表現難し、、つくづく思う

嫌な予感はしてましたが
映画「ユリゴコロ」を観た。
あまりに 沼田まほかる
原作と違う。

心情表現が秀逸な作品なのに
作中の台詞の違うことよ、
作家になりかわって別のことを訴える勢い。

借りてきたDVDも映像が流れてるだけでもうもはや観てもいない、
小説からも聞いた覚えも感じた覚えもない映画が
今クライマックスのようだ。

映画だけを観た人は衝撃シーンだけに気を取られて
この方が面白いとさえ思うかもしれない。
だから衝撃的映画との印象ばかり目立つ評価。
息子が怒り狂って絶叫するような作品じゃ無いし、母親は整形もしない。

とても温かい感覚に包まれて終わるはずが。

DVD、、、なんか終わったみたい。

ネタバレ(小説の方)
生まれ付きのようにおかしな感覚をもって生まれ来る人間
それはいろいろあるでしょう
想像してもそういうふうに生まれたらこわいだろう。
この場合最悪で殺人にたいし罪の意識が
欠落している少女(美紗子)
心の闇の暗黒の中にあってもそれでも人は成長して行く。
一般的でない人の内容で、しかも特殊な人物の。

要約して書くと
冒頭の台詞「私のように人を殺しても何とも思わない人間は
どこか他人と脳のありようが違うのか
人はホルモンなどの影響でいろんな感情を有す、
ならば将来薬でこんな自分を治すことができるのでは? 
ならば私も飲んでみたい」
      ↑
台詞で、他人には言えそうもない自分でコントロール出来ない
感覚に戸惑っていることが解る。
そのようなことを書き記したノート。

ここから、感想。ネタバレ
美紗子は実は感受性がとても鋭く、満たされるべき心が
空っぽなのでは無かろうか幼い頃に満たしておくべき
愛のようなものを全く受け取れていないで。

もしくは愛だと感じられずにいる、だから分からない、
殺人を犯しながらも成長の過程で人(ワタシ)対人(アナタ)
、二人称(アナタ)と呼ぶ人が出来るようになることにより
美紗子は変わっていく
空っぽを満たした人として、
そしてアナタと息子亮介、千絵を守るようにまでなるのだから。
しかも感情を持った、おかしそうに笑う人にまで。



作品の映画化は
人間が闇として持つ魑魅魍魎さを現す力量がいるのだから。
相当な心理学的、病理学的見地に立ってみるべきで
複雑な心理、病的部分がただの阿鼻叫喚作風にて終始して、
観てる者はそこに捕われてのみ終わる。
私個人の思い入れたっぷりの小説の世界観が、、
全ての興味になんて合わせられないのだ、としたら違いすぎる。

病んだ現代にマッチしているし今まさに課題でもある
白昼夢を生きてるような現代社会
読み解くほどに感受性と真理とを取り戻せるヒントになるようで。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード