日本が根幹から解体される勢いの

電話相談したとき労働基準監督署にはチェック機能がないとか言っていたが
どうやら人員不足でできない、しかもそれは国の意向らしい、
ここも民営化ですか? そうしないと機能しない。
現時点でチェック機能があるとしても抜き打ちではないから
資料等隠蔽されたら意味がないらしい、事務的の極地。

「獣になれない私達」でもこんな
パワハラ社長が普通に存在するなって思ってみてた←最近まで実在(笑)
だから笑って
いや、笑えないが、最初と最後を見ただけだから
わけがわからんかった(笑)

ドラマは「獣になれないにも程がある」からおもしろくなかったのでは?
恋愛がセットで、初回が変だったので続けて見なかったけど。
タイトルさんがすでに「面白くないよ」と言っている?

ブラック企業も今や政府のお荷物どころかそうなるべく放置プレイ、
政治家の中に米の大統領みたいな政治家でないビジネス目的の
ビジネスマンがいるらしいのだ、いや居る。

政治を私用目的に使うなんてなんて大胆な、
ワイドショーが元貴乃花親方で持ち切りの時は
何かとんでもない法案が通ってるってのも偶然じゃ無かったりして。

話変わって、個人的に
辺野古移設反対って、じゃあ普天間でいいわけ?
ローラさん全体像を見て発言してるのかな、
危険な普天間はそのままで?
これからはテレビを見るより信頼できる著者等選択して
いろんな書籍なんかも読んで
本当に正しいことを書いてるのは誰なのか知識積み立てて
情報も取捨選択していかないと
反対意見からなにからが突然足元を崩しに来て立っていられなくなる。


嫌な政治家が自民党に何人か居る、しかも有力者ときてる、
国民には有名人=良い人と写っているかも。

これなら野党の方がなんぼかマシ、95%ほど入れ替えて欲しいけれど。
外国人労働者雇用、単純に何の懸念もなく可決。←野党も賛成してたような。
少子化問題も全く解決できず、女性が活躍する?
どこで?お家で? 私大活躍なんですけど(笑)
男女平等も先進国でも最下位クラス(恥)

どれもこれも良い雰囲気になって来るのは
意欲だと思う、意欲を喪失させてるのが反日を黙らせられない今の政治。
こんなに大きかったらだれかのせい、それは反日放置の政治。

やはり日本はおかしい2

日本の企業戦士達が毎日の仕事に追われ他のことが考えられないくらい
憔悴しきってるうちに、日本が水面下で
どんどんおかしなことになっている、
テレビも内容を低レベル内容にして
知的国民のテレビ離れを起こさせて、しめしめ←ばれてるのに。

マスコミはいつも下世話ネタしかも国内のみの、
国内でしか通じない芸能ネタで終始。

芸術や音楽は糧だから大事ですが。

そのほかについては、そりゃあバカになりますはな
毎日開いてる教科書がバカなんだもの(笑)それでしめしめ
ほくそ笑んでいるのは
日本国民は国内の大事なことに気がついてないと見た
欲にまみれた資本主義の権化達。

この人たちのビジネスチャンスを伺う目は巧妙且つ狡猾で。
環境問題にも自然災害が度重なる程に先進国の知恵があるのに、
果敢にチャレンジして来る(笑)

だから慣れてない日本の先行く大人達の
目新しい大変な事態が起こったとき
余りにも不安な為誰も経験もしてない近所の人に
どうだか尋ねて見るのだと
大まじめに言っている、そんなレベルなのだ、皆、大抵が。

考えることをしないでご近所さんにお伺いを立てる、
そして挙げ句安心してしまうから始末に終えない。
ここ日本の政治
日本の理想的共同体の自治体を
米によって変革されたGHQ構想が今の日本の政治の基本理念だから
井の中のかわずだし、妄想の域を出ない、未だにの戦後政治。

これからの政治はすでに米ではない
他国により(信頼される)データベース化された。
未来を基軸にしたある程度筋道の通った
道を歩くべきで、日本のように真の最先端民族の誇りを失い
欲深を起こして右往左往すべきでないと思う。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード