自分が新人だった時は棚に上げ

ブラック企業
子らが就職活動中結構見聞きした企業。
地元ならでは知る人ぞ、の企業とか。

そういった企業の中には若手を育てる気のない企業もちらほら。
教えもしないで「こんなこともわからないのか」と叱ったり
「こんなこと」の基準は人によってまちまち。
気を利かせてやればやったで「なんで先に言わない!」と叱責される。
先に言ったら気を利かせた事にならないだろうに。
しかも積極的に動けといっておきながら。
伝わってないのはお互い様というものだ。

上司は、部下になめられないことへのバリアばかり張って
やりこめることしか頭にないのだから、何を言っても無駄。
上司の頭の中は猪突猛進。
「もうしん」の猛進は妄信のほうが合っている。
自分の信条で凝り固まっていて、突っ走るから始末に負えない。


教える側がまるで一貫性がない、臨機応変を認めない。
複雑なことを処理できないから。
ブラック企業はこの一言に尽きる。

社長や上司と呼ぶべき人が○○会社の教祖。
ファシズムとかもそうだけど権力的なものを手にすると
人は教祖みたいに振る舞い出す。
自分はこうでよいのか自問自答しつつ社長や上司をやってもらわないと。

対極にあるもので必ずダメージ受けるのに。
たぶん耳が痛い人がとても身近に居る(笑)



プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード