オキシトシン

もっと話したほうがいい事が山積みになってる。
余りに口にしなさ過ぎる。
男女間の開きは日本人のおとなしさも
手伝ってナイル河くらいの川幅に(笑)

恋愛観でもそう、相手にもう少しハッキリ
脈ありか脈なしかを早めに伝えてあげないと
妙な頑張りで張り付かれても相手方はその気無しなら
次捜す時間の無駄でしかない。
いくらなんでも
好かれてる?
好かれてない?
の段階からわからな過ぎの迷走状態解消してあげて。
ハッキリと好き、今はありえないとか、嫌いとか。

自尊心高めは相手が出してるネガティブ感情さえポジティブにうけ取る。
おめでたい。
それは嫌だとか言わな過ぎ、
そう言うこと言わないのが優しさや女性らしいとかじゃない。
言わないとわからないのが特に男性。


最近常に考えるのが「オキシトシン」日本にはこれが大いに不足。
一方通行のショベルカー走行そのものの押せ押せ走行で逃げ惑わせ
挙げ句に捕まえるのも一つの「良い」パターンだと思ってる。
オレ押しが強くてカッコイイ。

動物相手にオキシトシン出せてる相手か否か
子供相手にオキシトシン出てるようですか相手の方
パートナー相手にオキシトシン出る?出ない?(笑)
段階おいて見極めたが良い、これは結婚前に絶対に調べとくべきだ。


魂に性別は無いのだろうなと思う今日この頃、
そと見がどんだけ人を惑わすか、(そういう自分も結局こだわってる)
でも、男性と話してるとこの人、言葉の選びや所作に女性的だなと感じたり、
女性の中でもこの人男より男らしいぞと、感じたりは日常的だし(笑)
自分自身でもどっちも居るみたいな、
まあ女性的だ男性的だなんてのが
一番信憑性のない人間がつけた後付け味付けなだけで、
男性にとってその方が都合がよかったの。


本当なら
進化していって男女のこだわりがなくなるのではなかろうか、進化なのだから。
「こだわり」は進化を妨げてる。
結婚して子を産み育てる形式に一定の倫理観や秩序は要るだろうが。

ああもう進歩しない男にはうんざり、
今度生まれ変わるならば女を選べる男にしようとか思ってみたところで
特にこのままの女性が選びたがらぬ日本男児のありようじゃ選ばれもせぬだろうて
(今、現に結構居ますよ)増えに増えてマイノリティーとかじゃなくなったりして、
生まれたとたん死活問題に遭遇したとか笑えないし
だったら男に生まれ変わってもなーんの意味も無い。
生まれ変わる前に改革しておかないと。
まず生まれ変わるというあれがなかった(笑)

大袈裟だけど話せばわかることもここまでこじれてる。
意識改革しないから。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード