強くないと生きられない

「熊本」っていう地域性を思うと努力の県っていう感じがすごくする。
唐突だけれど、アメリカも(笑)
アメリカは、落ち込んだとき傷心旅行に選ぶ地ではないと
誰かが来て、慰めてくれるとか一切ない、
余計に落ち込むとか言われている。

それに少し熊本は似ていると思う、
落ち込んで暗いオーラを放ってる人には極力近づかない
もし、落ち込んで暗い気分の中に居ても前向きな気分を読み取れたら
そばに寄って行っても良いと判断する。

おとなしい子供には厳しい県と思う、
私もそうだったから、
経緯はこう、相手は男の子だった、小学一年生くらいの時
先生が「〇〇さん←私に(墨汁だったか?)を貸してあげなさい」と言っても、
貸さない理由を「〇〇さんが貸してって言わないから」と
貸さない理由を先生にそう弁明して反論していたのを思い出した。

まずダイレクトに「おとなしい」を
克服しなければ二進も三進もいかない。
それが出来ないからおとなしいんだろうが、
そんなものわかろうはずがない、
だってその子は「おとなしくない」のだから。
口を訊くのに勇気を要する子が居るなんて
想像も理解も出来るわけがない。


おとなしいなりに一目置かれる努力をしないといけない。
案外面白い子だとか、スポーツが出来るとか、
センスが良いとか、家がお金持ちとか、
知り合いに有力者がいるとか(笑)
スポーツ得意、勉強ができる、面白い。これが一番人気者になれる秘訣。

そう言う面では、何のメリットも持ってなさそうな子に
「おいでおいで」をしたりはしない
姉御肌な面倒見の良い県ではない。
簡単なことでも「助けて」と、言いなさい。

手を貸してと言われれば助けるけど
お節介焼いて積極的には助るということはあまりしない。
度胸を認め臆病を嫌う。
市内に出る時、周囲に言われた、
市内に住むつもりなら気が強くないと
無理って。



意外と強いと思う
ただ人一倍気を使うから敢えて積極的には
働きかけないだけの。人は好きだし。
でないと選んでまでここに住まないと思う。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード