何もかもがヨロヨロしている。
この、老夫婦と思われる二人は何も語らず一連の動作をさも日常の行いのように
当たり前のように行ったのだった。

今考えれば完全なる改造バイクで、危険極まりない乗り物なわけだけど。
あまりに非日常な情景を見た私はただ茫然と見送ってしまった。

優しい妻思いのおじいちゃんと映ったのだけれど
どう考えても車道に出ればおばあちゃんの方が危ない。
何も語らないのが「けなげなおばあちゃん」のイメージで思い出される。

あれ、幻だったんだろうか、今も信じられなく思い出されるのだけど、
主人も同じ思い出が語れるようで夢、幻ではなかった。

当時は、なすすべもなくただ呆然と見送っていた様でした。
今なら、危ないから警察に通報するかな。
言う言わないもなにも入り込めないような世界。
当時は有無を言わせぬ世界観でつい、受け入れてしまった。








配達の事前連絡

荷物の配送、
午前中の配送をお願いした「まさかの朝一番?」と思ってたら
案の定トラックの到着らしき音、どうやら我が家のよう。

本棚とかテーブルだったら引取りとか手際よくするために
事前連絡入れたらいいのにさ、
「配達事前連絡TEL求む」等の書き込みが無かったから。
元気よく「来ました」って、そんな事務的過ぎじゃ…

電話してから配送したほうが絶対仕事がやり易いはずなのに。
まあ、予感がしてたから何とか間に合ったけど、
(自宅の車をどかしたりとかコード外したり)

たとえ、「事前連絡お願いします」であろうとも、
見知らぬ電話の着信音後、いつも相当近くに来ています。
電話に出ながら同時に玄関チャイムも鳴る(笑)  完全に事務処理~

みさえに「そのうち遊びに行きますの」はがきが届く
「もう来たよ~ん」
一応みさえの苦情は聞き入れた。つもり
「おじいちゃん連絡してから来てください」
はがきと同時に来る来客、クレヨンしんちゃんのぎんのすけじいちゃんみたいな早業。

最近見てないクレヨンしんちゃん

ミステリーの謎解き本かと思った


「本当女の子どうしってややこしい」
以下、個人的感想
この本は子供がまだ学校環境に悩み、その状況を見て
いろいろと気をめぐらしていた時、参考になればと思い購入した本。
途中まで読んで放置状態だったもの…読んでおけばよかった。。
で、今回は大事なとこ、いっぱいアンダーライン引いて読んだ。

この本、半ばミステリーのように読んだ、最初はいろんな女の子のいじめケース
少し長い
謎解きのようにドキドキ
だんだん女の子の行動ケースがお決まりのパターンで形式化してくるので
覚えられる。
「あっ、そうそう女の子はこんなことする!する!」
長い学生時代に友人にされた不可解な扱われ方や、
この本に書かれているような心理状態になることが、
今の今まで、謎のままで大人になっていたが
このたび長年の謎が解けたかのような、そんな感じ。ちょっとにぶかった

そうして、どう対処するかはある程度書かれてはいるが
「これから」という形だけれど、
何故女の子がこういう行動をとるかの理由がわかっただけでも
救われる気がする。

女の子は社会環境の中、一言でいえば通じてしまう「優しく、女性らしくあるべき」
とかの社会通念で
本当は攻撃性がある(本当は持っている攻撃性を表立っては封印せざるを得ない)
社会的に抑制されている
この、抑圧が本書で言うところの
裏攻撃(表立ってやらない)という、いじめが始まるのだと。しかも突然
派閥作りの為他者のステータス追っかけやら、ねたみや、嫉妬…

仲良くさえ見えるから始末に負えない、わかりにく過ぎるいじめの兆候、
有る先生は「とにかく表情や行動を読みとるのだとか、いつも一人でいるとか、
「笑って」と要求←アメリカらしい、(日本なら笑わなくなるなら)と言っても笑えないとか。
日本は放置プレーが多い(今はどうか知らないけど)

しかし、この本はアメリカのお話、アメリカってこんななの?とか、意外と抑圧的。
社会の要求そこは日本の女の子とおんなじ、というか、
自己主張は今の日本の女の子の方が出来ているかも。

とにかくこれは学校の先生に読んでおいてもらいたい。
対処を誤って余計にこじれることが往々にして有る。
先生による、いじめのボスみたいな対処法はやめてほしい、
「出たなラスボス」って感じ…
女の子のいじめの特異性を知って対処法を講じ、いじめ現場を変えてもらいたい。

しかし日本のいじめ問題、男の子同士にも通じるものがあるかも、
大人の社会のいじめにも(指導という名の暴力とか)
いじめ方が陰湿化してきたのには、男女問わずコソコソして来た事からもわかる。
後ろ暗い感じが漂って来たら加害者か被害者に。






温故知新

温故知新古きを知らずば語れまい。

久しぶりにコードレスマウスにしてみた。
乾電池入れなきゃならないの忘れてた。


コードが無いと不便、手元から離れたときコードを引っ張って手繰り寄せられない(笑)

でもそのせいでコードのつなぎ目が切れやすかったんだけど。

スッキリしない空模様に見えるのは黄砂のせいか撮影者の腕が悪いのか。両方
熊本タワービル、一番高いビル。
地面を写さず高さをごまかしてみました。


本当はグーッと下まで…ってすぐ底です。
郊外の環境360度のパノラマ加減が気に入っている。
都会じゃできない。






秘密録音

秘密録音が(使用現場によっては問題)話題になってる番組を見た。
立場の弱い人が、相手側の豹変現場をとらえるためにも
使用されることのあるボイスレコーダー。

日本って監視カメラに盗聴器、どんだけ 人間性に「かげひなた」があると見られる国民なんでしょう。
世界中に親切で優しいと好感触の評価も深く付き合ううち疑心暗鬼になられたりして。
機械大好き国民性が幸か不幸か、がんじがらめの管理システムに。
それだけ本音では生きられない、ストレス社会なんでしょう。

盗聴器はさておき、相手の悪行を暴こうと携帯したボイスレコーダーなどは
なんの変哲もないバッグやポッケに仕込まれてるわけで、まさかのまさか。

中には録音内容を都合よく編集したりのとんでもない輩も出現、
これも盗撮して暴かなければ(笑)
鏡だらけの部屋にいるみたい。

録音されて不味いような会話さえしていなければ全然問題ないわけだけど、
悪徳商売やらいじめの現場、相手の不正が明らかに存在する場合は有効な
「使えるグッズ」と思う。
普段の状態から突如豹変する側に明らかに落ち度があると思うから。
ある日の娘の担任からの電話その豹変ぶり、何度録音していればよかったと後悔したことか…
せめて家庭内でだけでも再生検証したかった(笑)
正論はもちろん、理解可能なことを言い続けていれば何の問題もない話で。


でもこれが職場のデスクや会議の場、レストラン、家庭内となると話は別で
職場だったら産業スパイがいるようなものだし会社の不利益、
同僚への不信感に繋がりかねない。

完全プライベート空間の家庭内とか半プライベート空間のレストランとかでの
会話内容、ノリで話していたりするし信憑性ゼロだし責任は持てない(笑)

怪しい?鳩さん

「鳩さん
どこ行くんですか?」


「くるっくー」  訳   「どこにも行かんとですなぜか九州訛り  真相はやぶの中

AKB海外の反応

AKB、日本じゃ麻痺状態かもしれないけど「丸坊主問題」は海外が驚きの目でもって報道。
朝の報道バラエティは内容には全然触れなかった。

さっそく恥かき始めた。
反応の例、「彼女は丸坊主じゃなく、ベリーショートにしただけ」だとか(笑)
これはちょっと本人にとっては不本意な意見?それとも本意?
確かにロングの野暮ったさが無くなってシャープで洗練された感じになったかも。

他にも「日本人は小児愛すれすれ」とか、「もっと洗練された国かと思ってた」とか。
がっかりされてしまってる。
そして、あのAKBの特殊体制が、日本の芸能界の全体と思われてしまってる。

韓国の芸能界も酷いと思うが、ついに日本もそこに肩を並べるのか…
特に日本は女性の評価が年齢or顔でしか量られない、
他国とそう相違ない実情ではあるけれど
「実力持つ(持ちたい)ならいばらを行け!」コノヤロ
そんな国であること声高らかに発表した形。
反対に言うならこういう形、現象でしか女性の不満は取り上げられない。
女性の言論は女のヒスとしか取り上げられないから。
丸坊主謝罪、図らずも清濁併せ呑む、したたかで利口な形なのかも




汚染物質国境無し

中国の大気汚染の問題が日本全体を対象とした対岸の火事ではなくなるのももうすぐ。
あの国の何がダメって、反省をしないところ、

「謝らない国、中国」で居直っていることを良いことでも思っているのか。
思想面の成長から見れば国自体が全然育つ気が無い、停滞したままの原始時代思想。

日本のマスコミ、コメントが大気汚染に迷惑をこうむってる西日本(今は主に九州)に話が及ぶと
日本は、環境汚染対策の先進技術では先行く国。。
中国にその技術をバンバン売り込んで行ったらいいんですよ。(目を輝かせて嬉しそう)
という意見を聞いて、「ひどい」と思った。

西日本が被害こうむってそれで商売(日本の経済が被害者で潤う形を喜ぶような恰好)、
なんでこちらがワンクッション置かれなければいけないのでしょう。
しかも、中国は日本を敵視中、そこの打破に日本サイドの揉み手外交?

NHKなんて中国様様放送局なので大気汚染問題なんて取り上げないでしょう。
もしも取り上げたとしてもどんな内容になることか。
中国を非難するような内容には絶対にしないはず。

ある女性の方はフェミニストって言われてるけど、実は女性の敵で、
その上持ってきて中韓愛好家ではなかろうか。
考えを聞いてると完全に日本人を嫌ってる人の意見にしか聞こえない。
ふつう日本批判でもどこかに愛情ってもんがある。「日本が変わったらもっとよくなるみたいな」

日本の言い分に耳を傾けないこの方、外国の人かと思ってしまう。
反対意見で番組が盛り上がるって言ったって、言っても無駄さが中国とよく似てる。
誰かが、意見を言う前から金輪際聞き入れない、話も遮り気味の耳栓状態では
反論テープを仕込んだただのぬいぐるみが座ってるみたい。

盛り上がると言うより憤る。

精神的に支配されて被害をこうむる。

明らかにミヤネ屋は内柴被告寄りの報道をしている。
指導者の暴力どころの騒ぎではない、「性的な暴力」どこに弁解の余地があるのか
報道の中ではミヤネ屋独自のまるでプロの女性のような別人を仕立て上げ
聞いたか聞かないかわからないような第三者の話を持ってきて
リポーターがわかりにくいリポートをする。(含みを持たせた格好)
内柴被告に対して女性の擁護者が多数いることが信じられない。

大体が、被告自体が男女の性差を全く理解してない。
だから平気で法廷で女性の2次被害になるようなことを言えている。
ミヤネ屋、司会者はじめ被告擁護のコメントするのは男性ばかり。

そして他にも朝から衝撃的な映像を。
AKB峯岸みなみさんの謝罪会見。
瞬間「体罰」としか感じなかった。女性蔑視体制のAKB

いま話題のこの時期になんで?
毎日が体罰関連のニュースなかんじ。
こんな気持ちに至らせるAKB社会っていったい。
事務所体制を逆抗議?     恐ろしい世界
こんなのを認めていたら女性は立場的に窮地に立たされる。

女性が女性の地位を自ら貶めている軽はずみな行為は多々あること。
いつも問題にもならず、苦笑して終わってる。

最近、男女間の酷い差別体質日本の特異性が目立ちまくってる。
男性社会の横暴さが放置された弊害噴出で、いたるところで問題発生。

力でねじ伏せるか、今回は精神的にねじ伏せる。
いずれにせよ上位者立場が男性なのが問題。
(女)同性間の問題は発見され辛く、存在するはするけど、


この問題テリー伊藤さんはどう言うのかと
発言内容の良し悪し関係なく注目してたいたのだけど
運動部の体罰の発言の時と違って肩透かし。

AKBの「掟」、だからって(笑)
掟社会、、
旧態依然どころか、忍者の世界まで遡ったか、って感じ。
ましてや「忍者」架空っぽいのに。

よくよく考えてみれば昔架空だった事が検証されたアイドルを
男の欲のみで
バレバレの今の時代に慰み者的に存在させようとすること自体情けない。




プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード