2つもう有るのに欲張りすぎ

最近の犯罪
どうしちゃったの?性別に偏り、凄すぎる
しかもいい年した大人だったり
被害者の好みは全無視して、想像力がまるでない
相手がどんなに傷つくか、トラウマになるとか
相手の将来のことなんかまるで考えないで、精神年齢が低すぎて
いつまでも子供で居続けてる。


未だ捕まっていない不審者、 ストーカー、 DV
逃げおおせたつもりの詐欺師 とか入れちゃったら
大変な数になるのでは?

職業だって女性的なサービスのほうがいいとされてきた
もともと女性の多かった保育士さんや、看護師さんの中にも男性は登場し
とてもいいかんきょうのなかでやりたいほうだい

かといって男性の多い管理職的職場には相変わらず断然の男性過多。
昔は男性にはいなかったような女性的になってでもなおかつ
女子力カバーしてまで職場に進出。

そんな状況下
昔は後継ぎは男性で当たり前が、
今は中小企業クラスの会社の後継ぎに、女性が積極的なのだそう。

より、男性的社会に女性が進出して、かたや男性が女子力発揮しつつ
女性的分野に進出、いまや芸能界の「蝶よ花よ」は男性だもの。
男女が逆転 !
女子は、女性蔑視という日本のいばらの道で鍛えられる。

男性は親に「お前はついてるゾ」って甘やかされて威張って育つから
自分がルールで手が付けられない。
どんなに不甲斐なくても地位だけは昔のまま下がってない。

後で「そんなに強くないじゃん」で、ジレンマに陥ったりして本人がかわいそう、
今は特別、特権で厳しさを教えないから、絶対にあとで子が困る。
厳しく育てるも何も、なんかっていうとストレスストレスと、かばわれる
昔の子どもは、教育者のいいなりで反論さえ許されなかった。

適度なストレスは害ではないという研究結果すら出てきてる
確かにストレス越えてこその解放感が心地いいし成長につながる。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード