ブログ名変更のお知らせ





ブログ名を変えます。
スポンサーサイト

マスコミと野党

国民が自民党に政治を任せたんだから
あんまりしゃしゃり出る感じでひっかき回すのはやめてほしい。
国レベルの運営がたった政治献金くらいのことで滞るのはとんでもないこと。
罠で、もらわされたんじゃないかとさえ勘ぐる。
政治家もあらゆるところに罠が張り巡らされてるから大変だ。

政治を混乱させる野党の発言を何とか止められないものか
政治が安定してるならともかく、こんな世界の激動期に
日本の些末なことで政治が滞るのは国益から考えても
とんでもない邪魔なことで、混乱させた政党は処罰してほしいくらいだ。

民主党は国民より先に騒がないでほしい。

トップに立ってればこそ叩かれる
民主党はマスコミを味方につけていたから
叩かれることも免れ、
このマスコミの自民党差別、扱いの格差
自民党に反する政党を異常に擁護する動きもほんとうに恐怖に思う。

やはり安いものは訝しむべき

週刊文春にも腹が立つが
甘利大臣退任、また民主党に日本が壊される、怖い。
何も責任を取らなかった民主党に。


スキーバスツアーのバス事故は杜撰な会社経営が浮き彫りになったのだけど
それは別としても、バスの運転手の突然の意識不明は、たまに目にする事件。

最近は、高齢者の運転ミスや認知症が問題に上ってきていたが
バス事故を起こす対象年齢は、働き盛りの40代~60代(もっと上も)と幅広い

バスの運転手とは自家用運転のように疲れたからちょっとコンビニの駐車場で休むとか
出来るどころか、時間に縛られ、時間に間に合うよう
先に進むのみ。

それが、どんなにストレスなことか、一人が何十人の命を運ぶ、責任の重さも。
血圧の急上昇も起こりうる。
今まで健康だった人がはじめて、体力の低下を自覚するのは
長い仕事時間の運転中だったりもすることもあるだろうし。

心筋梗塞、脳こうそくと、一番発症する年代。
利用する方も手放しで安心で乗るなんてことは人間が運転してるということで
出来ない、と思うべき。
自覚症状を伴わず
突然発症する病気には、運転手本人でも気付かない。
あとは、居眠りや意識障害を判定する顔判断の機器でも取り付けて
いち早く緊急事態を通知するでもして
防ぐしかない。

利用する前に安い理由、高い理由を尋ねてみるとか
尋ねられたことによって歯止め?
になって安全をより重視してくれるかもしれない。



ペットボトルの蓋が硬すぎて

サイダーには缶タイプの300mlクラスの飲料は見かける。
蓋をちゃんと閉めたつもりが、倒したらこぼれたことがあった。

これはちょっと缶タイプの口広タイプで良く起こる
蓋のネジ部分がわずかにずれて斜め閉めしたことによるもの。

この年になってって、(どの年だよ)
以前は瓶やら缶の蓋、力技で開けられたものだったが
良く「貸して」って開けてあげたものだった。

今や、過去の栄光
どうにもこうにも開かないものが増えてきた。

ジャム瓶などなら常備の(お徳用)ゴム手袋で大抵は開けられるが
ペットボトルなどはいつでもどこでも台所で開けるわけではないし
まして、ゴム手袋なんて持ち運ばない。

でも、このたびどんな硬いキャップも開けられるようになった。
海外のものとかほんとう、開かないにもほどがある
様子が違い過ぎるのだ。

これに対抗してくれるのが両面テープだ(私の場合は、輪ゴムじゃない)
これの、強力タイプ、
「ちょっと困って輪ゴム」、って買うと多すぎて購入しづらい、

両面は絆創膏サイズだから邪魔にもならない、(10㎝くらい携帯、手で千切れるタイプ)
これを、4~5㎝もあればいいかな
キャップに貼り付けて剥離部分をはがす、そうしていつものように開ける。

今までこれで失敗したことはない。(開いたら両面をはがして分別)

いかにいつもわずかに滑っているかということがわかる、
両面のベタベタがまるで滑らせないので
最初だけちょっと力は要るが、楽に開くようになった。

これからますます年を取り、ってのもあるし
今のお年寄りの方たち出先で喉が渇いて
脱水を避けようと思い
自販機があっても
開けられないのじゃ何にもならない。

自分の場合
両面テープはいろんな場面で便利だから常備。
意外と身近でないのが輪ゴム、
輪ゴムより身近なのだ、



炭酸飲料のサイズ

コンビニで300mlのサイダーを見つけた。
サイダーは夏だけではなく冬でも飲みたくなる。

定番サイズの500mlは飲み残すことが多く
翌日には気の抜けたサイダーに変身
しかも甘さ引き立ち、まずさを強調。
しゅわしゅわ感で気がつかなかった砂糖の実態。

このペットボトル、300mlサイズは画期的?
やっぱり、
甘すぎると思うので味も変えてくれたらよかったのに。
もっと手ごろなのがオロナミンC内容量120ml
これはほぼ飲み残さない、二回分けかな。

ただ出先で半分飲んで残りを車内から持ちだす時、いかんともしがたい。
この一本が左右の手のどちらかを占領しており
倒さないよう持ちだすのは難儀だ。

買い物袋の中で倒れているのを何回か体験。
こぼすと黄色いしみをつけてしまうし、ビンがべたつく。

毒物混入事件から今の蓋になったことを思い出したが
瓶の色もビタミン類を含んでるだけに変えられず。
蓋を元の方式に変えればいいってもんでもないらしい。




雪情報、テニス、猫で眠れない


昨日の写真。
チェーンつけてる車なんてついぞ見かけない
みんなソロソロと時速20~30キロ。
慣れない雪対策。
テレビの雪情報は気になるは、錦織さんも気にしいの、
猫は枕もとでゴロゴロが止まらない、覚醒した猫は騒ぎ出すし。


積雪は4~5センチ
サラサラした雪
昨日出かけてた4時ころはコロコロしたみぞれも降って
踏みしめるとピキピキ(長靴とか)した音はよくある雪の音だけど。
プチプチはじけるような音は新鮮だった。

でもこんなに曇天の雪は北国っぽい。
何せ写真みたいにふぶいて雪煙りだもの、寒いのなんのって。

大抵朝方降り積もって後は快晴ってパターンが多かったのに一日中雪って珍しい。

今朝は熱湯しか出ない。
熱湯を冷まして歯磨きなどの身支度。(すぐ冷えた)
そして、いつものパターン今日は快晴。
明日以降また気温が上がっていって暖冬傾向に戻るらしい。

通電火災

画像をアップするのが苦手になってきた。
何せ確認しようにも映像画面が小さくて。


もうあれから21年にもなるのですね。

阪神淡路大震災、
あの時のわからなかったことがだんだん明らかになりつつあるそうで。

あの日の早朝私は目が覚めてしまったのでなにげなくテレビつけた。
とたんに地震速報があわただしく流れ始めて、ますます覚醒してしまった。

でもテレビで見る限りの神戸周辺の映像はまだ未明ということもあり
見た目、静寂を保っていたような気がした。
あまりひどい被害はなかったのかな、と。

でもそれから数時間後火災が覆い尽くす様な感じのテレビ画面、
恐怖に思った。
なぜ?という感じだった。

後からわかったのが、通電火災
停電が解消してゆくうちの火災だったようで、、

電気ストーブなど倒れた状態で通電されれば
立てた状態でないとストッパーは働かない
ひとたまりもない。
渋滞が消防車の行く手を阻んでいたり、助けられるはずの人たちの
多くが亡くなられたのだという。

車に乗っての安否確認は連絡が取れない場合心配のあまり
仕方のない心理だったと思う。
だけど、それらを教訓にいろんな対策が首都圏でなされているようだ
耐震強度が満たされた家を建てることも。

このような大事な真実をテレビは視聴率重視であまり放送してないようだけど
道徳心みたいなことが「寛容」という言葉であいまいになりつつある中
変な芸能情報はひっきりなしで
(でも一応感想)Bさんの行為。やっぱりねって感じ、心の自由奔放さを感じてた。
どうしても矢口さんの時と比べてしまう、
MCクラスに対しての芸能人の擁護たるや、いい加減なこと。(呆れ)








子供だけが見てるの?テレビ

また政治献金ですかといえば責めるは自民党と思われがちでしょうが

また枝野さんですか、甘利大臣の対角線にも居なさそうな人。
民主党は政策を考えるより、真っ先に自民党を倒すことに躍起になってる。
また、倒した先であのような政治をされたんじゃたまったものじゃない。
いつでもどこでもあらさがしの捜索してる民主党。
甘利大臣いなくなったら日本の損益というか、世界も困る
、、他のじゃ通じないから。

なんか手法とか答弁とか聞いてると全然日本的ではないし。
本当に不安になる。


弱小コメンテータたちが朝からニュースに答えてるけれど
一般人が認識してるテレビで得た簡単な情報も知らない人が多く
「えっ!この人たちこの程度の認識で…コメントしてくれるの?」
こちらがわからないと思ってる事の上を行く、
だからいつも先に進まず
おんなじところをハムスターの、回し車
クルクル回されるだけ、何にも得られない。

有害図書は有害図書

有害図書は有害図書
捻じ曲げるべきじゃない。
この問題を男性ばかりが語るのは良くないと思う。

ただこの問題、規制が緩めば緩むほど変態が喜ぶだけ。
何かといえば「表現の自由」という。
しまいには、
ニタニタ面を押し殺して大真面目な顔で「芸術」とか言う。
世の中よ上手くまわれと、呪文ばっかり唱えて、

寝言は寝てから言って。

犯罪につながりそうな図書も多そうだし、

とにかくこの問題に対しての寛容さはどこから来るのだろう。
規制が進まないのは気が進まないから。
日本は堂々たる変態国だと思うのに。


雑感

いつもにまして雑感
国会中継で「こばやしあきらくん」


小林旭?(笑)
こいけあきらのまちがい。

いつの間国会議員に、ってちょっと思ったもので。

話は変わって、
この前の初詣の時も思ったんだけど、
後ろに並んだ家族が話声やらなんやら
すごくうるさくて本当に参った。

男の子は子供ということで許されると思ったか娘たちのスカート触る。
わたしはなかった、ハハ よくわかっとるわ。

親は全然注意もしない、
父親らしき人は後ろで鼻、喉にかかったガガッという大きな音を立てて
鼻をすする。
おえっ
わが県、ちゃんと叱る親もいるにはいるけど、ほぼ子供が野放し。


日本人もエチケット無くしてきたよね。
私が見かけた中国?韓国?
の観光客のほうが周囲のこと気遣って気にしてた。
私が見た限り、一組見かけただけだったけど。

良いことは堂々とやったらいいのに

でもやっぱり、安いものにはいろいろ先人のことわざにもあるみたいに
不具合は多い。

今回はたまたまで、安かったからなんていうことはできないけれど
安くってもよくやってる会社はあるんだろうし。

メディアも悪いところがある、事件起こした会社は
散々放送されるけど、優良会社は全然目立たない。

優良会社こそクローズアップして散々放送したらいいのに
そうしたら前向きな競争が始まる。

日本は悪い行いをした人は極力罰せず、理由を慮りすぎてる
そして、善い行いの人は無視する
お人好しなことに、行う方には善行は

「見せつけず」 ひっそりと行うものという
変な風潮がある。

なぜか、してしまうこと。



この小みかんは載せもの。
このみかん有りて載せる者を探すは本能。
見つけたなり。

はぁー、やっとで見終えた。
映画のいけちゃんの声の主がわからなかった。
上手い声優さんと思ってたら、蒼井優さんだった、なるほどねぇ。

この切なさは、いけちゃんのかわいらしさから来るのか
畳みかけられて、参った参った。

大笑いしたり泣けてきたりと


みかんをお供えしようとしましたら落ちましてん。
コロコロ

今何日かに分けて
映画「いけちゃんとぼく」を見てる
絵本でさえ泣いたのに。

映画のいけちゃんも良くできてるけど、少年も良くイメージが似てる。


分けて見ないと無理。
いけちゃんがかわいすぎて切ない、辛い。

面白かった歌

この前のミュージックジャパン
フランスで一番有名な日本人として紹介されてた
レ・ロマネスクの歌「祝っていた」を聴いたんだけど

歌詞が
夜、ぐふぐふ笑ってしまってた、そういうかんじのおかしさ。
漢字の間違いの歌なんだけど。
なんだろ表現が延々とおかしい、
いでたちもそうなのだけど、
奥深い感じのおかしさ、地味に腹筋が痛い。

歌詞は、ちょっとおつむがあれな感じのものが多い

だって、反撃が反撃になってないし、
呪うつもりが実は祝い倒してて
なんか、どこか愛情が残ってて、憎めない歌詞の中の主人公。
最後の歌詞のところで思わず涙が出たもんね。
どんだけ好きだったのって。切ない

他にバナナの皮のとかも聴いたのだけど
他のも聴きたい。

七光

国会中継見てた
世界の安倍首相なのは言うまでもない。
民主党は自分たちが景気回復の立役者みたいなすり替え
すごい、
、ヤジとかよく飛ばせたもんだ
なにせ民主党の言い方、あんな政治しておいて横並びどころか
上からものを言ってる

危なく転覆しかけて運転を任せたら上手く危機から脱出
脱出したもんだから
落ち着いたら、またまた運転に文句言いだした。

どこの国も安倍首相となら話ができるし安倍さんクラスの
政治家を求めてる。

二世を攻めてる答弁があったけれど、それは逆差別
好きで、選んで、二世に生まれてきたわけじゃないでしょう
二世は歌手にも政治家にもなってはいけないの?

じゃ、歌舞伎はどうなんの?
民主党は弱者の味方という形を取りつつ
結局は真剣に努力し、登り詰めた人までも
十羽ひとからげで非難する。




眠気が吹っ飛んだドラマ

ドラマ
最高の親子

藤山直美さん出てたから見てたけど。

芝居もうまいけど歌もうまい(声が若い)
ストーリーには少し周囲の、差し出がましさ、薄情さを感じたけど。

とにもかくにも芝居がすごくて
圧巻の演技に、他の共演者達がついていくの大変そうだった。

笑ったり泣いたり忙しいドラマ。
お断りした後、後ろ向きに去っていくのとか
エスカレーターでのくだり、、ドラマでは登ってったけど。

親の切ない部分「親の心子知らず」な部分よく出てた。

「面白くて人情」お芝居と言えばで、藤山寛美さんをあげて。
しぶいの好きだねって言われたっけ。

こういうドラマいいなぁ。

説明は要らない方向で


記録用写真なので写りが悪い。
コンパクトなので持ち歩くのだけど、スマホのほうが良く映る気がする。
機材の取扱いの難しさが年々増しているというのに

文字まで読み辛い、小文字でもじょもじょ書いてある。
取り扱い説明書はコンパクトな機材に合わせてコンパクトに折りたたまれて薄っぺらく
字は極小、
しかもこんな扱い方は危険でダメですよという、
とんでもない取り扱い事例を列挙して「おしまい」なものや

どうかするとPCで見るタイプ
便利さは若者には与えるには早すぎるグッズ
先行くものにこそ便利が大事なんじゃないんかい。

膨大な便利機能はつけて置いて、
コンパクト化は文字にまで説明にまで及んできてる。

目で見るお正月


眠りにゃん

お正月だけでプラス2キロ
これを落とすに早くも取り組む。

三が日を過ぎたとたん、正月という異空間から
通常の生活にへーんしん!

世間の今年の変わり身は早かった。
見渡す限りお正月の原風景も玄関や庭先にもあまり見られず。
ましてや昔車につけてた、しめ縄なんて皆無。
見たことない人には「なんじゃそれ」な世界。

どこでお正月を見るのか、きっと今にどんどん少なくなる。
スーパーのお正月ソングだけはなくならないでほしいものです。

切り替えの早さに呆然、自分ひとりまたまた置いてきぼり。

2016とインプット

あけましておめでとうございます。
ことよろでございます。

無理やりやってきた感じの31日も
感想述べてる暇もなく過ぎ去ってしまいまして。

NHKに愚痴納めの、し忘れ。
NHKのドラマ総集編にとっつかまっては
かわるがわるテレビの前に居座る

もう、って言いながらリモコン隠したもんね。
NHKもやめてよねドラマの総集編。

NHKと日テレ交互の年末でした。

今年はもっと落ち着いた人を目指したい。
この年になって少ーしだけど振り返るゆとりができたかな。
相変わらず振り返るタイミングがワンテンポ遅れてるのだけど。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード