単純では済まされない

言葉は本当に一度口から出てしまったらもう消せないから。
「しまった」と思っても。
文章でさえ、消して直して消して直してこれだもの。

このブログだって読み手の方々の懐の深さがなければ続かない。

日常生身の自分は「本当は」多弁だし、面白がり屋。

往々にして無口にならざるを得ない。
幼少の頃は特にだれが私を多弁な子と思ったことでしょう?
用心深さも相まって、ありえない無口に。
このセリフ本当に口に出して大丈夫?が常に有って。
慣れ親しめば、「もっと地を出したらいいのに面白いんだから」
「いや、それがだめなんです」人は調子に乗るもので。

これでもはじめの頃なんて閑散、途中常連さんも増えだした頃は
ランキング上位の方々が結構たくさん長きに渡って
ずっと来てくださったりしてたのに、
自分が書くので精一杯で行かないとか
コメントも書かないとかでそのうちあきれられ、、
そんなことも多々だった。

ブログは消せるから
だからって嘘を書いてるわけではなく。
誤解を避けるために書き直す、
読み返してて偶然がすごいくらいに重なっていて
誤解されてないかという記事を見つけた、
まさかとは思うがどうも気になる。
記事を引っ込めたけれど、
謙虚過ぎると自分のこと書かれてる?と思うのか
完全な被害妄想だから。
そんなことするわけない、これでも
厭味はほんとーにいやな人にしか言わないし(笑)
題一世間の
一般的に嫌いと感じる人はだいたい一致してるという自負が有る。
人気の高い人は好感度も高いから。


嘘はないものだから、多かれ少なかれ
書いた苦情がその他大勢の反省多き人と被るのは仕方がない
慎重に配慮しつつの、
後は読み取り方の、誤解を解くしかない。
苦慮して書いてもこの程度、だから書くので精一杯って感じかな。
それ以上にブログは自分の糧だったから、優先してた。

2019追記
自分が書いた記事で大切な人が傷つくことだけは不本意だし
「避けたい」、ごめんなさいです、本当に。
もしもそれで傷つくことが有ったらその記事は
配慮が足りていなかったということ。
絶対に誤解で有って誤解を生む部分があったと言うこと、
権威、権力や圧力持つ横暴な人には、、、
なるだけ意見、という形になるよう努力はする。

そして何より迷惑を掛けたくない、消すことが有るのは
偶然が変に作用したりしないかと気を揉むからで、
最近などとみに偶然が頻繁で
本当にあとから読み直して偶然に変に絡んでるような文は
消しています。
プロフィール

CHAKOMO

Author:CHAKOMO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード