飲酒運転

父は酒飲み、お酒に強い。
私はそんなに飲まないがあまり顔には出ないほう。
外でお酒を飲めば母が車で父を迎えに行ったものだった。
お酒は付き合い、土地柄的にも強い、が有利。
だから家飲みで、それはそれはしょっちゅう焼酎飲みの上司を接待
父の出世は、もちろん父の努力と母のこの外交手腕と
なんとかやりくりしての接待が大きかった、と思ってる。
犠牲になったのは私たち子供だったけど
父親中心の家だったから
うるさくて宿題ができないとか、眠れないとか
出来上がった酔っぱらいは大変、
歌うし、歌わせようとする、力とかも加減がわからなくなっている
軽く頭狂ってるからなかば強制だし
何せ声がデカくてこわい、未だ心に残る幼き日の記憶。

父は飲めない(私の)主人に、どんなにがっかりしたことか(笑)
わたしは酒飲みのあくの強さから
反動が出て主人があまり飲めないことに何の不満もなかった。
むしろ条件の一つだった
お酒は好きらしいのだけど量が飲めない。

お酒に強いとかもあるだろうけど
飲んでからどうしてモラルが守れるの?
無理だし。飲んでるまわりのみんなが
まともじゃなくなってるんだから気も大きくなる。

私の父は守ってた
泥酔したら動けない(笑)一応脳内が真面目で出来上がってる。

車のメーカーはとにかく売れればいいだけで
酒飲みやらスピード狂に優しい車を造ってて平気。
そうした車で人が命を落としてる。
酒飲み厳禁カー
造るべき。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード