野次馬

誘拐報道も、もういい加減にやめればいいのに。
追いすぎだし、詮索しすぎ。

犯人は、堂々としていてなんか違和感を感じる。
悪いことをした人の、反省の顔つきじゃない。
ここがいつも議論になる被害者と加害者の矛盾する対応の問題点。


ミヤネ屋なんて司会者が完全に野次馬で。もう、「週刊誌大好き奥様」みたいな反応。
熱量の凄さに見ていて冷めてしまう。

一も二もなくとにかく噂がしたい、みたいな、番組。

でも、痩せない方がイメージのいい人もいるのねとつくづく。
ミヤネさんは痩せない方が良かった部類。

コメンテーターおおたわさんがするどいツッコミ入れて
番組内容えげつなさを改心させて欲しい。
スポンサーサイト

意外と事実はその逆が多い


水前寺公園、先日まで行われてた水明かり
無料開園、夜桜ライトアップも。
人がはけた瞬間見計らってパチリ、たくさんの撮影者がいた。


お家を抜けるとそこは暖かだった

あーあ
また今年の冬も3キロ太った

冬が
嫌いです。

しかも今年3月も終わりと言うのに日差しはあるのに
空気がひんやり
この冬は筋トレしつつ過ごした
やっぱりしないよりはマシ。
でも、間に合わない。

健康診断
冷たく言い放たれる、又は呆れて無言。

冬になる前の、まだ3キロ痩せていた時が懐かしい。

暖かい時期に行っていればよかった。
「温暖化」がいつも念頭にあるもんで
油断しました。
きっと今年の冬こそ暖かいに決まってると。

だらだらといつまで冷え込むの朝夕?
そういえば家は「冷える」に加勢する間取りと設計(対策が無策なだけ)
うちにいる感覚で外に出ると、季節外れで暑苦しい。

桜も早咲きだと満開で



昨日は午前中、花見には寒く雨も。
でも花見客は多く。

初めて見たのだけどミツマタかな?
コウゾ、ミツマタ学校で習った、和紙の原料。


誘拐され、二年ぶりに見つかった女性。
二年間のうちになぜ逃げれれなかった?

愚問
緊迫した状況と関係性の中、逃げようとしたなんてわかったら…
中途半端に見つかりでもしたら…
相手は力も上を行く男性だし、逆上され、命が危ない。
想像すると思うと、思う。

そしてまた他のニュース、神道は自民党支持基盤が多いので「多かった」過去形かな?

なんたる発言と思ったのでは?
「巫女の癖に」と言ったのは女性蔑視では(半分くらいは)無いと思ったが。

でも醸し出てる表情や男性陣のウケを狙ってる部分で、抗議は仕方ない。

奥ゆかしい方がよっぽど気になる

パチンコの広告が視界の中で、かなりチラチラする
書いたぶろぐ記事よりよっぽど目立ってる。

最近CMでもなんでも奥ゆかしさってものがなくなって
グイグイグイグイ入り込もうとするけど
逆効果な気がする。
CMがよくわからない断片で惹きつけるものさえあれば
視聴後、気になって仕方が無い
自分から調べようとまでする

その逆で番組を遮る感じで入ってこられると
CMにも悪印象だし、番組の続きもどうでも良くなってくる
強制的に切り替えさせられるから完全に受身

白紙の脳を操ろうとする、嫌なことだと思う。
チラチラテロップは青色テープで隠して見えないようにした
自分だけが見ずに済むだけだけど
画面が少々狭くなっても仕方が無い。
スクロールするたび、チラチラするから気が散りまくる。

視界からくる刺激は脳に直結するものだから。
選んで身体に良いもの見ていたい。

花の命は短くて



見ざる言わざる聞かざるで、🙈🙊🙉無難に生きよう。
むりっぽいが。

5年間恋愛禁止
芸能プロダクション

ただでさえ綺麗な花でいられる時期は短いのに。

男性に同じ事言ったらどうなるんだろ
こちらは、短命とは言えないけれど


花の命は短くて。

修行僧として行く。

テレビに懐かしい人が思い出のvtrとして出てる。
小さい頃父とよく見てた中村梅之助さんの「遠山の金さん」
好きだったなあ
梅雀さんは息子さんなんだ。

憩いの場所


桜も蕾がたくさん、開花してる部分もちょいあったけど

もっと目を引いた、百日紅 さるすべり つるんつるんな木肌
確かにお猿さん登れなさそう。いや、、意外と登れたりして。



最近天気はいいのに肌寒い
夜間は相変わらず冷え込むし、油断すると今年初の風邪を引きそう。
自家発電して頑張ろう。

人のせいにしてはぐらかす

みかんご飯というものがあって一頃は違和感もあったけれど
よく考えてみればお寿司文化に慣れてるぶん
ご飯とみかん、全然意外な組み合わせではない気がする。

酢飯は酢と砂糖、みかんはもうすでに甘み(果糖)込みなので
みかんジュースだけでokだから手軽でいい。
みかん炊き込みご飯、今度試してみようと思った。

言葉使いで問題になってる「しねしね」こうげき文。
今はお笑いの人がよくツッコミに「しねばいいのに」
なんて言ってて笑いが沸き起こるのだけど。

若い間で市民権を得つつあるような「しね」とか「ばばあ」とか
使ってる意味合いがあまり深くなく
軽い感じで使っている。

言ってしまった事の重さ強さを消す意味合いもあるのだと思う。

それよりピー音でかき消された重い意味で使う年代が
それを同じ使うでも意味合いが全然違ってくる。
良い国ぶってればそれを気取った人達を叱り飛ばしたい、その心理から来た
そんな思い「しね」のタイトル文なのではないか

津川さんやら自民党で弁明しに出てきた平沢さんは
本当に心底、悩んでる人達のことをわかってない。
中身を読まずうわべだけ読む。なぜなら触れたくない問題だから。

子供って女性が生み出すもんだって考えがあるみたいだけど
産ませるのは男性の意思が大きい、命令したりする者もいる。
何より子供は男も生むのであって( 産むではないが)
両意思が揃わなければ健全に産み育たない。

女性に向かって子供を産めと言うより
自分もしくは、自分の息子に向かって語りかけたほうがいいと思う。

子供が増えれば保育園も増える。

種別分け



でかい写真
リサイズの仕方もわからないもので。
チェック入れて保存しても何故か元サイズに戻る。

この写真の猫は公園の野良にゃん
はやる気持ちを抑えておもむろに近寄ったら
どしどし膝の上に乗っかってきた(笑)
こんな警戒しない猫は初めて見た。






子供時代とか
言葉の応酬でおもわず男言葉が飛び出すことがある。
語尾が〜ですよ。〜です。
なのよ。
なんて言った日にはくねくね声真似して大笑いする男子。

よく考えてみたら日本語って変、男言葉、女言葉
一連の流れから終始女性が話してることが分かるくらい
論調というものがある。

議論で女性論調は不利。
何せ日本は議論自体男言葉だし、ヤジだってえげつない。
これに対抗するには同じ論調でなければ弱い。

男性が感情的になって男独特の威嚇言葉を使うから
女性も同じ言葉使いで、そこまで伸び上がるしかない。

言葉使いが悪いというならそれは男性が使うからだ
英語とか外国語とかで、男女差、そういう違いはないと思う。
そして、言葉は省略されないし、あまり時代変遷はしない。

国際口語が変遷したら覚えこなせない。
小さなテリトリーの中で通じるように
言葉からして日本は気の合うものだけで小く固まろうとする
暗号化して話そうとする部族のような感じがする。

健忘症

だいたい日本の女性議員なんて
ある意味男社会に迎合して、のし上がるのだから
あまり男女差が感じられない働きをする女性議員になる。
国民が投票して選んだとしても
国会に入れば多勢に無勢
なんで女性が女性の不利を叫んで
女性の立場是正を発揮できようか。

そうしないといつの間にか議会から追ん出される。
国会だって
女性の活躍、輝く、とかなんとか、最早呪文でしょう
それ、唱えてれば女性票が入ると思って。
その証拠に、
首相に(大臣として)選んでおいてもらいながら、なんて発言した元k産党議員
もう、日本の国会では常識になってる。
国民が選んで党が党独特の色付けをする。
だから与党の女性議員の様相
なんか独特、
どこか生気を感じられず
男社会にどっぷり浸かって、常に迎合する術ばかり磨いてる気がする。
そういう国と思う、にっぽんは。
島国だからよそが(他国)見えなかったし、注意もされないし。
手本になりそうな国が近くにないことも問題で。
そこよりマシだと考えてしまう。

少子化問題だって全く手付かず。
そりゃそう、育てた、子供ははるか昔に成人し
物忘れも激しい今日この頃。
我が行く道の
老年期問題にしか目が行かない。

男性にとっての、野心家が多い現場ほど
女性が輝くことこそ自分たちの足場を明け渡すようなもの
そんな深い懐は、金輪際持たないと思う。

偶然


「にゃ」の足の裏の黒い丸
3つ
うちのチワワんの顔にそっくり。

両足を揃えてくれないと出来なかった絵。
耳のあたりとんがってるところまでそっくり。
にゃは、
時々面白いことをする。

犬のような猫
たまにお外で会うとすんごい喜んで走ってついてくる。
走って追い越し、振り返って待つ、そんなことを繰り返しつつ
一緒にご帰還。


疑問

巷では、小さい頃からアルバム変遷をして、顔が変わると整形を疑う。
なのに、
子役とかかわいい💓子がだんだん間延びしたりして
「かわいい」に疑問符がついても何にも言わず納得するのに。
(違う方)に整形したとは言わない。

人は成長とともに自分の顔のウィークポイントに精通してくる。
どうカバーし、どんな髪型にするか服装が似合うか試行錯誤したりして。
痩せてきたりすることもそうだし
何より普段どんな顔つき(表情)をしてるかが大きい。
魅力的な表情が一番で、
美醜な事はあまり関係ない。
この人には顔では勝っているはずなのに、と底辺の争いの中で(笑)思っていても
自信が持てなくなるのはそういうことだと思う。

私の親は両親揃って二重なのに私が小さい頃は一重まぶた
母は「大きくなったら二重になから」確信めいたことを言って
私もなんとなく母の言うことは間違いないと、それを信じていた。

何のことはない、母もそう言われて育ったのだろう。


大人になってシワが寄る
後になってという、遺伝要素もあるのだろうけど

人の顔なんて心の反映が大きい、これを見誤る巷の現象。

「今日の気になる」
おかずクラブ、あの両人、声のイメージが反対に感じる
オカリナさんの落ち着いた声。
バカボンパパは
水道橋博士の方があってる気が、見た目だけ。
上田さんの「これでいいのだ」の口調がいやだ。






パチンコが大嫌いなのに

パチンコをする人らがいやだし
パチンコ自体も嫌い
どデーンと佇むお店も毛嫌いしてるのに
チラチラチラチラパチンコテロップ

茶っぱちと言うネーミングがいけなかったかな
いちいち絡んでくるのに驚く。

ヤマダ電気で急遽キャンセルがでたということで
即買えたサーフェスが壊れた。
初めの一週間でマグネット電源コード
充電できないと言う不具合。
最初っから修理で使えなくなった、
自分で送らなくてはならないとかいう話で面倒だったし
修理に期間も要した

その他でも散々不具合起こしてたサーフェス
文字変換があり得なかった、学んでくれないことが。

長押ししてもうんともすんとも

遂に、まさしく音信不通になった。

新しいタブレットは文字入力が、ちょっと慣れない。
空間(行間)を開けることはできても詰めることができない。
間違うと変な間ができる。

自信のないものを自信をもって売る

昨日メルトダウンの番組見ていて
紙一重(人為的というより神がかり的な偶然な出来事)で
東日本壊滅という最悪の事態を回避したのだという
事実を知った。
そこまでのことだったのかと、愕然とする。

その当時の(民主党)政府の滅茶苦茶な立ち振る舞い。
日本を壊滅させるために働いてるのかと見間違える程。

事実、菅さんは言ってる、
戦争で受けたくらいの被害だと。
その現場に(かなり大きく)かかわっていながら、あの「他人事」のような
程度の驚きで済むなんて
感覚、どうかしてるとしか思えない。

そして現政権も、これでも原発に自信を持つのか
原発をメイドインジャパンで売りだそうとするなら
せめて、「地震大国の日本では使えませんが」
で、セールスしてほしい。

原発を推し進めるではなく大替えエネルギーに将来的に
切り替えてゆく
でなければ、承服しかねる。

のど元過ぎてまた原発依存度100にしようとしてる。

古き良き時代

史実に基づかない時代背景の時代劇は面白くない。
大河にせよ朝ドラにせよ。

あの時代は世代間(親子)でも男女間でも踏み込めない領域があったのに。
今作られてる、ほとんどの時代物が踏み込みまくり。
現代の境界線踏みの行き過ぎから来た病巣を時代劇でまで見たくない。

親に対する口の利き方もそう、

他に、鏡はなくても鏡の代わりになる水面はあったろう、
湖、池、たらいに張った水いくらでも鏡代わりになる
ナルシスが湖の水面に写った自分を見て恋に落ちたりするくらい。

時代感を出すのに顔に泥を塗るなんて
それでなくても人の目がある、
親も人もどろどろの顔を見て何も言わないのだろうか
薄汚れることはあっても…とにかく

古い時代が現代と混ざりあったような時代劇を見ても
今と何ら変わりなく
あれは実は現代劇で、現代人が懐古的になって古民家で着物着て
演じてるのと何ら変わらない(実際そうなんだけど)
そんなあからさまな時代劇は見たくない。
全然面白くない。

「今日の気になる」
調子に乗らないほうがいいと思う、自民党
やっぱり怒涛の男社会で、完全に庶民感覚とずれてる。

本来は洗うべきじゃないともいわれる猫


濡れネズミみたいになってしまってるのは「にゃ」
「ごめんにゃ」

猫は飼ってて、ほとんどいやなにおいはしない。
それでも「白」と思われる部分が薄汚れ、
ちょっと汚れていたので洗ってあげた、「ちょっと」ではないか。
うちに来てこれが二度め、一度目はうちに来たての頃。

洗ってあげてるときは意外と暴れない、
それはいいのだけど問題は洗った後
早々にタオルケットから逃げ出してプルプルしたかと思えば
ペロペロペロペロ毛づくろいが延々。

舌が取れるんちゃう?というくらい。
ニ三時間はやってたと思う。

いくら舌がブラッシングの役割を果たそうが見ていてあまりに長く不安に思った。
今度洗うときは乾くのがもっと早い時期にしよう。

毛玉の出来やすい衣料品

三月にてもう初夏並みに暑い日がやってきた。

予報によればまた二、三日の間に冷え込むという。
着てゆく服をどうしてよいかわからぬ季節でもある。

しかしまーここ最近、毛玉の悩みに明け暮れてる
洗濯物を畳もうと服を広げると

「!!」毛玉
これ、いつ買った服だっけ?、最近と、 思う。
洗濯を毎日繰り返す衣料品ばかりじゃない
機能上これしか選べないシーツもそうだし
ジャケットもコートもカーディガンも

一時期毛玉の出にくい衣料品が希少なりとも出回ったような気がするが
とっととすっ込んでしまった。
全体当たり前の素材になるどころか、
そう考えれば、なんか相当難しいことなんだろうか?

定着しないもんだすなぁ。
柔軟剤とか洗濯ネットも防止にはなるだろうけど
不断に擦れ合う動作はいかんともしがたい。
擦れ合わないようふわふわ体を動かすわけにも…

宇宙空間なら毛玉問題も発生しないか。

毛玉は生地が薄くなってるってことだし、服の寿命が短かくなる。
これでいいのだろうか?

バカボンパパよ
いいとしか言わないか、、

ちょっとなに言ってるのか…

CMソング

1UP
マリオのキノコ?
このCM何言ってるのかわからない上
CMソングの歌詞も何言ってるのかわからない。
一部「俺の言うことを聞くなよー」と聞こえる。


総じて何言ってるのかわからないCM。
CMの語り部を
また別な意味で「何言ってんの?」ってツッコミたくなる。

熊本でもそういうのがある
ウエディング姿の女の人が泣いてる。
そのCMのBGMに流れる曲の歌詞がこれまたよくわからない
英語?
ぴーぽー(人)ぴーぽー(ひと)って聞こえる、、言ってるの?
もし、ピーポーピーポーだったら、大丈夫かな?

セリフも聞き取りにくいものとかゲームCMソング
お正月挨拶「新人さんもいらっしゃーい」
「…三本いらっしゃーい」
私もとお悩み相談さん?みたいに違うように聞こえた一人です。

わけわかめなCM連

「今日の気になる」
最大の異民族はアメリカ人だろうに、所定の位置に戻りましょう。

日本の笑いの種類が

学生時代
本当はカテゴリーに分けられる必要はない。
時に運悪く、話が合いそうな人がいなくて一人でいたくても
自らカテゴリーを見極め入らずばならず。
なぜなら、先生も推奨するカテゴリー分け。

人の右往左往する
一部始終を目にすることで個々の頭の中でクラスメートの
レッテル貼りが行われている。
ここで出遅れると学生時代の居心地に左右。

渡り歩ける程の器用な者は
そこのグループのリーダーがとても変なうえ、意地悪だったとすれば
脱退を考えることも一考だ。
似たようなカテゴリー探さなばならず。

入れてもらえる、もらえないの問題もある。
変な風習のあるにっぽん。

そのためには自分も変える、
きったないカテゴリー色に自ら染まりに行く。

日本の笑いの種類が
異なるものを目ざとく見つけて笑うのを良しとしてるから
学校で育んできたお笑いセンス。
よくターゲットは嘲笑の被害を受けていた。
カテゴリー(意地悪グループ)
に「入る」という選択をする、孤立よりましだから。
せめてカテゴリーリーダーが心だけでも美しかったらよかったのに。
カテゴリー=意地悪だもの。

別な生き方が流行りになり、主流になるまで続く、でも先では
個々がもっと個々になって強烈な個人主義が増える気もする。


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード