落ち着く場所


パラレルワールドから帰還し、やさぐれ気味のにゃさん。

2階のサンルームで座って本でも読もうかと用意した
クッション猫に持ってかれてた。

夕方なのでこんなものでしょうが日中でもバルコニーが深くて
日なたの醍醐味半減
外から見たらお風呂に浸かってるみたいに深い、バルコニー
雨が(洗濯物)降り込まないために深いしても限度ってものが、、
ここからだと立たないと風景が見えない。
星、お月様、雲模様、目の前が拓けてよく見えるのって故郷時代以来だから。
こだわったはずが、自分の設計見守りミス。

子供時代は世間ってものが眼前に広がる世界だけだったから
山の向こうに(宮崎県に(笑))自分と同じ思いを抱いた(同胞のような存在)
友達が居ると思いを馳せていたものだった。
そういえば昔10代の頃遊んでいて「この人懐かしい感じがする」と感じる
そんな人にもたまに遭遇していた気がするが、縁付いてるわけじゃないから
その日遊んだだけの友達だったりとか。
どうしてそういうふうに感じてしまうのだろう?
「息が合う」とかだろうか。


主人や子供に聞くとそんな感覚感じたことがないという。。
にゃさんよ

主人とは最初から今日まで関係性が金輪際変化しなかった
エンドレスを未だにという感じ
お互いで短所を見詰め合うという←いや私だけ、、修行中。
なにもかもが宗教に行き着く、もうここまで来たら出家してほしい(笑)迷惑だから。
良いことも悪いことも全部宗教で解決。なにかあると仏壇の前(笑)
人間性はどうした?と、聞きたい(笑)そ、全部(笑)
文句言わずには生活できなかった。言ってるそばから間違うから。
やっぱり

lisa stansfield のAll Woman lyrics
やっとタイトルわかったのだけれど曲聴くとなんてきれいなんだろうって
涙出て止まらない、和訳が意味解らず(笑いが止まらない)
総して何となくに解るような解らぬような(笑)レディ(淑女)ではないが女性、とか?
切ない歌のような。

三行半


夫、男性側からの離婚理由と申立て、
ナーバスな女性の妊娠期間に触れた問題。

こういうの今までも何回かあった。
家(うち)だって歳の差婚、ちょうど良い奥さんには若いほど相応しいのは
若かった私に主人が急ぐ婚姻からも容易に察しがつく
当時散々そうではないと言い張ったがどうにも怪しい(笑)

過去にも小林聡美さんの元旦那、小泉今日子さん元夫妻(詳細はわからない)
前者は子供が欲しくない旦那さんだった様子。
女性は人生上妊娠期間が限られていていつまでも脳天気に
妊娠可能時期を見送っていい男性とはわけが違う。

男性だって精子に老化みたいなものが有るし外国なんて肥満遺伝防止の
DNA活性化狙って日々スポーツジムで自転車漕いでるんだから。
生まれ来る赤ちゃんにも効果が有るらしいのだ。
男性の無関心、女性の妊娠期間の問題任せ切りにも程がある。
子供が欲しいとか、欲しくないは大事な部分で
後出しされた時に傷つくのは女。

磯野貴理子さんテレビで気が強いイメージあるけれど
行列の前司会者にひどくいじられ自虐醸して人気を博し
意外と気持ちが優しい人のようで
こういう扱いを受け入れると女性の立場が向上していかないから
毅然とした態度で意見して欲しいけど日本じゃ無理っぽい。

一番言ってはならない離婚理由と思う、女性の全体的問題として。
これが一番言いたいこと、嘘ついてでも避けてほしい、心理的にも倫理的にも。
不妊が男性サイドの問題として有ったとしても上がって来ないからわからなのだ。
こういう時に優しさ寛容さを女に求めないで欲しい。
自分ならこちらから三行半。でも本望かも。
切ない、やはり大人なのはいつも女。

清濁併せのむ

膝痛には靴選びも大事、クッション性の
良いものを履くのでもうおしゃれな靴なんてぜーんぜん。

アメリカのスケッチャーズ(おしゃれと思う)なんて履いた日にゃもう
それ以外なかなか、硬いので歩き回ると途端に膝に来る。
その点、軽いし、サンダルなんかも出ているしUSAの物などあまり購入しないけれど
スケッチャーズこれは腰痛持ちにもとても良い。
サータのベッドも腰痛持ちには良い。

アメリカと言えば外交
外交の長けた総理大臣なんてこれまで日本にはなかなかおられなくて。
自民党もいろいろ懸念するところが有るのにこりゃ当分無理なのかな。
節操なくトランプさんの相撲観戦シーンに盛り上がる旦那。
アメリカサイドのイメージの相撲なんて勘違いの塊、
闇雲に食べ怠惰に太った人のプロレスイメージだったのだから。
今はどうだか知らないが。
大統領の表情「これスポーツなの?」早い決着に物足りなさ感じてそうな(笑)

トランプ大統領と新天皇陛下、皇后陛下と皇居でお会いになられる。
皇后陛下も外交にせよ世界中の人々に深い思いがあられる方
いろいろと御苦労された分、
(おこがましいのですが)より皇后陛下として相応しくなられたように思われ
日本の象徴として皇室がよりよく保たれて行くことが国民の願い。

政治の話に戻ると
世界の均衡に善悪は二の次なのでしょう、
元首の歓迎式典
どのように感じ入られたかがこの後の首脳会談
日本への要求で
少しずつ判明しそう。

外野は要らぬ暗示かけて面白がるから跳ね退けるの大変。
詳細に調べれば展望やらもちゃんと存在する。

SFチックだけども感傷的な気分

にゃさんがどうやらパラレルワールドから帰ってきたみたいで
性質が別人(猫)になったかのよう。
随分とおとなしく、家出前みたいなはしゃぐ感じが全然見られない。

本当に寝子になってしまい、よく寝てばかり、お外は眺めるのだけれど
その目は空虚で、もうお外に出ようともしない、
見ててかわいそうになって来る。
何があったんだか、鳴き声も小さい、鳴き疲れたのか。
にゃさんは自分を猫と思っていない、どこ行っても同属(猫)と不仲
「何?この毛むくじゃらのいきものは」←(あんただよ)
って見てるような相容れなさ。

それか、外でたら地震前に住んでた以前の地が広がってると思ってたら
何処にもなくって、、しょんぼりしてしまっているとかか

横で寝たがるし、寝てるし、前は落ち着かない猫でしたが。
私もここへ来て変わったからなあ、以前とだいぶよい方にも
ちょっと懸念する部分もあるにはあるが。

しかしあれだけ探して動き回る事が出来たのもうまい具合に膝が治ったからで
徒歩も自転車ももう何処まで行ってもパニクらないから
無理があるのにお膳立て出来てるみたいに事が運ばれて不思議。

引いたおみくじの「願い事」比較的早くすぐに叶います、みたいな文言
すごく具体的なのに当たってた。

自分は嘘つきという正直者
思いやりとか突き詰めたら嘘だから世は嘘つきだらけに。
それは優しさとも思う。
でも、あまり酷いと虚偽の世界になってしまう、日本はそんな感じ。

感受性感じられない裁判官



熊本県は最強の保守派天国。時代錯誤の保守だらけ。
もう完全に違う世界に行ってる。



いじめの被害生徒に11万円の賠償金
イジメ内容のラインも見せて「こんくらいの(この程度の)
みたいな扱い、裁判官に感受性が感じられない。
一人一人の「傷つく」というラインが熊本では決められているらしい。
県知事の樺島さんも同意見で県の主張が認められて良かったと
これから も イジメ問題に取り組んでいきます。
「も」?  取り組んでこれですか。
人の命に対してのコメントがこれとは。自民党は、、

チャンネル捻ればお笑い芸人が
女性タレントに「お前」呼ばわり、汚い声で「がなってた」

「駆け込み結婚」にこの3人以外が出来そうです と発表。
喜ぶ選ばれし3人、
何の根拠もない上に駆け込みだろうと結婚出来て幸せと思う浅はかさ。

テレビの相変わらず地を掘る勢いの低レベル化に呆れ。
熊本県は相変わらずでかい声で「くしゃみ2回」
勢いついてるから凄い爆音に。
私は咳←(変な咳になるけど)に変換して出せるくしゃみ。
突然だからびっくりして思わず
「うるさい」って言ったら、反応してきた、、まずい。。
仏の顔も随分やってたにもかかわらず
そういう万が一が起きやすい不幸な私(笑)
中学生のときもよりによってとか、その日に限ってとか
静かにしてるのになんか目立ってしまうという特技も、、(笑)全然良くない。
二三日前の夢が正夢
粘着質の男に背後からおばさん、おばさんと呼ばれ
「言い逃げするな」としつこい。
あ、まずい奴に当たってしもうたと内心、
マナーはこれこれこうでしょうと説明したが
それには謝らず、年上の私にお説教始めた。正論ならありがたく聞くけど
そ、危ない人に注意は禁物なのです、波長を合わせてしまったらしい。
まず通じないですから「しかと」すべきなのです。
でも、心臓に衝撃受けて反射神経による反応はどうしようもなくて。

ビックリしたり突然だと反射的に、、(笑)な人になるから困る。
心臓に悪いくらいの大声とか大笑い、「へぇっくしょん!!」
熊本県の男性は本当にガサツで粗野。
良く言えば無邪気。
傷つけようとおばさんを連発したのでしょうが
もうわたしゃそろそろおばあさんの域に
達する寸前、ある意味おねえさんと呼ばれたくらい
嬉しいです!!。←ザブングル加藤の口調で、好きな芸人さん。

強がり

黒川温泉と黒繋がり

今回の場合、お年を召して、なおかつヨロつく脚で運転し
車の善し悪しを判定する車業界の元トップの
車の不具合(ブレーキペダルが戻らない)←本当なら
由々しき問題です、(車)敵に回す相手が相手なら
でも踏み間違う車は欠陥車とも思う。

番組で何でも言う石原良純さんが石仏化していた。
やはり同病相憐れむで?


温泉は「熱い」
温泉手形買ったところで満喫できないと思ってなかなか行かず
でも、この我が県有名の黒川温泉
一度も行かないのはもったいないで(上流は白川)行ってきた。
一泊の、宿泊した旅館には4つほど各種のお湯があるから
時間的にも他の施設の物にも入れる温泉手形は買わなかった。

いや、車で目的の旅館まであるはあるは沢山の旅館、
車一台がやっと通る道幅だけれど
皆さん車でいらっしゃる、
だから避けて、避けて、そろそろと車を走らせる。
写真がなぜか表示できなくて残念だけれど
風景も清流が流れてるしとても綺麗。
湯上がりにも涼みにのんびり散策出来そう。
到着    旅館「御客屋」
予約の○○です。丁寧に迎えられ部屋に案内。
和室、古い造りだけれど床が黒光り、清潔
落ち着く。
熱いのが苦手で敬遠気味も案外湯温も大丈夫で、
入ってみたかった立ち湯に、真っ先に。
その後の寝湯もよかった、行ったり来たり(笑)
竹を二本体操の平行棒のように吊してあってそれに掴まる、
深いから掴まるのだ。
ぬるめだったから3つくらい、はしごしてとうとう調子に乗って
長湯の湯疲れ(笑)
たまたま他のお客さんがいなくて
家族のみでよかった、回復するまでがきつかったが、
脱衣室に屋外用のリクライニングでもあればどんなに良いかと、
そんなものがあると雰囲気壊しますからダメでしょうが。

旅館の食事もなにもかも少量ずつで上品だしとてもおいしかったのだけれど
どこもそうだけれど品数がとにかく多い。少食で済むタイプなので。
ただ残すのも憚られ平らげる、
サービス受けながら気を遣うという日本人の「さが」
食事は中国からの従業員の方にお世話していただいたが
なんら日本の人とかわりなくそつのない応対で心地好かった。

その後満腹、なかなか消化もしないうちに湯に入って湯あたり(疲れ)、
なんか当然といえば当然かも。
食事は控えめに、、完食が厳禁なのかな(笑)
でも本当不思議に思える浴場施設、
見知らぬ人同士が普通に、挨拶してお風呂でお話
タオルは浸けない、諸々のエチケット等誰もが守ってリラックス
本当日本って良いなあ。

カーナビをイクリプスに替えた、曲のタイトルが出る、
なんて画期的なの、感想古っ!
これからが曲とタイトル一致させる作業開始か、遅れとる。
洋楽も誰の歌で、タイトルと曲が全く「何のこっちゃ」これで解消するかな。

過酷な夏が来る

過酷だけれど好きな季節、夏


あさイチを早くNHKにかえしてあげて。

89歳の父から電話、声がでかい。
しかも頭がぴんしゃんしとる、
笑いながら「すごいね全然頭ボケてるかんじせんね」
「なんてや?」←ここの方言は怒った感じのそれとは語感が違って
優しい聞き返し。

「俺はボケちゃあ、おらんぞ」 笑いつ言った  確かに。
2017年心臓バイパス手術の日は
亡き母の誕生日で
(うさぎ年の母、縁起が悪いから私の干支を飼うなって言ってたっけ)←犯人は
父だ(笑)
手術、どうなることかと思って覚悟もしたが
母はすんなり父をこの世に戻してきた(笑)返品 激しくわかるー
まだしなきゃいけないことがあるもんね、こっちに居る事が大事という。
父がその病気で倒れたと聞いた日の私の見た夢は手首を切断する夢で。
切断は意外と良く見る夢。
首とかも、(←子供のころ)でもなぜかくっつくの元に戻すと簡単に、
載せるとかで(笑)
夢は適当でふざけている。
でも相当に気持ち悪い夢にはかわりなくて、手術の日、
父は(まさにその部位)その腕に管が通してあったから。
なんか関連してたりする。

引っ越して自分の空間確保が出来てからあらぬ時間帯の
気分転換のドライブが減った、減りはしたが
運転自体好きなことには変わりはない。
便利な地域になった分、目的地に着くのが早すぎる、
なにせ渋滞に嵌まらないから。渋滞ロスは30分以上はざらだったから
ここは買い物など右回りとか左回りに進行するだけで用事が済む。
お気に入りの店全部集結(笑)
だから、、つまらない。今だけなのに、この先仕事復帰もせにゃならんし。
本県は河川敷が草ぼうぼう、風景の河川敷の綺麗さは河内の方が綺麗かも、
(ここは散歩コースに最適)距離的にもちょうど良いし。
河川敷を見渡せる沿線を走るのが好きだから
雑草、雑木でがちゃがちゃの雑然たる風景なんとかしてほしい。

そ、あんこは粒あん、しるこじゃなくぜんざいよね。
あんは白隠元豆の白あんのが好きだけど。
あんまり不思議が続くから危うく本当かと思ってしまった。

パラレルワールドにほんと来てしまったかと(笑)

納得できる

久しぶりにスパイスカレー作ろうと
冷蔵庫の余り物ジャガ芋、玉ねぎ、プチトマト、リンゴ等炒めて
2~3日前買った、鯖の水煮缶を開けた。
そしたらば、すごいやなにおいで。鯖の生臭さとかじゃなく
何て言ったって相手は缶詰だから、何年ももつという。
何かの間違いだろうと何度も嗅ぐ(笑)吐きそうになりつつ。
怪しい奴を嗅ぐ、は昔から担当は私。
水洗いした空缶自体も臭い
(いかに日本の水産業が鮮度を保つ技術がすごいかって思い知る)
製造元を読めば    ちなみにシュールストレミングとは書いてない。
中国とな。信憑性が増した、
「足の臭いが3ポイント上がった」くらいの問題じゃない。
いつもなら絶対に購入しないのに、見落とした。
過去にも中国はみかんの缶詰で腐敗したもの続々見つかったって。
やっぱりね、さもありなんです。

おいしい果物達や野菜や魚介類が適当に扱われたら素材も育ちも関係ない。
少し傷んだ←(腐らないまでも)鯖を缶詰に、、じゃないかと思われる。
これまでの経緯と推理で
そ、何かの間違いなんかじゃない、とも思われる。
一人納得して鯖達を葬る、
(南無阿弥陀仏)  いやもうとっくに。
冷凍海老見つけてそれを入れカレーの
セットの色んなスパイス味付けは自身で
(アナン カレー、インド人が考えた日本のカレーとか書いてあった)
これ、うまいです。
塩こうじ液と少しの白だし、海老と海老粉粒少々を入れて味を整え、
結局海老でグレードアップ。
間違えてまるごとの唐辛子、口に含んで火を噴く思いをした(笑)

AIと人口密度がいつか

今に、AIを管理するために人が一人要る、みたいな世の中になるのかな。
とうとうレジも人払い、急にセルフレジになるお店の多いこと。

人は仕事場から追い出されてどこへ行くのだろう。
AI発展の為の人払い。

日本の経済
貯蓄の利子も薄い、しかも凍結予備軍とか続々と。
夫婦間の通帳も運用さえ他人行儀な法律なら最初からキッチリ分けて
この部分も離してしまえば良いのに、ここも完全独立すべき。
後出しじゃんけんみたいにあとから不利益被ったりするから。
知らなかったじゃ済まされない。
主人じゃローンは年齢的に無理、外構工事も半端な感じで
500万後から増額、でもなかなか審査が降りない、
その後成立し、今度は少しでも繰り上げ返済したくても
「待て」だし
母の遺言は「付けで買うな」なんだから。高額商品は別なんですけどね(笑)
私だって歳も歳だし10年後生きてるかどうか
多額なローンなんて不安でしかない。
国もどうやってぼんやりさんから税金むしり取ってやろうかが目に見える。
そうなると銀行のどこに魅力があるわけ?ってなる。
都合の良いときだけ夫婦扱い、女はいつも不利。
もう昔の法律が日本には合わなくなってる、なのにどこかを少しだけ
改変しただけでよりハテナな法律に。


AIが働く
AI購入を頼むよ国民
「働いてないからお金ないよ」
「子供もいないよ」
かろうじての秩序の日本がバランス崩すなんて世界が終わってしまう。
日本は大きな変革が必要。

主人の閉め忘れ編み戸から脱出。
猫のにゃさんの要求のまなざし、鳴き方に悲壮感が凄すぎるそれは四六時中。
言葉がわかると信じきってるから、、にゃーにゃー声色を使い分ける。
また出たいのでしょうか。
ちまたの猫が外出禁止なら半野良は飼ってはいけない。
聞かされるこちらも鳴き声に少し疲れ気味。
相当に外に出たいのだろう。
散々猫に構う癖に「お前が猫なんか拾って来るからだ」

まさか住家が変わるなんて思わなかったし
いつかAIよ猫をよろしくって時代が来る
飼うために必要なAI 何かがいなくなっている。


たまたまテレビ付けたら壇ふみさんテレビに出ておられて
佇まいからなにから憧れる、面白いし、
水谷豊さん監督の映画に出演されてるらしい
観たい映画がパラレルワールドのものとひき逃げのこれとコン、、、jp
の3つになった。

キャラが濃すぎのクッパとマリオ

トランプさんのおかげで世界中がまあ忙しいことが。
参ってしまう。

アメリカだけ潤って。
北の対応に失敗、あんときもっと大芝居して
大袈裟に国際世論に訴えるべきだったのに
なにあの虚ろな北との会談、世論も寝ぼけるし。

北は北で米の不発弾見守って、今は本物打ち上げてるし。
米中は似たもの同士で腹の探り合い、
国際派としてなら米のがまだ世論の抑制がある分暴走は避けられそうだけれど
中寄りのイタリアはなにがしたいのか、経済?

日本と米は仲良くしすぎて
外掘り崩された、市場は乱れるし、
うまくいってるのが細い綱渡りの上だから
危ないったらない。
均衡保ってるのが不思議なくらい。

神竜八大竜王神様

地震
宮崎県で震度5弱、熊本県の新しい家での揺れは震度4
連休前後地震の予告してたのを思い出した。専門家の人だったかな
大きく揺れる感じなので最後の辺りまであまり気がつかなくてスマホの音に驚くくらい,、
以前の家はミシミシいいつつハッキリ感じたけれど。引き続き警戒せねば。

TVがまともな対処法を教えないから個人に委ねられた護身方。
映画館でジュースかけられたらどうするか?

相当に「はあ?」みたいな反応する、その相手は多分人の反応を観察するのが目的だから。
すっくと席から立ち上がって、映画館の責任者(イオンならイオン)探すとか、
「つまみ出してください」って。自己責任とか言われたらがらの悪い映画館との印象定着。
もちろん全体の反応見ながらだけど、相手が異常心理の持ち主ならば事故に遭ったと諦める。
自省しない相手なら対処法はこれよね。アホには関わらない。

読みづらいですが
竜神様を祭ってある神社があるときいて行ってみた。

いつもは私が運転、主人もあんなにうまかった運転も寄る年波には勝てず
仕事以外の運転だと何となく見落とし兼ねない運転、見計らいまくったうえ
「え?今出るタイミング?」で信用できず。
車庫入れも雑になっても平気だし。「めーつぶっても入れられる」が口癖だったのに。
今でも私は無事故無違反で頑張ってる。主人は免許証傷付きまくり、適当だもんで。

この前大きな事故(浜線バイパス、バスも増えた)での事、事故の2~3日前に通ったとき
何とは無しに「隙」みたいなものを感じて危ないなと思った、
よぎるくらいの思いだったのだけど。
事故のその時、運転手の方は心筋梗塞で病死されてた。

でもここは知らない土地だから戦々恐々で助手席に。気を抜かず合図送りは頻繁に。「赤だよ」とか(笑)
途中道に迷ったとき「念」みたいなので知ろうとしてて笑った、全然当たったためしがないから。
結局一番最初に私が「ここで曲がるんじゃない?」と言った所に有った。




階段を少し下った所に川が流れていて、
そういえば引っ越す以前は、水の流れる音さえストレスだった。
子供のころは綺麗な小川で日がな一日遊んでどじょうを見たりしてたというのに。
こんな感じで川がとても綺麗だった。

特に朝ドラNHKだけど、テレビで昔の人が顔に泥を塗って貧しさみたいなの表現してるけれど
日本人は綺麗好きで、(訪日した諸外国人の異口同音)
しかもそこかしこに小川もあるのに顔洗いませんかね?
外でお手伝いしてちょっと汚れた手で拭って顔に泥が付いただけで大笑いしてた昔が懐かしい。





お参りして←2回「おんそわか、、」唱えるようにと案内の立て看板にある。
熱心な参拝者は何回もお祈りを捧げていて他に(男性)二人ほどいらした。




すごく姿が良いので写真に撮りたくなった。
全体像があるのですが敢えてこれをチョイス、結構大きい。
躍動感。
途中菊地神社にもここの階段が今回の膝痛再燃の地、曲がり角が何回も来るのでなかなか到着場所が見えない。
でもくすぶってた痛みが、悪化したことで整形外科を変え完治に近づいたのでやはり恩恵授かったと。
                      ↓



またここでも←2回
ちなみに出雲神社は←4回(四方拝、東西南北)行ったこと無いけど(笑)

主人がいると出かけたほうが良い興味が移るから疲れないみたいだ(笑)
よくしゃべるから辛いけど。




竜門ダム
クリックするとすこしだけ巨大化
逆鱗に触れぬよう

語弊

皇室の方に向かっての労いの言葉に語弊があろうがなかろうが
皇室の方々の受け止められ方に
了見の狭い対応、今まで一度も無かった。

時代が移り象徴と名を変え民間に近づく皇室。
いかに善き様にあるべきかを国民全体が考えるのは良いことと思う。

ゴールデンウイークに神社等色々巡って(階段多し)くすぶってた膝通再燃。
評判の病院に行ってみたら痛み止めで即効で治った感じ。
レントゲンの所見では膝自体もさほど悪くないらしく、
やはり昨年急に痩せたことで
筋肉等が落ちてではないかと、
自分が言っていたのと同じことを言われた。

「顔の感じとかもかわったんじゃない?」って男性でも良く気がつかれる先生で
「そうなんです」それで良くなったとも言えず(笑)
いや、いくぶんましになった、、かな。
緩慢この上ない感じになるし、なにせ太ってはいけない家系と思う。

で、4日程前コンテナに置いてた自転車直して
裏通りの買い物に適した車の少ない小路探しで散策、
尋ねつ、迷いつ、帰巣本能発揮し無事ご帰還。
結婚して虚弱体質になり←(一部で爆笑)、
もう健康体なんて(最高100%としていつも30~50%くらいで)
なにせ遠くまで歩けないし自転車さえ億劫で、
でも精神面は持ちこたえてた。
もう元には戻らないのかと思ってた、昔が甦る感じで爽快。
新築が続々建っていく、望まぬ予想以上に賑やかになってきた。

「マツコの知らない世界」見てたらサントリーのCMで宇多田ヒカルが
自転車乗ってる、
このCMは好き。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード