平成の新御三家

人の好き嫌いは千差万別だろうけど
最近のテレビ
悪を面白がる傾向が有って、
初期不良の精神
不良を面白がるってことは、
とどのつまり悪を面白がるようなもので。テレビ界のこのありさま

ここ最近吐き気を催すほど気持ち悪いのが「おべんちゃら軍団」の進撃具合。
この人たちときたら、強い人が言い張ることにまーったく反論できない。
めちゃくちゃ怖い感じ醸し出しているくせにトップにてーんで弱い。
斉藤さんだって、群れだしちゃぁおしまい。

上が言うなら、黒いカラスもみんな白っていう。
悪びれもせず、火事の映像見ながら涼しい顔も出来てしまう。

数字持ってるとかとかギャラとか平気で言う。
こんなていたらくの、トップの顔のご機嫌取りがすざまじい。

だからドラマ以外不作
「国民の琴線に触れられないピントはずれ番組の連作」
目白押しで面白くもなんともない。

中で反論できる人が貴重人物の絶滅危惧種。
池上、有吉、マツコ←たまにどうかと思うことも
勝手に命名、平成の新御三家は日本の歪から誕生。
これも二度手間が生んだ形だろうけど。

毒も正義もどちらもあるけど最終的に
どこまでっていう(マイナス方向面にも)線引きがプロフェッショナル。
そこが残念。



プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード