解るものだけ

台風前夜、あまりに静かで無風、依然として夏空、半袖の人々。
嵐の前の静けさ。

さすがにこの歳の誕生月になると複雑気分
小学生の低学年時期、誕生日の誕生会には母が招いた先生が居たりして。
なんだか社交の会と化すことも(苦手な先生だった)
母親はすごい、これがきっかけで先生からの風当たりが断然変わったのだから。
そんなことも思い出しいの
でも、ここまで来てもやはり誕生日は好きではなかったし。
子供でもいなければ完全に忘れてしまいそうな年中行事。
主人は元から例え自分の誕生日だろうとこのような記念日に、
これっぽっちも思いを巡らすような人ではないし
私よりも自覚のない誕生日失念症。
誕生日に仏壇に供えるお花買ってくる人だもの。

他人の誕生日だろうと生まれたことを重要視する自分には
理解するのは無理なお話。

でも、「まだ言うか?」のはなしが
貴乃花親方一連の事件最終的には絶対に悪が負けるから
今は多勢に無勢でも、世論の大半は貴乃花のやり方、
いくら言い分が正しかろうが今一気に入らないだけで。
歴然(黒幕は大物)とした、悪いものが最後まで栄えるなんてことは絶対に無いから。

ムカムカするおむすび山が
スポンサーサイト

その他大勢が不甲斐なさすぎる

貴闘力さんが面白い
「よくぞ言った」と朝からスッキリ。
正義が通らない日本
いじめが横行する日本
これぞ世界共通の今の主流のリベラル論調でっせ。 ?
しかも連日発掘されてる古い保守派の起こすパワハラ問題に一番当てはまる構図が
この貴乃花親方が巻き込まれた一連の事件。日本でも大親分的な問題。
世界の流れから行けば、こちらリベラル側いつも優勢なはず

それなのにああそれなのに、出てくるコメンテーターの腰抜けぶりよ
元お相撲さんとは到底思えない人やら、明らかに協会の味方。
「話し合え」の一点張り、話し合えですって? ちゃんちゃら…

よくある会合での一幕、自分も経験者
強いものが白といえば白、例えそれがれっきとした黒カラスであろうと「白です」と。
真面目なやつは面白みがない、例えそれが笑えない面白みであろうと
そこは「笑え」と。
それなのだからハハハハハ、涙、、である。
そして決定事項になる、これが今の日本で当然の成り行き。

太鼓持ちたちが多すぎてもう太鼓がないんですけど、 作ります?


樹木希林さんが亡くなって今頃思ったのがすごい尊敬に値する人だったってこと
面白い役者さんのイメージが強すぎてわからなかった、今頃樹木希林さんのお言葉として
番組があると録画
迎合しない強さとか、絶対に染まらない歴然とした意志とか、
なおも自分の姿にご主人の鏡を通して悪を観るのだと、一体どこまで自己を
知り得ての言葉か己に厳しい、自己が解らないしこの境地にまず至らないのが普通、
そして思いやりもある、ユーモアも。
本当に死ぬ死ぬ詐欺と思ってたくらい散り際まで綺麗でかっこよくて。
すごい人だなあと思う、気がつかずいた自分が残念すぎる。

「東京タワー、オカンとボクと時々、オトン」この時希林さんの芝居がすごいと思った。
本当観ていてよかった。

林檎殺人事件も永久保存。

慣れないことと慣れすぎること

でも、夏場乗り切ったと思ってた体調が気が緩んだ途端に不調に陥る。
暇が出来た途端、気がついただけかも
なんとなくみぞおちあたりが不快。
いつも思う、気分が良いか悪いかはみぞおちあたりが決めていると、

単に胃が変だと言うわけではなく、気持ちが踊るとか大らかで安定感があるときも
みぞおちあたりが決めてると思う。胃と言うか心持ち、こんころもちって言う響みたいな
そんな感じ。

また、テレビでは大坂なおみさんの話題でしきり。
ひるおび!なんかの取り上げ方は人を分析でもしてるみたいで
こうやって視聴率の寿命を短めようと一気にターゲットを定めて、多用して
知り尽くした気持ちになって、飽きたら次。次。
と、やる

大坂なおみ、マツコ、芦田愛菜、綾瀬はるか、三浦春馬、上田晋也、笑福亭鶴瓶
思いつくだけでこれくらい、
今、テレビを聞き流すか消させる私を
ついぞテレビを観る人にさせる有名な人やらタレントさんら。

この人じゃなきゃ面白くならないドラマ、という点ですごいと思わす綾瀬はるか。

カーテンやブラインドの威力しみじみ

ようやく新しい家にも慣れてきたし、整理整頓もしやすいシンプル快適な
住まいになりつつ有るが
カーテンがない状況は新築の場合窓数が多いだけに
早めに取り付けておくべきだったと思った。
引き渡しからのオーダーだったために不便極まりなかった、
(引き渡し前のオーダーが鉄則)もう二度とないことだが。

納期が二週間ほどなので内装店でのオーダーとしては早い方だったが
何せ本当の意味での断熱具合がカーテンが有ると無しでは判別しづらく
真夏で有るだけに窓からの熱は半端なく降り注ぐわけだし
カーテンの遮熱効果はレースカーテンでは凌げず。

本当の意味での引っ越しはカーテンが出来上がった後
一部雨戸いシャッターの閉まった家、閉塞感にもほどがある💧

これもハウスメーカーは初めて新築を建てる
施主にはアドバイスして然りと思った。

出来上がるのに時間がかかりすぎるから外観も見栄えが悪くなる
何せ窓からの風景がいまいち全貌が見えてこない、カーテンが仕上がってからが
倉庫から家🏘に変身する瞬間と思う。
カーテンは偉大なり、なんの家具🛏よりいち早く取り付けるべきもの。

テレビ離れのきっかけは大音量長ゼリフCM

熊本地震の二年間の集大成を個人的ながらもブログに書き記した直後に
北海道の大地震、衝撃を受けた。
大地の大きな裂け目など阿蘇の地震や、南区日吉、東区の液状化現象を
目の当たりにしたことも思い出された。

今年は休む間も無く次々と自然災害が起こってるような気がして
いくら機械が未来化したような生活になっても
自然が起こす猛威はダイレクトに人々を襲って
今後何が起こるかなんて分かったものじゃない。

そこに大国の物分かりの悪い至上主義、
イソップ物語に出てくる愚かな人を一人で全部演じてしまってるような
ロシアの目論見通りの
トランプ大統領そのものの懸念、世界に環境に、多大な影響
しかもそれに関しては後ろ向き政策、
分からず屋、なんでこう言う人を据え置くんだろう?
意味が全然わからない。



閑話休題
いつものことですが
CMの変な抑揚しかも大声、長ゼリフスマホのCM、寿司のCMにも起用
始まったら即、消音、叫ぶしか買ってもらえなくなってるの?
見たい番組が始まったのも気がつかず見過ごす、このどデカく叫ぶ良く通る声
しかし内容は全然入ってこない、だったら、、
人命救助等で活用した方が全然良い
人助けには犬より人の声の方が通じるかも

そんなこんなでテレビ離れ、何や彼やでラジオを見直している
どちらも災害の時は必需品。

地震後二年間の集大成

熊本地震の大揺れに伴い自身の身近も余震(余波とでも言うか)
二年間みっちり動かされた。

ゼンマイ仕掛けと言うか動かざるを得ない、
この押しても引いても動くのに相当な労力のいるこの私が
周囲は(家族)皆、仕事優先がトッププライオリティ

見えない力に突き動かされた二年間だった、
思い描いたことが実現の形になって現れた顕著なもの
それは土地であり、家の外観から内装設備に至るまで。

そもそも地震直後からあまり快適な新築住まいを考えていたわけではなかったが
テレビで父と息子さんの被災者家族が映し出された時、
清潔な快適そうな新築のアパートからの放送だったのを見て、
自分もこれを要求しても良いのでは?
今まで暗くじめじめした家だった、そこでは体を壊してばかりだったし
アレルギーも、なんとなくだるい、何より動線も考えてないから。
ものが多く、ごちゃごちゃしてるので頭の中もごちゃごちゃ、日当たり悪く
人も呼べない、思い出すだけで劣等感呼び起こす、家で、人も遠ざけた。
そう思った時、珍しく良い物件を要求して見たのだ。

清潔で有ると言うだけで(前の家は掃除してもきれいになったと言う実感がない)
何よりシミや色あせはどうしようもなかったし、シロアリにも悩まされた。
そう、こまごましたお直しでお金がやたら掛かる家だった。

新築アパートは快適で何より気分が上がった、食欲も出て
遠くまで歩くと気分が悪くなっていたのも引っ越してから良くなったし。

「思考は物体で有る」は家を建てた時実感できるみたいだ、
思い描いたことが形になった。
いずれ建て替えなければいけない傷んだ家ではあったがまだ先かなと思っていたし
工務店やハウスメーカーとの何度も何度も繰り返す話し合い、
耐えられそうにないと思っていた。

それが、住みやすい家からの出発は英気を養ったのか
ましてややり直しを要求したり暑い夏場エアコンもない現場での話し合い
良く耐えられたなと、ほぼ自分の要望であり、外観へのダメ出しや、今は外構
家の者はとにかく家より仕事優先、ま、それがないと家が建たない!
全部任せると言われた、(仏間だけは別)わけだけれど、

老後の預金も投げ出す勢いの出費だったが、地震前からの予定ではあったのだからしようがない。
想像を形にする手伝いをするのはハウスメーカーだし、大工さんだし、関わるたくさんの人たち
お金を出す以上、「要望に答えていただきたい」と考えると感謝を忘れた言葉になったり
したのですが
日本で支援を(国はずいぶん四角四面だったが)受けられた感謝と、
日本の国民の皆様、それに世界中支援してくださった方、心を寄せてくださった方々に
改めて感謝申し上げます。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード