雑感

最近観た映画 ジム・キャリーの「man on the moon」良かった。
ジムキャリー演じる実在の人アンディ・カフマン
自分の信条を捻じ曲げずに作る笑いの舞台
悪役に見えてもサービス精神の塊のような人
笑いのネタ等が見ていて不快にもなるのだけど…

でもそれとは違うやさしい別の人格とかも見えて
切ない映画で、そして良い映画だった。
最期までずーっとネタ振りで騙され続けてる気分だった。

アメリカってマズイぞって空気が流れると
すかさず気の利いたジョークを言う、
今朝のサンドラ・ブロックなんてそんな感じ、気配りが凄い。
マイクを落とした失敗をドジとして納めようとする日本とは笑いが違う
から変な空気が流れる。

アリアナ・グランデって歌ってる時とか
日本基準の「かわいい」が当てはまる人って感じがする。



いま、子猫を育児書見つつ育ててるけど遊ばせなければいけないし
噛む行為が癖にならないよう噛み噛みグッズで補うとか
人の手をおもちゃにさせないとか。
子猫から飼うって大変。
大人猫の精悍さ漂うあごのあたりが好きなんでそこが楽しみ。
そしてずっしり感も。
デブ猫にしてはいけませんが。
スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード