国を分けようとする心、情けないと思った

ブログ記事どうやら中国の人らしいが。
そういう考えの方のボランティアなんていらない。
復興の土台に、不幸が築かれてしまう。
人でなしのような考えの人がいるもので。

同じ人間かと思うとがっかり、
近年はあまり無いが洪水も、台風被害も散々経験してる。
熊本くらい防災意識の高い県は無い
今回、ブレーカー落としてから避難したからね。

テレビなんて報道しないからみんな知らないだけで。
普通のテレビ番組流して笑っとる。

人の不幸は蜜の味を地で行く人を見つけた。
賛同者もちらほらいるなんて。

あの時遠く行くこともできないからせめての義援金も出したし
心からお見舞いし、涙すらした。
熊本は水を送ったと思うし人も行ったはず、他にも目立つことなく支援してた。
瓦礫の拒否なんて一般人の意見で決められるわけが無い
いつの間にそうなったか
熊本に長年住んできて、周辺で瓦礫受け入れの意見に
反対したとか賛同した人なんて1人も知らない。
よく覚えてる、散々悩んでやめたみたいだった。
反対運動してた人たちは避難してきた関東の人たちが多かったのだから。
記事にもそう書いている、誤解はすでにここでも生まれてる、
理解してるくせに。
娘の意見によれば熊本は環境問題チッソに起こされてるし、
受け入れに慎重なのはわからんでも無いという。
原発も無いしね。
いつの間に集まったかプロ市民とかもいたんじゃないの?

それは、なんの為避難してきたかわからないみたいな意見。
いろんな記事を総合して、よく読んで理解してほしい。
熊本市民は当事者の意見を聞き入れますから。

今回の自治体の空転くらい寝耳に水だ。
同じく被害を受けている。

こんな冷淡な意見があるのかと愕然とする。
こんな意見に対し波長すら合わせたく無いが
差別意識の強さ、狭量さ、
自分の納得しえない人として県ごと一絡げにして
幸せを祈ることができない
こういう時こそ、その人間の本質が見える。

別世界の話はこれくらいにして
それにしても数え上げればきりが無いほど芸能人の方達もそうだしたくさんの方達の
被災地訪問を見聞きし。本当に感謝、外国の方達にも感謝。


たくさんのボランティアの方達、それから何かしら支援をしたいと思う気持ちだけでも
ありがたいと思う。
うちのような一見被災してないように見える地区にも
ボランティアさんによる片付け要請の用紙を持ってこられたし。
本当に優しい方々がたくさん。


先日被害が一番ひどかった益城町を通った、旧家も多いから。
恐ろしいくらいの崩壊した家並みが延々と続く、自然と涙が溢れた。


「ケッ、熊本なんて」って様子の記事、
強制されもしないのにわざわざ書く、あたり
同調者を求める意地悪な心があるのでしょうね「共有」みたいな。
でも、腐った人に「腐るなとは言えない」腐るのは自由だから。
瓦礫問題で騒いであてこする瓦礫ゴミみたいな心。
ゴミに申し訳ない。






プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード