共感性

共感について書いてある記事に共感性が高いことは良いこと
みたいに書いてあったが、わたしはどうだろう?共感が今の規定のそれならば
私には共感性はあまりない、といった感じか。
表情を読み取る?裏腹な顔する人もいるから言葉と表情と動きと総合しないと。

どういう気持ちか読み取る努力だけはするけれど。

相手が嬉しいと自分も嬉しい、悲しいと悲しい、なにもかも相手に合わさったように
なるというのなら、違う。
例えば宝くじが当たって喜んでいたら、一緒になって喜べるかって?
自分ではないのに自分のことのようには喜べない、さすがに同調はしても心は弾まないだろうし。
さあ当たったお金で何をしよう?とはならないはずで、それは盗むってことです(笑)

悲しさだけは何にしても共感は無理かも、
涙する思いに人それぞれに何が胸に去来してるか
人生の違いが切実に出る場面だし、
泣く箇所笑う箇所が同じなら同じほどお互いとしては共感なのでしょう。

怒っているときも、怒りの原因を聞いてぽかーんとすることもある。
家で(笑)  「そりゃあなたが悪い」みたいな。

ただ、よそでなら同調はする、凄くする、
相手が悲しんでいたら感情に寄り添うように頑張るし
怒ってたら、バカを言って油を注がぬよう(笑)
共感するとは人による。
共感と同調は違うと思うから。
誰にでも共感してたらそれはもう憑依みたいな、一貫性のない変なこと。

確かに共感できないと排除したい(仲間外れ)みたいな形になるものだけれど
思いやりとか、弱いものとか、少数派とか、排除の対照になりそうなものとか
立場に立って共感を寄せることの方が大事と思う。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード