美しいものへの憧れは少女のものとは限らない

タイトルは(郷ひろみの)歌の歌詞、検索したけど見つからなかった。
夕方6時以降の楽しみといえばYouTubeなのだけれど。
筋トレなんかも見て実践する時間に充てている。

中でもAAAの西島隆弘、西島隆弘Nissyを見つけたのは良かった。
曲もノリが良くて中には歌詞が陳腐(昔のもの)なものもあるけれど
ラップ的なものはひじょーに軽快でストーリー性ある映像も
若者らしく微笑ましい
「プレィングウィズファイヤー」なんか妖しい色気満載ですごくいい。
ダンスはうまい、歌もうまい、企画力もある、芝居もうまけりゃ一体何者?
男の子(私から見れば)なのに色気はあるし美形で中性的にも見える。

表現力が他の追随を許さないくらい魅力的なNissy
この人は持って生まれた天性的な稀有な存在ではあるのだろう。

前よりも考えが変わったのは人を容姿で判断してはいけないと言う部分。
私の言う容姿はとは親から頂いた「美形と前提の容姿」では無い。
人はウィークポイントと捉えてる部分だって内面や見せ方の工夫で
他にはない魅力に変換することも可能で
いや、容姿はその人の努力の表れだし長年の経験(ダンス歴など)
表現者の研究とか、自分の見せ方.
「美しいとか、かっこいい」とは年代じゃないし内面がにじみ出るもの
経験上結果を多く見る機会からそう考えるようになった。
これから私もどんどん老ける、でも努力は怠らないでおきたい、
目も当てられないような老け方だけは避けたいから(笑)
もう年だからと諦めてだらしなくお腹ダルダルに太って、
緩慢な動きをしてる怠慢な人間に美は永久に関係ない、人にも求めるなと。
「人を笑うなら鏡を見て言って」と。。
若い時怠けていると年配になったときよくわかる。
自然な美が映える生き方が良い。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード