ありがたきボランティアさんでも、結局自力

うちにもボランティア申し込み用紙持ってきた人がいた。
本当に頼もしいことです。

周囲も被害受けてる家が少ないから中々人が入ってこなくて。
家の片付けは済んでいたから用紙は申し込んでいない。

屋根が何枚か落ちて雨漏りを心配した主人は
余震のおさまらない翌日から屋根に登ろうとして本当に困った。
親子必死で止めた。

あとから聞けば屋根から落ちての怪我人10数名
数日後屋根は結局主人によって無事補修された。

主人は地震後特に仕事が忙しくなった、
家のことは仕事の合間にしかできないから
今日も居ない。
今にも欠け落ちそうな大きな外壁。
昼には帰ると言っているが。


昨日も眠ろうとしていた時の震度3、
この時間は胸騒ぎがして地震直前には起きていた。
結構揺れたのに震度3か。

横になってると体感の面積が広くなるのと、
眠気に混じる急な不安さと周囲の静けさ暗さとで
昼間より揺れを強く感じとってしまう。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード