お役所仕事

いろんな人のケースとか考えてみたのだけど

まあ、どこに住むにしろ家を新築しなければならない羽目になり
それに対し支援金(加算支援金)なるものが出るのですが、
それは金額にして2年間程度の仮設やアパート代くらい

例えば、何年か後に家の建て直しを計画中だったのが地震で前倒しになって
まだまだ全然準備中の段階で、と言う人も多いと思う。

で、新築に際しては
ローンを組む対象者は「全壊と大規模半壊判定の者」と広げられたものの
なんら支援がないから結局地盤の悪い所に適当な家を建てる人もいるかも。

それどころか危険と判定された家に住み続けてる人さえ居る。
聞いてると、家や土地に対して、並々ならぬ思いと愛着、(私にはあまり無いが)
ついには、亡き夫とかとの思い出と心中さえ厭わないと言ってる方さえちらほら。
施しは受けたく無い、自力でなんとかしたいとか。
思いというものは人それぞれなんだとつくづく思い知る。


せめて地震に強い家を建てることこそ支援するべきではないのか。
地盤調査と地盤強化とかも、(も)

ローンを組める間口だけ広げて、貸すだけ貸して、あとはごにょごにょ。
まるで今破綻してる奨学金制度みたい、自己破産の連鎖なんだとか。

全然先を考えてないお役所仕事。

夢をみました

夢で終わる
夢をみた
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード