面白かった歌

この前のミュージックジャパン
フランスで一番有名な日本人として紹介されてた
レ・ロマネスクの歌「祝っていた」を聴いたんだけど

歌詞が
夜、ぐふぐふ笑ってしまってた、そういうかんじのおかしさ。
漢字の間違いの歌なんだけど。
なんだろ表現が延々とおかしい、
いでたちもそうなのだけど、
奥深い感じのおかしさ、地味に腹筋が痛い。

歌詞は、ちょっとおつむがあれな感じのものが多い

だって、反撃が反撃になってないし、
呪う(のろう)つもりが実は祝い(いわい)倒してて
なんか、どこか愛情が残ってて、憎めない歌詞の中の主人公。
最後の歌詞のところで思わず涙が出たもんね。
どんだけ好きだったのって。切ない

他にバナナの皮のとかも聴いたのだけど
他のも聴きたい。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード