このままいくとファシスト政権

しばし明るい見通しを思い描いていたけれど
トランプさんは世界中の占い師が簡単に占えるくらい
とんでもない世界のリスクのように思う。

大統領就任から発言が変わるかと思っていたけど
シラフであんなことを言う様子から
なんだか身振り手振りも不快だし、発する言葉も不快だし
とてつもない事態に陥りそう、とても看過出来ないくらい
なにせ言葉が軽すぎる、
強いアメリカ時代、キリスト教ならぬアメリカ教、その教祖が居て。
憎しみの種を撒き散らしてきたアメリカに戻ってどうするのだろう
こうやって憎まれ者のアメリカになっていったというのにまるで開き直っている。

調子に乗れば乗るほど思い上がるタイプの

トランプさんは政治家ではなくトランプ一家の
利益重視主義のトランプファクトリーで働いていて
国民はその工場の工員にすぎない。

始まりが
ヒットラー誕生の時を彷彿させ、
日本の小泉政権を彷彿させ、
韓国のパククネ政権を彷彿させ、何もかもがあまり好ましくない結末になってる。

なぜこの人を選んだのだろうかと考えると
アメリカは少し裕福になればこのような思想になる小さな種を持った人種が多いのだと思う。
歴史の浅い、負けを知らないアメリカの不幸。
踏まれたら足ごともぎ取る
アメリカらしい、とらんぷ思想を持った人らが。
でも国を違えず少なからず存在する人々。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード