精神的に支配されて被害を、御免こうむる。

明らかにミヤネ屋は内柴被告寄りの報道をしている。
指導者の暴力どころの騒ぎではない、「性的な暴力」どこに弁解の余地があるのか
報道の中ではミヤネ屋独自のまるでプロの女性のような別人を仕立て上げ
聞いたか聞かないかわからないような第三者の話を持ってきて
リポーターがわかりにくいリポートをする。(含みを持たせた格好)
内柴被告に対して女性の擁護者が多数いることが信じられない。ハンサム風だから(笑)

大体が、被告自体が男女の性差を全く理解してない。
だから平気で法廷で女性の2次被害になるようなことを言えている。
ミヤネ屋、司会者はじめ被告擁護のコメントするのは男性ばかり。

そして他にも朝から衝撃的な映像を。
AKB峯岸みなみさんの謝罪会見。
瞬間「体罰」としか感じなかった。女性蔑視体制のAKB

いま話題のこの時期になんで?
毎日が体罰関連のニュースなかんじ。
こんな気持ちに至らせるAKB社会っていったい。
事務所体制を逆抗議?     恐ろしい世界
こんなのを認めていたら女性は立場的に窮地に立たされる。

女性が女性の地位を自ら貶めている軽はずみな行為は多々あることだけれど。
いつも問題にもならず、苦笑して終わってる。

最近、男女間の酷い差別体質日本の特異性が目立ちまくってる。
男性社会の横暴さが放置された弊害噴出で、いたるところで問題発生。

力でねじ伏せるか、今回は精神的にねじ伏せる。
いずれにせよ上位者立場が男性なのが問題。



この問題テリー伊藤さんはどう言うのかと
発言内容の良し悪し関係なく注目してたいたのだけど
運動部の体罰の発言の時と違って肩透かし。

AKBの「掟」、だからって(笑)
掟社会、、
旧態依然どころか、忍者の世界まで遡ったか、って感じ。
ましてや「忍者」そこかしこ架空っぽいのに。

よくよく考えてみれば昔架空だった事が検証されたアイドルを
男の欲のみで
バレバレの今の時代に慰み者的に存在させようとすること自体情けない。




プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード