親は昔、っていうか最近まで子供だった

「回る~回る~よ時代は回る~喜び悲しみ…」♪
この歌ピッタリ。 子育てソングに

子供時代、親にされて嫌だったこと子供には絶対しない、なるったけしない
強く思ってるから確かにしない、けど今度は
思いもよらなかったことを子供は負担に思いつ育つ。
隔世で繰り返してるのかも、「自分の時の親にはこれが足りてなかった」の欲求不満。

親は最初から親だったわけじゃない。

子供時代そうだったように
親、特に母親は、子にとって絶対の存在。

子供のころ、とにかく母が怖かった。
いろいろ相談しても面倒臭い質問には
「大人になればわかる」で教えてもらえず。

それでも、厳しさが役に立ったこともあった。
人が先生に叱られてるとき、ちゃんとできてるのは母のおかげだったし
(勉強以外だけど) 道を大幅に踏み外さないのも母のおかげ、

でも、今は親がストレス扱いされてしまう時代なのか…かわいそうに

巡る順番。

確かに今でも母にいろんな部分で支配、コントロールされてると思う。
もういないのに
どうしても、かたくななところとか

親にも、子供時代母もいろいろあったんだと思う。
ここは過ぎる、ここは足りてなくて不満、なんてことが。
時代時代で、過ぎる、足りない、が順番に巡っているだけ。
世間へのストレス感が多いほど
順応能力の方が弱ってると自分のケースで考えればよくわかる。
親にも子供時代があって、それはつい最近で。



スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード