相関図

この問題をいじめと一緒くたにすることはおかしい
証明させて余りある。
いつもは、このような公的で倫理観伴う仕事、高給取りの人に厳しい目を向ける癖に
研究者は、神聖な分野だからとくに


自分の論文が正しいのなら何も泣く必要はない。
ただ淡々と正しい報告をすればいいだけのこと。
自分の主張が正しいと言い張るのならば、泣くじゃなく怒るくらいだ。

何一つ会見上明らかになったことはないし、マスコミも小出しに利用して
長く引っ張るつもりのよう、マスコミからのまともな質問がなかったことからも。

ああ何という利害関係、相関図が面白い
メリットがあれば擁護に回る面々、視聴率にはかなわないもん。
見境なく盛る。

200回も成功してるということで娘が期待しているのだが、将来の若返り(笑)
もっともあんなに取り違えていたんじゃ耳に鼻が生えてこないとも限らないけど。
未熟未熟と張り切って繰り返すけど、未熟は研究以前の問題

マスコミの支持政党、民主党政権時の蓮舫さんの「2番じゃダメなんですか」を思い出した。
日本国民としても科学者の立場から見ても非難ごうごうでした、この一連の事件は個人的には
マスコミがここで恨みを晴らした格好に見えてもきたりして。
削減分野を巡って対立構図だった科学と民主

自民党政権奪回後、科学の分野も見直されて
まともな研究費が多少は得られるようになった。
今、マスコミは、小保方さんvs理研にして視聴率よろしく傍観していたいだろうけど
正しい正しくないに関わらず小保方さんに揉み手でもせんばかりの勢い。

小保方さんにとって理研は最後の命綱、対立するわけにはいかないのだ。
マスコミの思うようにはいかない
それよりなにより、早く実証して実験の成果
何せ200回だもの

今日もっとも驚いた話題
三谷幸喜さんに子供が、、、
最悪だ
女性の子供のできる期間を勝手な理由で見殺しにして
再婚相手に子供ができただと?ぬか、、

この人の作品「やっぱり猫が好き」以外
どこが面白いのかさっぱりわからなくてきらいだったけど。
嫌う理由、ここいらからにじみ出てたんだ。納得
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード