なんとなくやりずらいことの積み重ね

そんなに大量には要らないという、アパート暮らしで気がついたこと
野菜の入ってる袋の不便、

スーパーで八百屋で、道の駅で野菜を買ったりするけれど
野菜の包まれてるパラフィンみたいな素材は
パリパリするもので巻物のように巻いてあり
最後そこを留めるためにセロテープで止めてある、露打ってるとなおのこと
開けにくい。
そして取り出したあと二倍とかにポン!と膨れる出る詰まった野菜達
出てこない、出しにくい
水気の多い野菜と袋は摩擦が強い、出し過ぎを戻そうとすると金輪際袋に戻ろうとはしない
野菜達が全部「使って」と出たがっているような。
そんなに大量に使わないし、保管場所も限られてるアパート住まいちょっと入れ方が
おかしくなるともう満員御礼、入れ込む隙間さえも見つからない。

大体全部がそんな感じなので台所ではちょこちょこストレスを感じてる
あとトレイから出すお魚、お肉とかのラップやら、ドリップ
なかなかラップが取れないタイプのものを開ける時は
トレイの上掛けのラップ部分を包丁でスーッと切ることがある
その前の開くか開かないか「しばしの格闘」が要らない時間
もっと使いやすいように包装の仕方工夫したらいいのに。

長ネギ、ごぼう、セロリ長いままなのも運ぶ時に飛び出すとか
少ない買い物では袋自体不安定になって入れ方で「しばしの格闘」
人参とか3本も要らない1本で良いとか探す時があるくらい、

取り出す、仕まう、保管する、捨てる、の不便さ
小包装をやめるとか?難しそう
画期的な改革したらば野菜も買う人がどんどん増えるかも

そして、このしばしの思案と格闘がなければ調理のストレスがずいぶん減るのに
調理台が一杯になるので、片付けつつの調理にも相当トレイが頻繁に登場
料理の手際からしたらロスが多すぎるように思う。
スポンサーサイト

昔からよく言われたファジーな国

何?
相撲部屋って密室のしごき部屋? 恐ろしすぎ。暴力団みたいにしか見えない時がある。
先の不祥事まではマスコミあげて
どう聞いてもどうにも丸くはならない角界を丸く収めるため
黒いものも白だと言い張っていたのにここへ来て少しだけ風向きが変わった?
風見鶏なマスコミ

悪いほうが台頭する世の中っておかしいと思う。


北朝鮮も韓国もすぐ仲直りするからすごい、さすが元は同じ民族。
そして節操という概念が最初から存在しない国、
あと慈悲とか反省、簡単な許すという概念もないのかも
色々日本にある教訓やら難しい文言、要らないから
言葉もあまり多くないのかな。

日本はあまりに文言が多すぎて混乱したのか曖昧がすぎる
「オリンピックに自分は行かず来てください」とは国際的に通らないと
政界の重鎮の方が言ってたけれど
自分の主義主張を持たず顔色伺い外交をするほうがよほど日本の昔ながらの外交方
としか、映らない。



差別はこんなに細かく世に蔓延してるのに

小さい頃を思うと何でこんな目にと言うくらい
母を亡くしてから本当に苦労した。

田舎の古い慣習と日本の男女差や年功序列、それでなくても長女次女で
差をつけられ、冷遇され、小さい頃は「何でお姉ちゃんばかりかわいがる」
直訴したこともあったくらいそれでも
父親は上を上として立てるがため、差をつけることを止めることはなかった。
母が父の出世を狙って毎夜のような宴会の席でも酔っ払いの
長女崇拝、妹よりもきれいだのなんだの、小さい頃は確かに姉はきれいだった。
比べられてはたまらない、これで酔っ払いが嫌いになり。
処世術に傾倒する人生がここから始まった感がある、「悔しさ」これは
あまり感じる子ではなかったのに身につけるべくして身につけさせられたので
それは逆に今後の生き方に影響を与えた逆境の功とでも言うべきか。

それは日本の行事、お年玉から、成人式の着物、女でも先に生まれたと、長男扱いで優遇
学校への忘れ物の届けること(弁当)私ときたらお弁当の時には母親を亡くしており
届くどころか作らねばならぬ立場だった。

母親はこんなことはしなかった、
子育ての時誰でも思う二度目の轍を踏まぬよう私の時はより厳しかったが
逆に母親の優しさを感じた、
父は一見優しい感じだが父に母親ほどの積極的な情を感じたことはなかった。

思い出として取っておいたものは全部黙って捨てられたし、
今でも扱いに対して間違っていたとは思っていないようだし、

ただし、私の時は子育てで差別するそれは極力避けたから
子の精神面で助かった部分も多かろうが
その後の弊害も少なからずあったのは否めない。
考えてあげることばかり先走り過ぎて、「考えさせること」を疎かにしたような子育てだったような
「自分の時のようなことはしない」これに尽きる、邁進してしまっていた。

ガツガツくまモン

くまモンのニセモンもついには公認になるらしい。
何となく地産地消のブランドマーク的認識だったから
ついには門戸を開いて海外進出するのだそうだ。

くまモンは中国も応援します、、、、どこでも応援します。
もう、くまモンのマークの付いた商品が熊本産を表すものでなくなるのなら
何の付加価値があるのだろう?

敢えて言うなら、くまモンが品質保証の象徴でもあるまいに
いたずらっ子のおふざけくまモン

もう、買わないかな、マークのクマでは見分けがつかない曖昧な産地になるわけだし。
ガツガツ商売っ気を出して揉み手するくまモン
似合うといえば似合うもん。

中韓を相当意識してる熊本からしたら、
本領を発揮し始めたくまモン、らしいといえばらしいのかも。
白黒つけないパンダじゃなかったのがせめてもの救い。
熊本はそんなことでニコニコホクホクしてないで地震の復興に力を入れて欲しい
消費税だけでも全部飛ぶのだから。

中国もパンダ一筋で行けば良いものを、欲張り。

静かになっていいものなのか

人生一変、この急激な変わりよう、2016年4月以降は未体験の日々

家を求めて、家を考えての日々。
世の中が、まだ先でないと実現は難しいと控えていたことを「やれ」と言って引かない。
普段の考えなら絶対にやらないこと、夫婦ともそこは同じ思い。
だいたい大きなローンを抱えたくない。

せめてあと4、5年待って欲しいところを
意外と地震のあった熊本その地で冷淡なことが着々と進んでいて
被災者の優遇措置なんてほとんどなく、大きな買い物であることには全く違いがない。
しかも建築ラッシュと来てるからまさに大忙しで、被災者に同情すべき時に
思わず笑みを漏らしたり、いつも通りの何の支障もない客への対応みたいな商談になったり

置いてきぼりを食らう被災者、でも、この地震を普通の地震と一緒にしてたら
まさに怠けていたキリギリスになる、
過去にはどうか知らないが近年では今までとは違う
津波こそなかったが前代未聞の地震だったのだから、熊本をからかうものこそまさに
キリギリス。

日本人の猫に対する感情はハードタッチに現れる

岩合さんの番組を見てる。
世界ネコ歩き、全部録画、岩合さんと猫の間には言葉以外の通じる会話があるようだ。
猫が岩合さんの歩調に合わせ道案内とかしてるのを見る。

猫が時に早足、そして区切りのいいところでちゃんと付いて来てる?
って感じで振り向く、そして「待つ」をする。
飼い猫のにゃは私に対して良くそれをしたがノラの自由猫がそれをするとは驚きだ。

良く昔 、漫画なんかで描かれていたのが魚を咥えて逃げるノラのどろぼう猫の図。
猫に対して、厳しいのだ日本は、
何故だろうと思っていたが
食卓のお皿のお魚は、人間の主なるおかずメインディッシュだったわけで、
その当時、それを盗む猫は日本に住む人間の少ない資源から考えると立派な
ライバル。

生き残る上では死活問題で、それで昔から猫に対してやることなすこと
猫の一挙手一投足(猫パンチやら後ろ足ケリケリ)に重きをおくのだと思う。

そのぶん強い思いがあるからか、猫の撫で方もすごいものがある。
海外の人が人権を尊重するように(にゃん権尊重で)
ソフトタッチなのに対して、日本人は猫を強めに撫でつけ
結構しつこく(撫で回すの方が当たってるかな)しまいには嫌がる猫を抱き上げる
猫の毛皮ごと撫で回すから顔が変形して、
つり目気味になってたりして原形をとどめてない、もう、可愛いんだかなんだか、、可愛いけど

思い入れが強すぎなんだろうなと、
可愛さ余って、、
みたいな感情も抱きやすい人種にっぽん、
猫は食卓の生存競争ライバルだったから、「昔は取られた魚返せー」追いかけ回した。
海外だと猫のために魚を釣ってあげたりしてるからすごい。

日本では猫は食卓のライバルだったから何となく猫と人は同等の存在?
で、猫に厳しくなるのではないか、、なんて勝手に考察している。




図太い性格と繊細さはどう折り合いをつければ良いのか

子供時分の回想


「お母さんがいないよう」
「怖いよー」一人で留守番
お姉ちゃんの帰りが遅い、テレビでは交通事故の番組
今日はなんだか心細さが半端ではなく
涙が溢れてきた
暗い部屋、灯りをつけても自分のその存在がはっきりするようで逆に怖い
電気をつけて、辺りを見回して、カレンダーと目が合う、その有名な絵画

これを一体何日繰り返してきたことか
小学生の身では永遠に続きそうに思えて
思えば保育園も母が最後に迎えにきていた
5時過ぎだけれど、残業で遅いのか構造改善とか言う事務所の事務員

あの頃の言うなれば共稼ぎの鍵っ子
学童保育なんてなかったから「一人」を不本意ながらも満喫
環境に慣れるようにいつしか一人に慣れてしまう部分もあって
友達が煩わしいと思ったこともあった。

自分のような育ち方、大人になったらトラウマも抱えるし
本人にとっても良くないと、
子育てに関して相当に配慮したつもりだったのに

だけれど子供は私の育つ過程を経験してはいないので
想像の域を出ない。
今度は知りもしない別の子育て弊害に頭を悩ます。
少し、甘やかしたりしてるのが今の親の大半だろう
自分の時の反動で、
「それが当たり前」で育つ、言い継がれてきた言葉と思う。
結婚とは元他人との婚姻でもあるわけで私と性格が正反対とするなら
感じ方から何から何まで未知の世界

どこで傷つくのか、はたまた感謝と理解するのか
許容範囲のようなものが子育てには重要になってくる
こちらと同じように感受性を共有出来なければ
してあげたつもりのことをも当たり前で育ってしまう。
必死で教え込んだつもりでも、周囲に溶け込んで同じ
「お母さんはひどい」とよっぽどひどいセリフを吐くのでしょう。
私もそうだったように。

子育てしてみて初めて気がつく、同じ経験をして初めて気がつくから
人は子育ての期間が長いことからも
育てる方も育つ方も動物でさえ持つ自然に備わったはずの
恩義のような感情がわからなくなるのだと思う。

日本のはお笑いじゃなく残虐とかショーでしかない

お笑い界が騒然となっている。
日本のはお笑いじゃなく(からかい)だもの。
これからはからかい芸人と呼ぼう。

個人的に人を指差して笑うお笑いはお笑いとは思わないのだけれど
裸芸のようなアキラ100%は日本のお笑い界でしか許されない
変な(芸?だと思う。
悲しいエピソードを語り居残りすれば、
居座ることでその場所が保証されたような形になったり、曖昧な芸能界。

あんなものは失敗したら警察に連行ものだと思う、出したテレビ局も
同じ罪で逮捕されて当然。

でも、黒人に扮装し人種差別とか言われることは変に思う、
日本の立ち位置から見て日本人はあまり嫌いな人の人マネをしないから。
でも、世界ではこんなんで笑いを取ろうとは発想に及びもしない
お笑いネタだと思う。
人マネは失礼でしかないから、日本も結構やられてはいるけどね。

ただ絶対許されないのがベッキーに対しての回し蹴り
女性のしかも腰部に打撃を浴びせるのは人権蹂躙とさえ思える
人間は自然に逆らい二足歩行になった時から腰部は弱点になった
赤ちゃんを育む神聖な場所と言う意識さえもない。
、腰痛持ちの私から考えても腰が痛いときは
たった1キロの重さで骨が擦れるような痛みで激痛が走るわけで

あり得ない暴挙としか思えない。


個人的にはユリアンレトリイバア(イとアは小文字)は好き。

災い転じて福となれ

あけましておめでとうございます。

お正月感もあまりない感じで2018年の幕開け。
良い一年になりますように。

年末年始とテレビの前に座ったものの、
まあテレビの面白くないことと言ったらなかった。

テレビの内容が年々だだ下がりで昨年から強制的に
払わされてる結果見させられてる、BSなんかも見たりして。
まあまあ逃げ道としたらこのBS系列でしょうか。

今年の紅白は司会も良かったこともあってチャンネル切り替えても
結構見てて後半は珍しく熱心に見ていた。

ただ何で白組が圧倒的大差で勝ったのか全くわからなかった。
共感で見るテレビから、違和感満載で見るテレビへと変わり。
他山の石のような存在のテレビへと変遷。
BSだっておかしい、クールジャパンランキングとかやってたけれど司会者「どこが良いの?」の
連発だし、ドッジボールが二位って言うのも、、、褒めてんだかなんだか
日本下げのテレビだったら視聴料払いませんよ、
見させられてると言う料金システムであるからにはこちらも言う権利がある。

BSは熊本の地震のその後を放送しており、長周期パルスの恐ろしさ
これが大都会の超高層ビルで起こったらどうなるかをシュミレーションで再現

免震システムががこれまでの物では全然ダメでついには
揺れたらビルがその間、空中浮揚する
なんてものを研究し、造っていたり
地震は本当に見えない水面下だから、日本は災害大国として
耐震対策は必須、着々と研究を進めて災害に備える、
備えあれば憂いなしの日本は、災害大国として奇しくも主人公であるから
逆に主要な国として貢献し君臨すれば良い。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード