安易に流行を作るな

トチ狂ったように浮き足立って流行に便乗、飲食店に並ぶとか、人気の売り出し商品に並ぶとか
中には人が並んでるからと、何かわからずに
ぼうっとした精気のないゾンビみたいな目をしてでも並ぶ。

そうこうしてるうちに、無くなるはずがないと思って疑わなかった老舗のような
お店が、商品が、食べ物が、リニューアル商品に取って代わる。

要るものだったものが、懐かしいと言われるくらい奥に引っ込んでしまってる。
それらのものは無性に食べたくなるもので、大切で、愛着のあるもので
時に話が弾む、知る人ぞ知る、感嘆に値するもので。

薄く、広く、にわかに流行ったものじゃなく実力のある定番のもの。
そんなもので上塗りして大事なものを消して欲しくない。
今の流行は、重要文化財への落書きみたいに定着しないもの。

ちなみに猫ブーム浅はかなネーミング
猫は古代から居て、定番であって、空気のように必要不可欠。
知ったかぶりする犬じゃなく、わかっていても涼しい顔する
猫で決まり(笑)
スポンサーサイト

他人の分まで責任持って喫煙して

喫煙者たちについての続きの意見。
喫煙してタバコが起因の病気になった人たちが健康保険で治療をするのには
疑問だし、反対。

こういった人々はきっと肺などの病気になっても色々と言いわけを言いあぐね、
「タバコが原因じゃない」とか言う気満々なのだけれど。
自業自得での病気に保険適用はおかしいと言う意見を聞いて
それはそうだなあと思った。(元喫煙者男性の意見)
確かに好き好んでタバコを吸い、好き好んでか自分だけは例外と思い込むのか
病うものか、と根拠のない自信と自制心の無さから吸い続けた結果
結局のところ病ダレになった時
なんでこのような方たちが健康保険で医療のお世話のなれるのか
吸い続けることに責任を持っていただきたい。

父も40代でタバコはやめたが、
結局は後に問題になる受動喫煙の張本人で心臓のカテーテル手術をした。
医者に面と向かって心臓がボロボロですよと言われ、、
それでも運良くボケることなく80を超えても元気な方なのだろうが
わざわざ自ら作った不安を抱えながらの老後は辛いものがあるようで。

喫煙者は自信を持って吸う権利を主張しないで
自己の健康被害、受動喫煙者の健康被害責任を持って
それでもタバコを吸うのならタバコ税ももっともっと増やしたがいいと思う。
国にとっては都合のいい喫煙者からのタバコ税は大事な財源だろうから、
日本の国民にとって悪いことが国の財源なのだから規制は進むわけがない。
そしてそのスタンスのせいで日本ではタバコのイメージが良いもののように扱われている。

飽和状態が長過ぎて

収納はあればあるだけ物を詰め込むのみで、収拾がつかなくなるのも嫌だ
キッチン戸棚もあるのだし充分なのかもしれない。

ギュウギュウ詰めしない余裕ある収納を心がけたい。
書類が多いのも考えものだ、これも随時整理していかないと。


受動喫煙、日本は喫煙者に甘い、アメリカとは随分違うのは
アメリカが訴訟による裁判国家だから。

日本では裁判にならない、
タバコを吸う人が自分の健康を犯してでも国に税金を払いたがるからだろう
こんな身を呈して国のためにお金を払う、国にとってはなんとも不思議だけれども
ありがたい存在なのだと思う。

だから、喫煙する人をそんなに攻めずむしろ擁護して
受動喫煙の問題を訴える人を罵ったりするのだろう。言うなれば陳情申し上げてる(国民)人を
ヤジで妨害するなど議員にあるまじき行為と思う。

民の味方である議員が国の味方をするなんて論外。
国は不健康も野放しにするし少子化問題も野放し
期間限定だったのにとっくに過ぎて、色々塗り過ぎて絵の具のどれを塗っても
グレーにしかならないから、国民も飽き飽きし出してる。

地震のことを久々に話していたら

ちょうど新築の自宅の内装を改めて見て、
随分収納の少ない家が建ってしまったと言う感じだった。


地震があったからこそ壁面収納とか増やしたかったのに
各寝室にクローゼットがあるのみでリビングには全くない、
最近の家はこんなものなのだろうか。
おとといなんて揺れたと思ったので地震速報を真夜中に見てたら、やっぱり出た!
「み、宮城?」熊本じゃない!なんてこともあった。

これではちょっとした家具を入れなければならないのだろうかと悩む。(絶対に置かないけれど)
以前の家では背の高い本棚が地震の揺れで耐震グッズの突っ張りくんを跳ね飛ばし何にもならず
でも、揺れることで両扉が開きその扉がつっかえ棒になる形で
不安定な傾きにになりながらも倒れなかった。

真横にあったのだから相当に危なかった、(昨日もこの話をしていた)
危ないと思ったので横に一応ゴロゴロ転がっては見たのだけれど、、
家具は極力置くべきではないと言うのが地震を体験した者の感想。
だからこそ壁面収納にこだわったのに、パントリーもダメだったし
構造や間取り的に作れなかったのか、なかなか使い勝手に工夫が要る。
主人の、こだわりの仏間が原因なのだけれど、本当に悩みの種まくのがうまい。

とにかくこまめに物を溜めずに捨てるとか、元から買わないとか
リビングは購入予定のテレビボードのみで辛抱するしかない、固定くらいはやってもらいたいものだ。
地震、大雨浸水などの恐怖から構造強化にお金がかかり過ぎて
どうも内装に響いてしまった。

大阪の方々にもかなりお世話になりました、今回の地震は本当に痛ましいことです。


未知との遭遇

最近NHKで地道にやって、民法に返り咲く芸能人の多いこと。

北朝鮮とアメリカも傍観者、第三者の目で見ると主観が消えて冷静に見えてくる。
北朝鮮ド素人のトランプ大統領は見誤った評価をしてしまった。
もしかしたら逆で、会っただけで関わるべき人物ではないと見限ったか。
相当時代も遡った異邦人に出会って面食らったのではなかろうか。

対処法も何も浮かばなかったからあのような投げやりな発言になったのではと、
考え方から自国のピーアールの仕方から国民性からして未知すぎる。
ゲームで例えるなら
今まで見たことも聞いたこともない対戦相手ラスボスのような。
だから日本に丸投げした。

アメリカは全然安全になんかならないのに、
「失敗だなんてどの口が言うんだ」って自問してると思う。
怒ってた時のトランプ大統領までは良かったのに急に北朝鮮にデレデレし出し。
残念の極み。

バランス崩すと存続は無理

NHKでは100分で名著
カミュのペストを取り上げてた。
異邦人の方は読んだのだけれどペストは読んでない。

異邦人は理不尽と不条理の世界だから精一杯の常識(当たり前)を根底に保ちつつ読まないと
辻褄の合わない夢を見てるような、妄想のような
気分の悪くなるような世界が展開される。

共感できれば主人公になって読めるがどうしたって
傍観者の立場でしか読めない内容だった。
こういった思考しかできない人間として生まれてきたらと思うと、

テレビでのあらすじ「ペスト」の内容が今の世界になぞらえるようで空恐ろしく。
なんとなく先が見えるようなのに現実味がなく

なんとかなる状況もとうの昔に過ぎ
嵐の前の静けさは今の世界情勢に似てるようで。


世の中が変なのには、圧倒的に変だということに気がついているのに
何も出来ない する気にもならない

一番悪いのは感情のないものがこの世を支配してること(また脱線)
資本主義が度を越して、モラルも超えて
お金に支配されるとみんなが犯罪者的になって、
お金のないことも
同じで。

だからと社会主義が良いとは思わない、独裁者が生まれたり結局は
独裁者が一人資本主義を取り込んでしまうから、
一人だけ資本主義の美味しいとこ取り。

日本はあまりにも自由にものを考え過ぎてると思う。
犯罪につながるような思いを自由に持ってはいけないと思う。
教育とか環境とか大事なのに、表現の自由とはなんたる矛盾。
バランスあっての宇宙。

マスコミの飽き症

連日の話題は日本大学の悪質タックル問題、、、いや
ドンファンと呼ばれた野崎さんの不審死、、いや
アイドルグループの活動自粛。

生まれたてのホヤホヤの話題に飛びつくばかりのマスコミ
毎日毎日中華料理みたいにくるくる回してる。
被害者に対して同情意識も薄いから人の噂も75日と思って取り扱ってるのかと。
所詮興味本位、旬の話題が一番儲かる(笑)


女性を物みたいに扱うから結果扱った本人までが物のように扱い返されてしまうのだと思う。
女性の人間性ではなく若さや容姿でしか判断できないのでは
国語の成績も酷いものだったのだろう、こういった考え方は蔓延していて
日本での容姿や年齢重視思想は女性の中にも蔓延中。
ただ口に出さなかっただけで、お金持ってたら女性は寄ってきてたかも。
それは、単に「大金」
大金にだけ引き寄せられるのは大抵は良い、健全な真っ当な考えの女性ではない。
わざわざお大金でもって性悪を選りすぐるのだから世話はない。
毎日悩まないのだろうか、自分ではなく大金にハートの目になった女性に。
同情が出来ない事件だけれど連日身につまされたかこの事件には興味が消えないらしい。
犯人が分かった時点で蜘蛛の子散らすマスコミだろうけれど。

ブサイクな男は御免です、イケメンじゃないの〜ってがっかり。
あんまり鏡も見ずに女性の見た目だけで評価の癖がつくと
ブサイクにとって、とても生きにくい世の中に変えてしまう可能性があります。

中華料理の満漢全席並みの話題と飽き症で、振り回され気味の国民だけれど
飽きないのが自民党総理安倍さん叩き
トランプさんとの交渉はどうしたって頑張ってもらうべき時でも
党内から足を引っ張るものが出る始末。
世界でも一筋縄ではいかないのが相手、各国の首脳陣達
一体トランプさんに釘がさせるような関係なのは誰だと聞きたい。
もっとも政治には手練手管は必要だし感情でものを考えるより
日本の国益のみ考えて
政治を見てないと変なタイミングで船長が居なくなるなんて恐ろしすぎ。

国の趣味嗜好がバラバラになりすぎて居て
あからさまな詐欺師口調のCMにも目くじら立てない
なんでもありの日本になりつつある。
りんごの第二弾
レコードが壊れたような引っ越しのサカイのCM
これもまたツッコミどころ満載いつもカップル同士の本音がわからない、変な作り。

悪意ある番組が

どうやら腰痛は治ったよう、以前は尾てい骨周辺が相当に痛かった。
文字どうり尻が痛い状況。

椎間板ヘルニアの時はコルセットが逆効果で付けると痛くて仕方なくて高いのを買った割には
即、不使用状態になっていた。
でも、今回のはコルセットが(痛みを軽減)良く
骨盤を締めるマッサージ的なことがとても効果的だった。
運動みたいなことも含め
寝ると足先がVの字に開いて居たのがまっすぐになった程。
腰痛次第で効果にも向き不向きがあるものだと改めて感心した。



犯罪が本当に趣味嗜好が色濃く出始めてきた。
人は知能が発達するほどに犯罪から遠のくらしいから。
日本の教育が相当に要らない教育が多くて必要なことが欠けてる…
というよりも、テレビの影響だと思う、それとバラエティでの
タレントたちの感想。これが日本の常識になりやすいからだ。

かわいい子が出てくると素直に「可愛いい」の絶叫で
そうでもない子には「シーン」静まるスタジオ
どう考えてもおかしい、単純思考のおばか國。
教育は人を容姿で判断するなと教わるのに、芸能界が真逆を強く提唱する。

私は綺麗事と言われようと容姿で人を判断しない
ただ、美意識が働くからハンサムやら美男美女には初めから高く見積もりがちで
一度印象が落ちると落差の酷さはジェットコースター並。
急降下、歳をとって顔が劣勢組に入ってきた時もダメージは大きい。


日本の教育はテレビの影響が強すぎてドラマもみんな似たようなストーリー
ラブソングも、3日麻疹の発疹のようにすぐにおさまり、冷めてしまうのに永遠を歌うし。
だから嘘つきと言われるし、
大げさで陳腐と言われても今や定番化。
日本人をそそのかして無力化しようとしてる、悪意ある番組がある。



都合よくタイムスリップ

通販
今までは買って失敗と思うことがしばしばだった
でもここの所、買ったものが案外劇的に腰痛を改善させたりとかして
考えが一変する出来事あり。
いいものを作っているにもかかわらず日本は物が溢れかえっていて
何もかもが同列に扱われていて、本当に凄いものが紹介されていても
商品自体がボンヤリしてしまっている。

決して商品開発力が落ちてしまってるわけではなく
ラインナップの中にも商品に対しての格付けが曖昧になっていて、はっきりしない。
またテレビでもどう考えてもどうしようもない商品が
ラングセラーのように取り扱われているし。

番組の中まで商品の宣伝、俳優さんなら番宣で。
挙げ句の果てには、叫び始めるCMまで、声に特徴あるし、耳障りで仕方がない。
しかもセリフが長い、即(消音ボタン)
売れるものは宣伝なんかしなくても勝手に売れるもので
一人一人が宣伝を買って出る、口コミというもの。


話は変わるけれどあの有名な政治家の方なんで帽子を被るのか疑問
全然似合ってない、どう見てもマフィアに見える。
としたらマフィアに悪い印象がないということか、真似するくらいだから

男の人は何故に乱暴者の頂点に君臨することに憧れたりするのか、
スポーツ界でも昔の軍隊みたいな口調やら体罰を密かに継承し続けていたり、
攻撃はしても人を守りはしない輩が多くて。

ただ一つ違うように思われるのが
労働者として強制連行とかに憤慨しているが
昔戦争で強制的に扱われなかった者が存在したのだろうか?
居たとしたら首謀者ぐらいのもので、それでも結局最終的には
同じような末路を辿ったと思う。
昔の話ならばわかるけれど、今もそれが続いていたなら時代錯誤。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード