暖かく見守ってる場合じゃ無い

ストーカー
何でもない子、見た目、極悪面してるわけでもないから
(中には見た目からわかる者も、悪そ~)
見極めも無理で
付き合ってみてはじめて気性が有る程度分かって来て
はじめて「この人ストーカーの素養が有るのかな」くらい

結局はわがままなまま大人になった子、こらえ性が無い子。
ふつう「自分なんか…この人を幸せにできる器じゃない身を引こうか」こう考える
賢く?て思いやりある人なんだろうけど、
ある意味男の定義である「押し」が弱い、とみなされる。

そこに現れいでたる極端男が
「俺しかいない…この思いは一生つづく」と考えてしまう先が見えない「押し」だけが強みの男。
そう言うの、幼稚だしみっともないよ、とか言葉とか映像で痛めつけること

テレビは本人にはまったく非が無い人の
ある種のいじめの現象の元とか作るの大の得意なくせに
なんにもしない、
ストーカーなんてドラマ仕立てでダサダサにして
とんでもなくイメージを悪くしてしまえばいいのに
みんな「ダサいの恐怖症」なんだから。
TVの影響力は絶大。
流行り廃りはみんなTVでしょ。
本人の為になりそうなことはなにもしない。
センセーショナルの方が大事だから?

最初なんでもないこの子は確実に犯罪者になる可能性大で、
加害者は
はしかのように期間の短い恋愛で
しかも若年で
この後早々に生きながらにして夭折したみたいな人生送ることになるのに。




スポンサーサイト

オムライス

とりおき録画
怒り新党でオムライスの話

マツコさんと
食べ物の好みが似てる(笑)
他番組のナポリタンへのこだわりと言い今回のオムレツのこだわりと言い。

ふわふわオムレツは苦手。
なしてフライパンで作った生焼け包みを、どで~んと乗っけて
ナイフで切れ目を入れる「でろでろオムレツ」が横行しだしたのか。

まだらに白と黄、見た目がきちゃない。
やっぱりしっかり包んだ黄金のオムレツがいい。
卵は薄すぎず厚すぎずで、軽~くきつね色の焼きめが付いててもいいくらい。
して、ケチャップ。

みずみずしく黄なビカリした卵焼きが嫌いってこと、、

フランスじゃオムレツが結構難しい基礎。
見た目共に、侮るなかれ、なのに。
定番派の正統を隅に追いやられ。

こんなに自由奔放な国なのに選べない。

大雨直前、嵐の前の

美里町

実物はもっと恰好の良い橋。
話題のハート型の影は
この天候の悪さからしてまったくもって気にも留めず。

ちょっと縮こまって渡りたくなる橋。

橋の欄干がひざ下、
この先にまだ見所が


なんだか、ほの暗く深遠な感じがする巨大なアーチ型の
なんて表現したらいいのか、それにしばし見入って
異様と言うと聞こえが悪いみたいだけれど、こわごわ見入ってしまう空間





この後どしゃ降りになったのでした。

アナログと同居させないと

自動ブレーキシステム
やはりあまり早急に未来化させるのは良くないと思う
あくまで補助

最近では障害物を避けるものとか開発中、
避けた先になにもなけれないいけど避けた先に
車が来ていたらこれも避けてくれるのかな?
避けて 避けて 避けた先は道じゃない。 みたいな

ここまでしたらかえって危険な気がする。 しない
「結構なスピードで止まる実験」
突っ込むのなら
まさかの時の誤作動の為スピードに見合う緩衝剤で止めないと。
実験の時より実際の時の方が補助的にブレーキかけるだろうから

実験の時の方がよほど大参事になりやすい、とおもう。

物まねくまもん
再生される声が早回しでおかしいので
繰り返し録音しては再生、、子供のように喜ぶ旦那
ぬいぐるみを擬人化しだした。
うっとおしくなってきたのでちょっと遠くに置く(笑)

ネット販売のよさ

わかる。
気後れする気持ち。
ちょっと入ろうかなと思った数あるテナント衣料品店
店員さんがにっこにこしながらいらっしゃるだけで
くるんと踵を返したい心理。
人馴れしてないんじゃなくて気後れしてるだけ。
店員さんが若いとか、素晴らしくスタイル良いとかで敬遠してしまう気持ち。

いろいろ考える、何にしようかと選択肢があるぶん
身の程知らずな商品選んでしまってないかなとか、この服入るかなとか
試着が面倒な気分な時とか、出直したいのにつかまるとかめんどくさい

レジに持って行くのも勇気いるし
相談要員として呼ばれた時にだけ反応するとか、。
店員さんがプロ!客の心理を読んで上手く対応していて
はいりやすいお店は確かにある。

遅ればせで見た怒り新党、最近ぜんぜん共感できないマツコさん

女になって甘え、男になって押しまくる等すれば絶対に通る。



野菜を入れてあげたら後ずさりするもこちゃん。
人参とキャベツ、葛の葉くらいしか好きな野菜は有りません。

 「(野菜) くれないで良いです」と言うわがままなもこちゃん
 「それよりパイナップルはどうした?」
「ダイエット」って言われたでしょ

偏食気味に食欲旺盛もこちゃん

素材はやわらかくても縫製部分が硬くて

冬場に履く暖かい上下の寝間着なんか

直履きだから、肌触りが気になるのだけど
縫製の際の縫い合わせ部分、当たりが硬いものとか本当痛いくらい。
やわらかい素材にこだわっていてもしっかり縫うから縫い糸も硬くなって
台無し、意味がないと思うのだけど。
やわらかく始末してほしい。




ちょっと…いえ、かなり写りが悪いですが。
公園で見かけた鼻黒

こういうわくわくのシャッターチャンス
猫が逃げない前にと、なんにも調整しないまま写すから
言い訳



育てる  指南

星の王子さまを読んだ。

「星の王子様」のとっかかりは映画、TVで見たものだった二十代だったっけか
タイトルからして
メルヘンチックで子供向きでカラフルな感じの楽しいものと思っていたら
「The Little Prince」米 かな?
単調な色遣いの  モノクロだったような(モノクロに感じるほどに) 動きも少ない

砂漠に不時着した飛行機の操縦士と王子様2人のシーンが長く。
最期までと頑張ったのだけどあまり真剣に観てなかった。
ここで、なんだか難解な物語というイメージが付いた。
そのまま この年まで放置

この年になって読んでみて、感慨深い作品
物語と言うより、詩的なもので

さまざまな星を旅する星の住人は一人一人が
固執したつまらない大人ばかり。
その中の一人の自分がこの作品を読めばその生き方は
つまらない大人と同じ生体と気が付いて
悲しいことです。

読後感動したことが、ちょっとはましになったことか。
子供の頃の無邪気な感覚を大人になった今知らされ。
不思議な感じ。

たしかに言葉はその人の感情をありのまま示していないから
人との関係は難しい。
良い感情もうまく伝わらないし、反対に偽りもある。
行動の方が伝わるゆえん。
でも無口ってあんまり許されないから、要求されて技を身につける。
この本って、何か感じることあって繰り返し読みしして
幼少で有ればあるほど育ち方が変わる、そのくらい深いと思った。
価値観180度かわる。

生半可、理解することはできても、
そう生きることは星の王子様が住むたった一つの星に辿り着くようなもので
毒されているほどに難解に思える。
それこそ不時着


物語が、美し過ぎて涙が出た。

「西の魔女が死んだ」もいい本だった。
生きてることからついて回る畏怖のようなものをやさしく
拭ってくれる。






誤解したイメージのおかげで人気が有る

朝の情報を得ようとTVを見るが

商品、売り物を変に印象付けようとするCMのくどさに辟易
もう家族間でもチャンネル替えは観てる人数が多いほど
せわしなく替る、朝から穏やかでない、なんか違和感のあるテレビ内容だから。

朝、チャンネルを替えたら、言葉のイメージについての講話。
しばし聞き入る。
それはネット発言の書き込みは誤解を生むというお話で、
言葉は一人歩きを始めると言うこと。

信憑性追求の果てに辿り着く誤報の数々を潜り抜けて
おおよその情報にフィニッシュ。

でも言葉による誤解って言うものは「書く」と言う行為より、
TVでの「発言」の方が墓穴を掘っている気がする
もやもやしていたものの、白黒がはっきりする。

どんな人なのかわからないでイメージだけで許してるタレントさん達。
許してるんだと思う、その人気度から来る立ち位置を、
虚構の人物像で わからないから。
危ういのはその脆くて頼りない人気、周囲も事務所も昔は守ったものでした。

TVってお話するのが商売だから、時には不祥事(問題)おこして、、弁明したりする
話を聞いてびっくり、実像は絶句するような人だったり…
自分で話しているのだから見ているこちらはどうすることもできない。

イメージからの流言飛語。発信源は実はTV

実はこういう人だったんだって「今頃」知る訳で。
イメージは人気につながるものだし、大事な物なのに。
TVの世界こそパッと見やら発言内容のイメージが良くなければ おしまい。

今は、こぞって自分のぶっ飛んだ暴露話とかして視聴率につなげたいTV
イメージを保つどころか、自ら、発表してわざわざイメージを壊してる。
して、憧れる人が等身大どころか…

そして、その情報の信憑性を追求する、辻褄の合わなさも自分で見抜き
何故ならあまりに誤情報が多いから。
騙されないようにするのは自分を守る訓練。

それで騙されるのなら、もう仕方がない。

効果音

日本の情緒的な古い映画
効果音の使い方が良いなと思った。

擬音 代表的な物で言えば馬の駆ける音、雨音
パラパラ、パカラッ パカラッ
パ行が多い?
本物ではないのに映像と合わさるととてもリアル。

ドラマ仕立てのサスペンス物は
逆にリアルを追求し過ぎていて気持ちが悪い。

「ドサッ」、「ガツン」、「ブシュッ!」
カタカナで書けばリアルでもなんでもないが
実際の音は硬いものとやわらかいものが障害物に当たったように実際的で
映像と合わさると、ただただえげつないだけ。

それに比べて洋画の効果音の上手さ
「カチッ」 「カチャカチャ」「ジャラッ」もっぱら
小型の武器や小物を扱う時の小気味いい音。
カ行が多い

キーをジャラッとやってカチッ、エンジン ブルルー
それに靴音、「カツ、カツ…」曲がり角をまがって…

それから食事、フォークとナイフの軽い接触音。
低めに感じるテーブルで肘をつかんばかりのリラックスした食べ方。
食事、これの日本版も好き、
ご飯茶碗にお箸を入れる角度とかきれいだとすごくおいしそう  …?
これは音じゃなかった、と言うか食事シーンあんまり音立てるのはNG
麺類ズルズル、沢庵ポリポリはしょうがない

こんな感じが好きだな~、、ってどんなだよ
サスペンス物
リアル感満載な音でなくても本物から遠い音でも充分と思うのだけど。

カメラの操作音、ゲーム関連のキー操作音
家電等機器の操作音、
いい印象(気持ち)の音、「そんなもん」と馬鹿にしない方が良いと思う。

地震のように揺るがす人達

あんまり現政権を揺るがすような
発言を繰り広げる人を見ているとテロかと思ってしまう。

今、原発ゼロと言うのには反対
現政権が言うような徐々に、が良い、
原発推進には反対。
小泉元首相のネット情報は正しいの?
もし本当なら とんでもない。

だいたい、TV朝日が推奨するものはみんな怪しい。

安定した政権でなければこんな自由な発言、のほほんと
書いてなんていられない。

ピンからキリまであるアジアの最下位層(民度)の位置まで
わざわざ転落しなくてもいいのに
いつもいつも下ばかり見て安心、それじゃ手本がまるでその国かのよう。

秘密保護法案に、なんで反対するんだろう?
海外の経済スパイ日本の危機管理
何でも世界の標準並みには保護してほしい。

今後も、ダダ漏れ日本に居ながら、
反対する政党はいったい これまで通り
何の情報をどこに漏らしたいのか。








雰囲気に飲まれないで食す



一生に一度でいいから、これが食べてみたかった。
勝手に命名してた「巣ごとはちみつ」←巣蜜  案外当たってた

カットして食べたが、めったには買わない高級はちみつのお味。
説明には蠟分(蜜ロウ)が口に残るが飲み込んで良いとあるけど
ちょっと無理。集めてろうそく作れる?

みつをのせてトースト、
ロウも熱で完全に溶けて口当たりのいいこんがりトースト


ところで食材偽装問題、

相変わらず、海外の話もすごい
フレーズだけなら
「胎児」とか「段ボール」とか、「大腸菌」「40年前のお肉」とか、
日本みたいに種類の問題じゃない
もはや食べ物ではないもの。

今に、
野菜やら魚介類たちが風評被害を叫び始めるかも。
でも、形成肉あれだけは本当に無理、
これが見抜けないのは単に、食する方も良くないと思うけど

そして、食材を興味を持って
頻繁に色んな人に尋ねられたりなんかしたら
さすがに作る方も良心が痛んで偽装出来ない(かも)
出されるがまま、受け身過ぎなところも良くない気がする。

ローカルテレビ英太郎の「かたらんね」視聴者プレゼントが車エビ
視聴者の皆さんへ、テレホン
合言葉は番組名「かたらんね」
当選者(男性)は「かたらんね」の合言葉が出てこない
しかたなく「かたらんね」方言の訳は→(黙ってないで)「はなしましょう」的な意味合いも
あることから
司会自らが「かたらんね!」と言い
しかも、重ねて「いつもは(毎回は)観とらん」とか言う当選者
司会者の「当たりましたよ、車エビ」に対しては
「車エビじゃ無くブラックタイガーじゃなかとね」だって。(笑)
「もう(電話)切るよ~」と、苦笑する司会者 掛け合い漫才みたい

いや~面白かった。

車エビ産地の熊本、見抜けないわけはない。
おがくずに横たわる活きた車エビ。

しゃべることと書くこと

読ませていただくブログは
上手くまとまっていておもしろかったり
見応えも有ったり
プロ並みの文章力だったり
実際、そうだったり

無名の詩人の娘も推敲されたきれいな文を書く

自分ときたら
とっ散らかったおしゃべり
空中に手を即座に出して掴み取ろうにも 遅すぎる
飛文

書くは
片づけながら書けるから
それでも消し忘れの駄文
これ 以上の 表現 が見当 たらなくて
敢えて消さない駄文

そんなこんなで
おしゃべりな分類に属さない分
許されろ自分 と思う(笑)

このままいけば韓国に日本はどこまで言われることか
毎日毎日見かける旧日本軍の過去
11才から子持ちの母親まで??

有り得ないと思う、失礼にもほどがある
この世界にも駆け巡る勢いの
喧伝と流布、
妄想でおしゃべりする韓国
記録は大事、書くのも大事
今後の為にも全て記録しておく必要のある国。

ポテンシャルの高い日本

何でもかんでも日本が経験してる。

地震、竜巻、放射能汚染、PM2.5、異常気象
世界規模の災害
真っ先に

そして、真剣に気に留めてる
でも、大人しくしてないでもっと世界に発信すべき。

大きな大陸ではないから
どんなことでも致命傷になる。

原発は今後廃止の方向で、が希望だけれど
どこかの国を手本にした核廃棄物をメトロに、
これは無理があるとか
日本は地震が多い事からも危険。

日本はいつも先を歩かされる経験値の高い国。
でも真剣に考える民族だから
良い答えをひねり出してくると思う。



韓国と言う国に思うこと

韓国と言う国
はっきり言って今の中国よりも嫌い

それは北朝鮮よりも
かな
嫌いなのは人との対し方

なんて自己主張の強い国かといつもいつも思う。

欧米人達から見れば
アジア人
国別見分けがつかないかもしれないが
日本人と何となく似ているようでも、きっと気質的には真逆
真反対

特に女性のそれは手段を選ばない自己主張で
時に喜怒哀楽中の
怒、、これの感情の度合いが強すぎて

あまりの剣幕にいつも呆れ、そして負ける日本
日本人が耐え忍ぶ民族性なら
韓国は自分たちが不利に立たされることを断固阻止する民族性にしか見えず。

人の慰み者になるなんてことには
必ずその前に韓国の人特有の意志と言うものから出来ているから
やすやすとは陥らない
その前に、「舌噛み切って死んでやる」くらいな
だってそうでしょう、屈辱でしかないのなら

終戦時日本でもそのような悲劇的なできごがと実際に沖縄で起こって
多くの方たちが半ば強制的に恐怖心を煽られたことからの集団死。
噂はデマであったとか、詳細はわからない。


耐え忍ぶ姿、それが日本人なら想像がつく
耐え忍ぶと言う姿は韓国には全くと言うくらい想像ができない。

良く言えば屈強な意志の強さ、なのだろうけど。
あの死をも超越するくらいの怒りのエネルギーが有るのなら
最初から発揮するべきと
昔で有ればあるほどほど強く有るはずの
韓国の人の特徴
民族的な強固な意志と拒絶。

人として
生きてゆくために受け入れるなら、そう言い聞かせ割り切るのだろうし
それで命をつないだことに変わりがないだろうし



喫茶店

私の中での(純)喫茶店の定義。

カラ(ん)コロ(ん)カラ(ん)コロ(ん)
もしくは(ん)使用

店内入店時の音。
して、香り

以前の記憶
喫茶店にもかかわらずコーヒーの香りをも上回る
トースト、ナポリタン、オムレツ、これら軽食等が
渾然一体となった茶店独特のかおり
微妙に各々お店独自のおすすめメニューの影響でかおりが違う
このかおりに包まれるのが至福のひと時だった

オリジナリティあふれた外観にしても店内は皆同じようなかおり
あれが無いとね

最近チェーン展開した喫茶店の進出が気になる
ここはコーヒーの香りががぜん勝ってる
それはそれで好きな香りだからいいけれど

後から来て大きな顔でつまんないお店一斉に展開
たくさんは要らない、
希少な喫茶店連も保護活動しないと、
大型ショッピングモールにせよ
イオラー(笑)だっけ?
画一されたような つまらない街並み、
本当にまったくにつまらない

目指さないと辿り着けない

楽天の優勝  すばらしかった。
球団自体が寡黙なイメージで、(勝手なイメージ)
多くを語らない分、逆に伝わるものも多いって感じ。



娘の福岡暮らしからたまたま見つけた
「木太久」←店名
ケーキ屋さん
これがちょうどいい甘さ、天神やら
繁華街のケーキ屋さん押しのけて
ナンバーワンだと思ってる。
甘さの加減、美しさ、果物類とのバランス
しっかりした生地
ケーキ好きでも
ケーキの食べ放題とか、とても無理で
3個目にはいつもげんなり
でもここのなら3個目もきっと美味しく食べられる
エクレアは結構甘め

希望としては一つが最期までおいしく食べられれば御の字
でもその希望にさえ添えないあま~いあま~いケーキが多いなか
ここ木太久は丁度いい。

お店の方とちょっとお話し、必ず立ち寄るお店。

お店の苦情の対応は確かに悪い

しまむらの土下座問題
他でも問題がちらほら

いや~気持ちはわかるけど、土下座強要はいけない、
気持ちがスッキリするどころか、恐縮する
中にはその土下座行為が傍から見てどう映るか
大衆心理を逆手に利用し
土下座を平気でする人間もいる。

腐った食材をパック詰め
なんて運が悪いんだろうこんなことを2度も経験した。

一度は小規模スーパーで買った小分けのお惣菜。
二度目は気が進まないのに主人が横付けしたスーパー
急いでいたことも有って高級食材取り扱うその店に入ったが最後。

家に帰り貝類パックを開けたらドブ臭、吐きそうになる。
今日はお盆のお客
ふだん〇〇エなんか買いませんし鮮度の見分けもつかない。

さっそく苦情の電話、しばらくしてやってきた男性店員は若い方
玄関先で〇〇エをくんくん嗅ぎ出した。。。。。
真が悪いことに、その間お客が出入り。
「こ、これです」震える指先でパック内の物(ブツ)5個を嗅ぎ分け
当たりをつけた。

ま、人も出入りするし落ち着かないので適当なやり取りに
その光景からあまり攻めても仕方がないと返金だけに応じたが

実際返金だけで済むこと?
鼻が利かない人が買って焼いて食べちゃったら…大変なことに
酷い臭いによる吐き気はしばらく気分を害した。、
あの店員さんよく反射的に吐きそうになるあの臭いを冷静に嗅ぎ分けたものです。
しばらく気分が悪かった。
もう一店のお店の店員なんて対応も相当ひどく
小分けのお惣菜120円くらいのものの商品の「きっちり」の返金をしただけ。

その後惣菜部のおばちゃんがから
不慣れそうなたどたどしいお詫びの電話が入った。

「いや、そういうものを売って
ほかのお客さんが買って口にされたりする前に回収した方が良いでしょ?」
この苦情が発端になってお店の不利益、職場を奪う、、それは望まない事。、
お店の従業員の未来にまで気を使う、おバカか。

しばらく経つとなーんか腑に落ちない。
直接保健所に言った方が良かったのかなとか思い返す。
お店側は、先の損失に見合うようなお詫びをしとかないと。

同じお悩みの記事をいろいろ読んだけど自分たちをクレーマー呼ばわりまでして
なんて自虐的、お人よしもいいところ 全然みんな私と変わらない。
これだから食材偽装も攻め立てない 一体全体 どっちが客なんだか。

衣料品の不良品?
苦情も言わずに2~3回着て捨てる羽目に、慎重になるので
お店も選ぶし製造国もブランドも選ぶ、これは目を肥やすしかない。






プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード