忠実な漱石なんて誰にも演出できない

NHKのドラマ「漱石の妻」を見てうんざりこいてしまった。
あまりにも脚色がひどくこんな物語どの漱石の小説にもなかったから。

それは妻が思い出として綴ったお話、それこそ所々漱石の小説も挟み込んで
つなぎ方次第では漱石を冒涜してるとしか思えず。
漱石の小説家としての取り組み方、生き方、壮絶な最後を辿った感動からすると
面白くもなんともない変なドラマだった。
思い入れのない人が見る分にはいいだろうけれど
誤解したまんまで漱石入門なんて冗談じゃない。

最終章漱石が「お前か」と、嫌な声色で罵った時点で録画を消して最後まで見なかった。
心身ともに病んで行った晩年をあまりに面白おかしく脚色されては
今までの私の中での総石像がぶち壊し。
小説の中に終始漂う趣が壊されてる時点でもう、別物。

最近NHKといえば昔話に必ず戦時中を挟み込んで
「戦争反対」の、それしかない気がする。
そういう部分では史実に基づいたドラマではなく、
なぜなら平和への機運の高まりは最近のものだから、
現代人が昔の人たちにそう言わせることで、直接働きかけてる
脚色が過ぎる。

今朝のあさイチ
イノッチさんのコメント聞いててハラハラする。
本能出し過ぎのコメント。

世知辛い世の中です

適度な広さのアパートに慣れ
管理するにはこれくらいが丁度いいとか思ったりするが
人員が二人も増えればもう狭い。

でもアパートで満喫してる風の人も居たりして
こんな時期に迷惑な人もいる、足音を立てドシンドシン歩くとか
車を駐車スペース以外に止めるとか
誰でもそこは我慢して離れたパーキングに止めに行ったりしてるのに。


でもまだ引っ越したばかりで土地に無案内でどこにも車を置けなかったから
一度買い物後にスーパーで待ち合わせして車を置いてったことあったが
帰ってきた時には即、張り紙されてた。
イオ⚪️マックスバリュー
その後に買い物予定だったけどもう買う気無くしてた。
そしてまた来る気も。
そりゃこちらが悪いですわ、わるいですけど。
あんなにガラガラなのに、ケチ。(笑)食材が変な時があるけど黙ってるのに。

今度から、ちゃんと発表してやる(笑)

夢マートなんて地震の時、駐車場解放してくれてた。
しかも車中泊とかの車も沢山、
店を開けた時もお客さんに感謝の言葉で迎え入れてて。
商売というものがよく解ってらっしゃる。
そういう所も多かったみたいだったけど、今でも被災地には変わりがないのに
マックスでもう普通営業かいな。

元、ニコニコ堂を改装してオープンした夢マートは
今回被害が大きかったみたいだった。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード