日本のテレビが見たい

狼狽してブレまくる前原代表
何かと言うと「どんな手段を使っても自民党を終わらせる」
を繰り返させるメディア。

このフレーズは日本人が言ってるとは到底思えない。
なぜなら日本は自民党安倍政権の元成り立ってい(る)たから。
自民党を終わらせる=日本を終わらせる、としか聞こえない。
しかも野党が全部足元グラグラの脆弱地盤、
だいたい日本にリベラルなんて思想の人間は存在してないし、出会ったkともない
踊らされてた有権者
保守に加わる民進党、ご乱心としかおもえない。

何をこんな時一か八かの賭けをせねばならんのか。
自民党の懸念は「希望の党」じゃない
有権者のトチ狂った博打気分、そこだけと思う。

「こんな時期に選挙するなと」
この言葉からどれほど北朝鮮情勢を現政権に任せて安心しきっていたかがうかがえる。
小池さんアレルギーみたいな男性陣がそこかしこにいそうだし。
メディアはおかしい。
国民の大半の意見が全然反映されていない。
もはや日本のメディアなんて微塵も思わない
テレビに携わる人はみんな中韓の関係者のイメージしかない。
スポンサーサイト

雑感

「過払金のご相談はアディーレ♪」って歌うCM
最初「買わない金のご相談はアディーレ♪」って聞こえていて
何のこっちゃ買わないんだったら相談する必要ないのにって。

でもこんなに過払いのCMソング出来るくらい
日本の金融業は怪しいのかと呆れ。

総理の説明聞いたら何となく納得した。
今回の選挙で与党の窮地だって絶対にないとは限らないのだから
野党応援団はそんなにやいのやいの言う必要もないような。

でも都知事という役職を踏み台に国政に抜きん出た感がありありで
私個人としてはすごくイメージダウンした。
ここまでの道のり辿ると
遂には、アメリカン・ドリームでアメリカに渡って
大統領候補になーんて野望が無いなんて言い切れないくらい
野心的に見える。
その代わりみんな中途半端の夢の途中。
そんなのに付き合わされたら嫌だな。

ところでダルトンの鏡を買ったのだけど
手にとって買うべきだったと、後悔、木製と金属製のがあったのだけれど
以前あった木製のが使い勝手が良く、やっぱりこれかなと
木製やめて金属製のにしたのだけれど
金属製は日用品というより工業品みたいな作り、裏面下手に触ると手を切りそうで
返品も面倒だし、セロテープ巻いて我慢。

鉄アレイかっていうくらい重いし。
見ればメイドインチャイナってある。
どうりで作りが雑、しかもなんか変な匂いする。

確かに自分が飛べばいいのに

以前の家は水害に要注意の地区で雨の降りかたには常に気を配り
でも、住んでる間は一度も浸水という状況は無くギリギリでなんとか済んではいた。

さらに今度は地震、水害、竜巻、例えば延焼等や異常気象にも考慮
こちらに来て何に驚いたかって人柄、中央区から車で10分も離れていないのに
以前の、特に車でのすれ違いの時、狭路でズンズン突き進んで「待つ」ということができない
挨拶ができない、ギスギス、ツンツン、それが伝染して行っているという感じで
多分中心部でどちらかというと文化圏という田舎者特有のおごりがあるのだろうか。
わざわざここに住もうという気が知れない。

狭路では必ず待つ、お互いに譲り合う、近所を歩けば挨拶もニコニコ
ストレスが明らかに減った。
きっと、自治会が違うのだろう、呼びかけ等も暖かく、鷹揚で。
良い意味の方の田舎が生きているのだと思う、
熊本市ってこういう地域もあるのかと、
「何があっても出席せよと」困らせられた自治会は地震の時には何もしなかった、
声かけ一つもなく、地震が少し落ち着いてからも
存在していないかのようだった、近所間で助け合うにとどまっていた。
なぜか水(間違いなく水道)が出たうちは水にも食べ物にもさほど困らなかった。


今気になる)
まあ、土地柄というものがどれだけ根強いものか、国々を見ていてそう思う
でも、それが国民の総意かというとそうではなく、
隠し隠し、違うという気配まで隠して生きる羽目に。

こちらも総理の意見には賛同してないけれど、こんな時期に政権交代はないなと思うのに
それを選択する行事を行おうとする与党、勝ちを見越した上で
これでは感じが悪すぎる、こんな時期で、政治は任せたいが全部ではない。
特に北とのやりとり、アメリカがわざわざ日本を引き合いに出して
北朝鮮の前に差し出さん勢い、
何なんだトランプさんは、都合のいい時に人道主義をとる、
危ない、この方はアメリカファーストを着々とやり遂げてる。

ちやほやされて裸の王様、未だ魔法が解けず

台風の被害が幸いなことに殆どなく
(新しい)ここに来て(強烈でない適度な)自然災害でどんなになるのか
家を建て直すからには、少しは見て見たい気持ちもあったが、
何もないに越したことはないので思い直した次第。
とにかく浸かりやすい土地だったというトラウマがあるもので。

またやってる、
豊田議員の会見
この話題に関しては何の主観的思いもない、他が言うほど面白がっても見ていない。

世間は、うまく釈明すれば見直すし、上手くなければとことん(つつ)突く。
正直うまい会見じゃなかった
テレビながら、初めて生の豊田議員を見る訳だ。
多少の先入観はあったのだけれど不当に叩かれている感が否めなかったのだけれど。。
あの釈明は賢くはないなあと個人的には思った、
がっかりしたのだろう予想と違う、と、これなら出てこないほうが良かった。

でも「このハゲー」が
最大の山場の超強力キャラ発言なわけだろうけれど、これは全然叩くところじゃない
この発言は全然罵倒じゃない、お笑いであって、日常茶飯であって、ご愛嬌にも使われるし
ついには本人がネタにしたり、もうすでに市民権を得ている言葉だから。
でも、ついでに言うならやることなすことコソコソで
顔も出さずに文句の嵐を言う、被害者さんが一番不甲斐ない。

ああそうなんですねって引けるようなタイプじゃない

今回の台風これは、どこを通っても酷い被害が出そうなくらいの大型。
地震後の壊れかけの家がまだ残ってたら、周辺の家にも被害を与えそうだったから
残ってなくてよかった。


日本の北に対しての対応はまずいと思う、日本がわざわざ主人公になる必要もないのに
目立つことを言って矢面に立つとか、日本国民の顔色伺ってる場合じゃない。
世間の綺麗事を北に行っても何の効果もない、どこに向けた発言かは知らないけど。


人の死など何とも思わない、国民を粛清しまくるところからも
今後ミサイル攻撃が、なりを潜めるわけがない。
北の大将の性格的なものはわかりすぎるほどわかって来たのではないか。
たまに日本にも存在してる、
エスカレートはしても自制するとかは、とんでもないと思う。
ブレないのだ北は。
こう考えたらブレないことがどんなに危険なことかよくわかる、
状況は日々変わる、はじめに決めてしまったら
引っ込みがつかなくなる、それは自信のなさや負けたような気分になるのだろう
「負けるが勝ち」なんていう人生の教訓、ことわざ、きっと何にもないのだろうと思う。
あるのは、トップの方はただ「信じるのは自分自身」で
後は「前進あるのみ」「猪突猛進」とか、前にしか進まないものばかり
日本の戦時中の戦さ関係の居丈高なものや、卑屈なものが殆どだと思う。

女の不祥事の陰に男あり

ミヤネ屋では女性議員の不祥事を取り上げて
いかに女性の社会進出連のレベルが
大したことないなのような報道をしていたが、
この女子たちの陰には
とんでもなく仕事の出来ない男のパートナーたちが
陰でよろしく足を引っ張っている。
女性の特性(感情的なことは良くも悪くも人らしさの表れ)人間代表としては適切すぎるくらいだ。
そこばかり叩くなら男特性の性的不祥事も同じくらい叩くべき。

うちの方の地方議員の女性も似たような境地の窮地。
仕事への意欲は何もしようとしてくれない男なんかとは比べものにもならない
やり方がまずいとか言って今や槍玉に上がっている。

日本中がそんな感じ、女性の出る杭を探し出してポカポカやってるばっかり。
男性議員の不祥事は仕事とかけ離れた女性問題とかばかりで
仕事上でも何でもない。

今や出来る女たちが怖くて週刊誌並みに張り付いて不祥事を探し出すのが常。
男の沽券?に関わるとばかり、張り切ってる。

住み分けをしない犬の苦悩

うちのチワワんももう14歳、抱っこしても未だ力強い脚力に思うのに
お散歩の時は、足がたまにもつれる。
動物病院で見てもらっても何ら異常が見つからず
この歳でこの検査内容は珍しいくらい健康体だそうだ。
食欲もすごい。
ドッグフード等先に出してあげて、同じく人間の食事時間はジトーっとした目つきで
こちらを見てくるのでたまらない。

以前ちょっとだけ食べたことのある
ドッグフードより、犬用おやつより「人間用の食品のがうまい」という
覚えがあるのだと思う。
人用を食べないから健康、健康だけれど美味しそうなものは食べられない。
これって人間ならやすやすと解消してることで
例えば、タバコを吸う大人、将来肺に心臓と内臓ボロボロになろうが
御構いなしスッパスッパやって
「好きなもの我慢するくらいなら健康害してもいいから好きな事したい」
たとえ息も絶え絶えの未来が待っていても。

そう考えると犬はどう考えているのだろう
「(人間)自分たちばかり美味しそうなもの食べて」って、
(うちは全然そうじゃないが)健康気遣う愛犬家で通ってるのに
等の犬には、「ずるい、ずるい、人間ばっかりワーンワーン」って泣かれて
意外に不当に恨まれたまま旅立たれてるのかもしれず
うちもいずれは、、か




北朝鮮って時間が止まってる、多分今が日本でいう昭和の戦時中
国際的な思想もないし国民は洗脳状態にあって、こんな似たような時期に
日本は核を落とされた。

「核を持ってるかも、いや持ってるに違いない」でフセインは殺され
北は核を持ってるよ〜って見せしめて来ても攻撃できない
結局核武装してるからだ。
日本が戦後取りたかったもう一つの道を選んだのが北。
でも日本は国際化を選んで時代に乗った、北はそのまま時代が止まって、今に至る。
ある意味異星人との交渉のよう。

でも、中国は判断を間違えている

平和と戦いが背中合わせに存在してる感じ。
回転扉がくるりと180度して状況が一変するような。
頑固な思い、頑なさは迷いなくその人の描く「そこ」に向かって邁進するのみ。
変わらぬ限り周囲はそれに向かって対応するしかなく。
日本の中にもまだ対話や、外交路線があると考えてることこそが
平和ボケの最たるもの。

そうやって中国やロシアが「実は…と」
心の中で思ってる表向きの言葉とは反対のことが起こることをどこかで期待している。


日本が世界に好かれていたのは戦後の反省によるものではなく
古からのもので、わからない人らにはそこにつけ込んでくるし、
わかる人たちの国であれば信頼もされている。
日本は国内に中国の意向の強い、二分する考え方があるからまとまることがない。

武器として持つ核ではなく盾として持つ(当然)核、核武装すべきと個人的に思っている。
忌わしいからと忌み嫌うにも、医療やエネルギーと
別の形で恩恵を受けているのが核。

また今後、シーソーのように、北とアメリカの力関係、均衡が崩れて、
グッとアメリカに軍配が上がるような
軍事行使あれば、日本は危害が及びそうな事態にあったにもかかわらず
アメリカを批判する報道をする、
そうするとしか思えない、それほど中国の意向は日本に蔓延している。

全ての悪に天罰のくだらんことを切に願う。

何か伝えようとして

寝入り端、「ほ〜お〜らー足元を見てごらんこれがあなたの歩む道♪ほおら〜前を見てごらん…」
メロディはバッチリだが歌詞はあやふや、これがリフレインして止まない。

誰の歌だっけ?
いきものがかりじゃないし、ドリカムでもない、ましてやZARDでもなさそう
歌詞検索
‼️なるほどKiroroかあ「未来」ね、
改めて歌詞を読む。
散々あの頃、浜ちゃん司会の音楽番組で聴いたはずなのに
歌詞の方はよく聴いてなかったようで
最初のフレーズしか歌えない。

歌詞が今の心境によく合ってる、
何を今更な歳になって、とは思うが子供時代の母親のことを思う時
親のするお説教めいたこの歌詞も歌詞にあるように嫌だなと思いつつ。
母は、愛を持って歩めとは言わなかったが親の愛に気がつく時思うもので
愛を持って歩むって大事なことで、言いたいことはどの親も同じだろう
不思議に亡き母からのメッセージのように聴き、改めて涙したのであった。


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード