子育ては難しい

この年代になるともう子供も手が離れ、
てんでにばらばら

そうして振り返るとわたしの親がした子育ての失敗を回避したつもりでも
自分の子育てにもこれはこれで失敗があった。
それは、結構大きなことなのに
逆に満たされていたことで気がつかない、という弊害。
結局、子育ては同じように自分自身も育て、
苦悶しつつも自問自答しながらでなければ気づかず
終わってしまうものなのかもしれない。


子供は誕生してから親もおっかなびっくりの初めての子育てで
どんな性格なのか、ある程度育つまで全然わからない
ある程度は持って生まれた「嗜好」やらもう一方のほうの「思考」とか。
子供を怪獣に例える歌があるくらいだもの。

パートナーの性格があるから余計にわからなくて。

長女は周りを和ます快活なオーラを放っており発す言葉の面白さ、
洞察力がすごい、人との接し方がうまい、声が張っていてきれい。
外見に気を使わないのがダメだ(笑)
背は小さいがベースは良いのにもったいない、痩せるとか、振る舞い方とか。
掃除はちょっと、だが家事は普通にこなせる。
次女は多少私と似た部分があって特に子供時代泣き虫、
静かだが実は面白く優しい所も。
ここからは違う→仕草が綺麗で手も綺麗
気が強くなったとこぼすと、お母さんがイジメられて泣いて帰って来たら
「泣くなイジメかえしてこい」って言ったからって。。。それは、、、
解釈がちと違うような。
話し過ぎは返って全部が反対側の耳から抜けるのかも。

責任感強く、頑固、綺麗好き、すこし身体が弱い、ってな感じか。

私と主人は性格が正反対だから、子育て中もどうしてこうなのかと
わけがわからない時があって。
主人は、面白くない明石家さんまに似てる(笑)何処がって
「動いたっきり老人」みたいなバイタリティー
でもサングラスかけさせたらタモリにそっくり。

私とは余り似てない子供達、一番似てほしい自他に対する
共感と感傷的な部分そこが共有出来れば話しやすいから。
どうしても軽く扱われ、聞いていない(笑)
顔はどことなく似てるとかは言われるが、

主人と子らなら形状記憶合金のごとく頑固に戻るところが似てる。

親れぞれの似てほしいところ、うまく避ける。






プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード