平和を論じて争いになる(笑)

私たちが小学生のころは一応戦後(笑)
ほとんどの先生が政治的に偏った思想植え付けてた。

教師の呪文「九条を守る」は常識のように信じていて、成人してもしばらくは
九条は守るべきと、こちらも呪文のように信じてたけど。
自衛隊を毛嫌いする先生もいたし。
ついには進路を変えさせたのだから、すごい。

中国や北が起こすなら戦争で、テロ国家ならテロと呼び名が変わって
安保法案がかかわってくる。

戦争に巻き込まれるのを危惧するも何も
反撃しないことを良いことにミサイル撃ち込まれまくっても
「戦争はしません、しません」
って言いつつボロボロになるのを見過ごすの?
って思う。

この時点でどこかが、誰かが、犠牲になってる。

それよりもあまり平和平和と声高に呼びかけるのは逆に怖い
平和とはかけ離れた状況にいる、紛争地域にいる
上層部での争いに巻き込まれた格好の国民は
「何を寝とぼけたことを言うか」と。
日本の常識は世界の常識じゃない。
「戦争をしない」を民の一部が叫んだところで
逃げるか、逃げられぬで、選択の余地さえない
すでに平和ではない国から命からがら途中で命を落とすも多数
「難民」という形で押し寄せて。

まだ、よい方で民主主義の国日本では
政治の話は難しくはないと思う、
家族を守る観点から戦争に対する感情を突き詰めていけば
当たり前の話題で、その国の家庭は国の象徴みたいなもの
無関心ではいられないことだから自然に声が出るし普通は考えずにはいられぬこと。

うちでは政治の話はかなりする、これでもめたりはしないがいつも私一人突っ走ってる(笑)
たぶん、子供が学校通ってる頃にこんな政治の話をやったら、
きっと考えの違う人には一線引かれるだろうし、仲間外れにされる。
怖くて政治の話はできないだろう。、、その前に「そんな話してどうした?」
って言われる(笑)


プロフィール

CHAKOMO

Author:CHAKOMO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード