普段通りにと言い聞かせ雑感を

朝から芸人さんお二人の処分の行方なんて聞きたくもない。
身から出たサビは自分でサビ取りクリーンすれば良いだけの話で
一人の方の芸風が嫌い、素人の奥さんを笑いのネタに使用するなど。

野球の佐々木投手の肩を気遣ったコメント、久々に良いこと言う国分さん(笑)と思った。
あさチャンの夏目アナも番組内で主観を述べる辺り日本も少しは変わりつつ有るのかなと
たいていは間違ってないと思うし。
日本のテレビは「喋るな」っていう方が(コメンテーター)どうしてもおしゃべりで。

授業等でお説教みたいな場面たくさん有るだろうけれど、
聞いてるほうは「解ってるって」
思ってるようで案外受け入れてない。
そういう教訓みたいなものは
受けてるものが受け取る時期が来たとき始めて身に染みるもので
それが何時なのかは人それぞれだと思う。
授業終わって20年後とかに(本当に)膝を叩いて「解った!!」っていう(笑)
何でもそうで受け取るサイドの感受性の成熟度。

親の気持ち今頃わかるから。

良く通る声らしい私の声、余り好きじゃない。
特にスマホとかの擬似音声でもワイヤレスとかの
高いし、余り居ない声のような高さ故の不安定さ(喉からくるのかな)
でも人に言わせると悪くないそうな、ほんまかいな。
でも、授業の仕分けではアルトだった。

全力投球してはいけません

ラインでも楽しそうな職場環境の写真見たりして安心してたのだけれど、
今朝、目の調子が良い感じなんだと、まだ完全じゃないのだから
少し安心出来てるくらいだけれど、
以前も突発性難聴になって相当に心配したのだけれど、
それは治った。
デジャブかと思うわ。



ナスを麺状にした那須そうめん。

片栗粉付けて茹でたらドロドロになった(笑)水に取ったら戻ったけれど。
レシピだけ書いてた手前作って載せてみることに。
めんつゆで食べた感想は、するするといける、しゃきしゃき感も
シソと茗荷がいい感じ。
タレを変えたらもっとおいしい気がする。
ナスを焼きナスにしてこんなふうに出来たら香ばしくなって良さそうだけど
こういう線(麺)状にはならないかな。

急きょ娘が帰省、何事かと思えば主人が呼び寄せていた
そっとしておくとかが出来ないみたいで
自分が安心するために自己流を押し付けてる。
わらをもつかむ心理の時のこのパターン、私も嵌まったことが、
なにも変化しなかった。


つぶさに書ききれない

代車が来たので試乗してみたトヨタのシエンタ。
乗り心地が良い。
シートが広く取って有るので足は疲れないしサイドブレーキも足で踏むタイプで
中央がごちゃつかない、ブレーキとアクセルが平行同列、ではなく
ブレーキがアクセルより高めで、そのため一旦足を上げて踏み込むから区別は付きそう。
後部座席のスライドドアも雨の日なんかスムーズで良さそうだし。
車も色々車種があれど日産、トヨタ等余り縁が無くビッツ試乗が今ひとつで、敬遠気味だった。

このシエンタは出足もスムーズでいい感じ。
トヨタのセダンタイプの高級車はデザイン、スタイル共さすがにかっこいい。

今朝一笑ったのがコミケ雲発生の記事
異臭騒ぎ
汗とおにぎりとモナカの混ざったような臭いってなにを根拠に(笑)

謝罪名目で会見始めたのなら吉本に責任持たせるのはその後にすべき、思わぬ援軍現れて
なんか逆効果に映ってる。

日本人は身体という器に大量の糖分盛られて糖尿病専門の個人病院の増えたことが
タピオカドリンクなんてそれの最たるもので(日本ので売られてるものではない)一日の糖分一杯でアウト。
バナナジュースまだこっちのがずーっと身体に良い。
マツコの知らない世界でトリプトファンの話が出ていた。
 

blog名を急に変更してまた変えてとblog名変更常習犯みたいになってたので
最近の辺り、報告無しでした長いですがしばしこのままで行こうかと。

余力を残して頑張るように

先日
帰省していた次女が朝から起きて来て片方の目の不調を訴え
光の残像みたいなのがいつまでも消えないと言う、
福岡に帰って眼科医に診てもらっても初めは何だかわからなかったけれど
どうやら診断がついたようで

すごく落ち込んだ声での電話←(声のトーンに相当心配になった)、経緯を話してくれた。

詳しく調べてもらったらどうも聞き慣れないAZOORアズールと言う病気のようで
視野が一部欠損する目の病気、もともと目が余り良くない方で
小学生の頃から視力低下で眼科医のお世話に。
仕事の方は、前回正社員からパートに変えてもらっていて
ストレス等は随分軽減されてはいたと思うけれど
疲れが溜まっていた部分も有るのだろう、と。

いろいろと調べ初期はステロイド(パルス)←薬が薬だけに慎重に判断する
服用か点滴が有効、とか、それよりパルスの方が効果的とか
どこかに炎症があるとか、活性酸素がどうのとか
医学用語は専門的でよくわからないが、自然治癒もあるそうなので
副作用も有る薬
薬の投与は様子見で判断するとのこと。

ストレスを感じやすい子なので
感情揺さぶり過ぎ(火に油を注ぐ)の主人には遠慮して
もらって極力そっとしておくように頼んだ。
仕事も辞め、一人ではないのがせめてもの救いで。
優しい人で良かった。

自然治癒は食べ過ぎ気味だと発揮しないから、ミトコンドリア(笑)を
元気にする最善は空腹力。
そこに栄養を注ぐ、抗酸化食材とかビタミンC
後、ネガティブにならない、
コンタクトを眼鏡に代える←(お医者さんも同じ事を)、自己流アドバイスを加えた。
泣きつくのはたいてい生活支援(笑)後は放っておいてっうタイプ(苦笑)
治るとあった、おみくじ通りになってほしい。


わたしは
昔から敏感なようでどこかとっても鈍いところが有った。
今朝一の感想、夢が教え、猫の挨拶で全部飛ぶ(笑)

よくひらめいたみたいに気づくのだけれど相当に遅いから。
なにがなんやらで迷走するパターン多し。

近頃いろいろと

してやったりの満足げな様
無言で好みのフード勝ち取る。
絶食ストライキ、根負け、あげるたび「これじゃにゃ~」と目を上げ訴える。

昨日の選挙、投票率低いって国民の民意に意気消沈することはない
だって、誰に、投票しろと❓←でも毎回投票には行ってる。
苦悶の書き込み作業になる(笑)迅速に悩むわけで。
昨日の感想みたいに候補者に該当者がいないのだもの。
聞きもしないCD買ってでも(2枚目はそうでしょう)選挙に行きたい、、
心理に持って行かないと。
ますます立候補がアレなおバカな選挙戦になるからダメか。

NHKでまた猫さんの子育て番組
父親が子育てに参加するというもの
今回のは前回のを上回る、猫の妊娠可能時期が年4~21日?

お母さん猫が(強くて君臨)じゃない子煩悩お父さんを
何度もこだわって選んでた。
隙を突いて逃げ出して(笑)

あさイチでは疲れやすい身体に掛け声が有効とか特集
渡辺京ニさんの
「逝きし世の面影」にも日本人が仕事の時唄を唄うので外国から日本に訪れた
外国人達は相当に不思議に思う、との記述があった。
確かに今でも舟漕ぎの時がそうだし、草津温泉とか湯かきの時も
とても力の要る重労働は力を合わせてやるわけだから不思議な創作唄(笑)
本当は凄く力を発揮してるのに聴いてる方はやすやすとこなして見えるから心地好い。
普通は「仕事時」の唄は不釣り合いと思うわけだから、ハテ❓と思うのでしょう。
掛け声と同じでタイミングを合わせるとか息が合うとか、緊張もほぐれて
効率よい力が発揮出来るのだと思う。

影響の連鎖

「怪盗グルー」ミニヨンの出てくるもの
動き、ギャグも犬ヶ島同様面白い。(字幕版)
ストーリーも良いし、なによりアメリカはお金が潤沢に有る感じの作品。
ただちょっとキャラクターが(笑)アメリカらしいというか。
黒い方のグルーは肩の辺りで手を動かす仕種こっちの方が
笑福亭鶴瓶さんに似てると思ってたけど
確かミニヨンの声、鶴瓶さんだったような、
顔と声とじゃイメージだいぶ違う❓調べたらグルーの声は鶴瓶さん(笑)
似てるはずだわ、そう思って見てたらミニヨンって合わな過ぎ、しかも何語?
流行らせる勢い。
米映画は人の動きをキャラクターに合わせるのが主流だから、
鶴瓶さんの癖が有って面白いのを見込んで❓それともご愛敬か


京都のアニメ放火事件本当に痛ましい事件。
やはり燃えやすい原画等
守ってるうちに逃げ遅れてしまわれたのではないかと

精神科医によると犯人には被害妄想が有るのではないかと推測されていた
確かにそんな感じ、こういう人を世間は見逃しすぎてる気がするし
無視しないで表情だけでも柔和に、もっと行ければ挨拶とかしてあげたら
良いことの連鎖で少しずつ変化も認められるかも。
騒音とかでも近隣住人と揉め、
住民の方が「自分じゃないですよ」とか言うと
「お前が誰だか関係ない俺は余裕がないんだ」
と、言い放って、正当化したつもり、でも、凄く自分自身を言い当ててる
開き直りだけれど。
こんなこと言ってる時点で病気だと思うし、行き詰まっている。
個々人でカウンセラーが要る世の中に変わってきてるとつくづく思う。
どうも俺は短気だとか、
掃除下手とか簡単なことでも相談に行ってみたら良いのに。
わたしも軽い感じで
緊張しすぎの性質が何とかならないかと相談したことが有る
「しらんがな」くらいな勢いの相談(笑)
大きな問題になる前に心療内科とかカウンセラー、臨床心理士を
もっと身近にしたら良い、自己管理と自覚で。
そのためにはいままでよりもっと気軽な公共機関の位置づけに。

明日の選挙どう考えたって人選が難しい。
ある人は候補者の一人を
「○っぱい掴みの息子」と呼び、名前が出てこない(笑)
(何という代名詞、
想像しても、もうなにが何だか)←そういう問題行為が有った人の息子さん。
「そんな人には入れない」と、飛んだとばっちりでも、確かに支持は、、、。
もう一人の女性候補者も、演説を聞くかぎり、、。
あと、知らない人。

果糖中毒

台風接近中、最近では夜間は寒いくらい、
就寝前にエアコンを除湿モードにしたら
朝まで持つし、どうかしたら長袖を引っ張り出す始末。

読書というか目を引くタイトルだったので
「果糖中毒」という本、何気なく手にとって読んでみただけなのに
後半に行くに従い、とても納得して読んだ。

日本人が書いたかと思う程に日本の良い部分を参考にして有ったり
カロリーゼロの身体に与える影響が全くわからないということ、

米、政府批判にもとれるような(笑)に気に入る。
脳は舌が甘いと感じ取るからインスリンを命令、しかし実際は糖分ではない
エセ糖分
この時、この間違って反応した脳や身体に
どんな影響が及ぶかわからないとかの、
危険性も指摘、確かに。人工甘味料は全然受け付けない奇妙なお味。

ダイエットの失敗の箇所、人間の我慢には限界が有ることも無視してないし
しまいには健全な子育て方にまで展開(笑)
運動の大切さ、利用して痩せ方向へ
ダイエット時の心理とかに共感。
運動で空腹感を減らすとか、
マラソンの後、食べられない←極端な運動だけど。
ダイエット時に陥りやすい心理等、抜目なくうまく補って有って
何気なく読みはじめたけれど自分にとっては陥りそうな場面、
網羅されていてとても参考になる本だと思った。
ダイエットバイブル

「ダイエット常習犯」という言葉には笑ってしまった。
自分もだもの、どうやら常習的犯罪だったらしい(笑)
しかも未遂ばっかり、こればっかりは完遂しないと。
最近では足を洗って、、←ほんとか❓


水先案内人に付いていく

雨が降り倒した後の河川敷を車で走ると
川が膨らんだみたいに水位が上昇してる。
黒々とした濁流の川とか山間に垂れ込めた雲、雲、雲、
雨上がりの風景は
水蒸気が半端じゃないから壮大に上空にまで広がる。
大天文ショー

暗く、巨大で、不可思議な風景とはよく見る夢で(以前は)
海岸の暗い小さな一角に黒々とした油田のよう大きな泡
ボコンボコンと割れてる、一体夢でどこにいるのだろう(笑)
猫の町で読んだ主人公が初めて降り立った地、似てる。
油田なんか無い国(笑)


「果糖中毒」
カロリーゼロに言及して有った、ちゃんとした書籍(笑)
人工甘味料の恩恵、
「デブる人々」の軽減、何の統計も成果も出てないのだそうだ。
米では相変わらずの勢いで増殖中で。
日本もジャンクフードの普及で体型まで、、追随しなくてもよいものを。
自分も何とかキープ、あぶないあぶない
あ、和食を褒めてあった、ん、本当にちゃんとした書籍。
自己責任でないのは、赤ちゃんが太って、動物が太って、と。

コンビニのおにぎりはずいぶんと米や海苔にこだわり、美味しいものも
食べられるようになったが、サンドイッチは、
どうにもこうにも美味しくない、パンも中身も全部な、
パンの匂いからしておかしい、不可思議な香りがする(笑)
不自然なものの固まり、水っぽいし
リョーユーパンはそんな変な匂いはしないような。



ここでも主役



炊き出しではありません(笑)
ズッキーニ入りのみそ汁、何でもそうだけど切り方が味噌、、
また前回のと関係ない。

「果糖中毒」
この本にミトコンドリアが主役のように登場して来た。
ミトコンドリア便秘、とかいろいろな形容詞が、ふんず○りの意(笑)
なにせ細胞少器官、
現代の食生活で処理能力を超えて消耗しているらしい。

ミトコンドリアが分解できないトランス脂肪酸。
ミトコンドリアが元気になることがすべての病気に関わっているようで
それが食事、悪いのは果糖、あくまでも過剰摂取だけれど
食物繊維(不溶性、水溶性)が両方を食前に(果物はとても良い) 
果物などはジュースにしないほうがよいのだとか。
「太る」を取るか、食したことによる「○なら」を取るか(笑)だそう。出そう❓

ゲノム編集がすごく誤解されてる。
個人的には危険な遺伝子組み換え作物がこれにより減るのじゃないかと期待
してるくらい。
遺伝子の悪い部分を切り取ったりするのは最近の医療分野では普通に
(考え)行われてる、自然界にある微量放射能とかでも突然変異はあるし、
環境に合わせて突然に変異する。
植物や人間も。
例えば、環境汚染とかで大陸の陸地が減りだしたら、
かなりの未来には飛ぶために羽が生えてきたりとか、泳ぐためヒレが生えてきたりとか
普通❓なんだろうから(笑)
だけどこれは酵素を使うものだったり
むやみやたらに突然変異を行うことだけは戒める、特に倫理的に人に対して
誰がするか、も問題があると。取り替えの効く不摂生したい放題の人間に
利用されたら冒涜にも程が有る。
問題があるとするならそういう人の行為の問題だと思ってる。これが厄介。
今の私の個人的意見だけれど、情報加算で変移する。

ゲノム編集は人類誕生をその起源から調べる材料にもなるわけだし
将来ガンになるかもしれないリスク持ったガン遺伝子を前もって治療したり
人間の情報、予言書解読がゲノム編集の分野、すごく幅広い。

多少の見解の相違には

加工食品パレード

テレビ見てたら熊本県産の長なすでそうめん作ってた。
長いナス柔らかくて新鮮なのが美味しい、40cm以上はある。

これ、細切り用スライサーでやってもいいし
ナスの皮を剥いて長さは約15cmちょっとくらいの板状を
スライス(ここであく抜き)を
麺状に細切りしても良い。
新鮮でみずみずしいものはあく抜きしないで使うけれど
する場合は水につけてあく抜き。
片栗粉をまぶし沸騰したお湯で茹でて、しなっとなったら
笊にあげ、冷水に取って冷やす。
普通にそうめんつゆぶっかけ(生姜等薬味も)でたべる。

美味そう (食べてないんか) 作ろうと思って手順を覚えただけ(笑)

この前麻婆なすを一部ズッキーニに変えて作ってみた。
道の駅とかで安いので。
外見は胡瓜みたいに見えて実はナスみたいな奴なので
合うかと思って、本当はカボチャの親戚らしい。←ややこしい
旦那気付かず(笑)
私は多少歯ごたえ有るし、
味がしみこみ易いのでこちらもイケると思って食べた。
ナスもある程度油を含むとコクが出て美味しくなるが。
どうもみそ汁には、、、

今「果糖中毒」という本を読んでる。
途中までは最近のためしてガッテンで得た知識と同じ。
ここからどう落着するのか、と。
カロリーゼロに落着しないかどうか見届けたい。
人は加工食品ばかり食べてはいけない。
衝撃! 「デブは自己責任」ではなかった、、今本当の犯人を捜索中。
タイトルに書いて有るけど。

世界中で一国くらい

夢のフレーズから今になって詳しく調べてみたこと。
「ミトコンドリア・イブ」女性だけが受け継ぐDNA
共通女系祖先を辿ると女性のみんなにあるミトコンドリア・イブ
アフリカ単一起源説の有力証拠
全人類の共通祖先の内の一人がアフリカにいたという。
ウキペディアより
今後ゾウリムシ・アダムとか出てきたら良いな面白くて。

男系天皇制継続なら昔GHQで廃止された旧皇族を復帰させたら良いのに。
(周辺意見)
神様候補が民間からなだれ込んで来るのはちょっと、、荷が重過ぎだし。
(今のところの個人意見)
相応しい血筋、育ちは大事と思うから、なにより相応しさ。
でも。昭和からしかしらないが民間からの(後の皇后陛下)
女性は皆様がそうですし。

ここから暴論←ずっと暴論だけど
ちなみに天照大御神は女性
      ↑
宗教関係者も女性なのに変だと言っている。
(ちなみに言っているのは男性で)

女性のみミトコンドリア・イブが継承されるにならい
理論上ではなく宗教上の決まりごととかで、
昔、透視能力とか予知でもあったかで(笑)
上記のような女性ならではの神性を認め
どこかの国←(強調)で良いから
女性のみ限定での王位(女)継承が有ってもよかったのに。
無いというのが、地球上の残念な生き物=人間

ニール・セダカ
Laughter in the Rain懐かしいし良い曲。
メロディーが綺麗で気分が弾む
レインレインと
繰り返すから、今の時期に合うなあって今頃歌詞調べて
良いなって「雨に唄えば」っていうミュージカル映画も
ダンスのところは特にすごく見る(笑)
ミュージカルが苦手で、好きなのは限られてる。

凄いと言わせる漫画

気になるワード
ミトコンドリア・イブ

萩尾望都の
ゴールデンライラック、訪問者、恐るべき子どもたち、ばらの花びん
凄い作品集と思う、改めて読み直す。
文学がこんなに美しく(芸術)表現されてる作品なんて最近の漫画界では
無いに等しい。

両氏の文学作品が漫画で読めるなんて。
過去に竹宮恵子は、萩尾望都には敵わないと一時期の苦難の年月であられたと、
でも
萩尾望都が人間の古来からの神髄と闇みたいなものを文学的に描く作品なら
竹宮恵子は現代の病み(闇)を抱えたままの未来化、
しかも予知的な作品、どちらもSF的で有ったり人間の神髄捉えた芸術作品で
天才と思う。
(個人的感想)

「3月ウサギが集団で」
萩尾望都作品集に出会っての一番好きな作品。←漫画好きの姉の影響
内容には似たような
「葬式ごっこ」これが後に社会問題になったがこの漫画の生徒たちの
調和性、仲間内として冗談も許されるという理想的教室。
された方は相当に怒っていたが(笑)したことがしたことだったし立場が強いから成り立つ。
この漫画のテンポがすごい、明るく理知的で
躍動感が最後まで続くなんて!!二次元じゃない(笑)
作品から漫画の主人公たち全員が飛び出して来そうな勢いの。

お茶の間の呼び名で書きました
敬称をどうしてよいか解らずそのまま、、。もちろん尊敬。

病気もいいものだよって

まだその頃存命だった私の尊敬する人生の(師、先生)と話していたとき、
お産を控えていて例によって心配性がむくむくと
この時も励ましてもらったのだけれど
私が27歳のとき忘れもしない
主人の仕事の都合で県内の他の市に転居
長女はまだ幼児期でどうも熱が有る、
その日私も調子が悪くてたまたま主人も休みだったから
長女を病院に連れて行ってくれないかと一緒に車に乗り込む、
車内で俄然私も気分が悪くなって来たので
着いた内科の駐車場で、頼むから変わりに医者に診せてもらってきてくれろと懇願。

願いも虚しく頑なに拒否され、仕方なく私が診察室に、
まあ評判の内科医だったので、(コレを想定したのだな、と思った(笑))
ひしめく親子連れの患者さんの群れ、今思えば白く霞んで見えるくらい。

そこでインフルエンザをもらいました、寝込むこと一ヶ月くらい。
胃までやられてこじらせ10kgくらい痩せそれでも止まらず、やがて精神的にも参ることに。
無理して食べてる状態、熱にうなされてたときは幻影まで見、
枕元に綺麗な(笑)(寝てるのだから顔は見えない)、
女性が座っていて「頑張って」といいました(笑)
何とか回復したのですがそれから一年後の
家に帰る5月までげっそりしていた、戻ってもしばらく病んでいた。

その後(明るく)体重戻りました\(^○^)/

お産のときといい、この件といい喧嘩になると必ずこの話の蒸し返し。
主人にはまだまだ有るから、、、

後に聞いたのが「病気もいいものだよ」って←命にかかわらない程度の
いろいろと解ることが有るから、「そうそう、あのや、、」って心で思いつつ(笑)
健康の有り難みのことを言われた訳だけれど、いろいろ不調なとき
確かに健康の有り難み知るよねって、しみじみ。

主人の有り難みは、、無い、きっぱり。

犬猫騒動記

無料お試しのスターチャンネル観てたら「犬ケ島」ってやってて。
途中から観たのだけれど(日本語吹き替え)アタリの声が好き。なんかいい
米の映画監督なのに日本語満載だしギャグが効いていて面白い。
大真面目にバリバリにカッコつけた犬達の台詞。
普通は映画で動物が人間みたいなのって嫌いなのだけれど
それ風に(なりきって)演じることが台詞もそうならおかしさを生むから。

これって大丈夫なのっていうセンシティブな
メガ崎とか演説とかどうにもパロディっぽかったけど、
個人的にギャグがすべってないのが良かった。
言葉もそうだけど動きとか日本人好みの独特で高度な?笑い。
犬ケ島の
「犬インフルエンザ」って
最近読んでた猫の町は「猫インフルエンザ」なんですけどこれもパロってるの?
おなじように猫も散々な目に会う「猫の町」血清もカギだったし。
犬ケ島がギャグなら
猫の町は幻夢
タイムリーでびっくり

昨日もちょこっとゲイの映画観たのだけどタイトルがちょっと。
観てて米も相当に洗脳国って思った、
映画で主人公を面白おかしく追い詰めて行くから。
こうやって差別が生まれるんだなって。途中で出掛けて最後まで観てない。

コンテナに眠る


荷解き二箱目
またまた竹宮恵子「告白」出てきた、
好きな漫画。ちょっと暗いけれど良い。
告白、エメレンティア、MIRAGEミラージュ、これらも夢からの発想とか。

当時読んでいて❓な話でも今なら時代に怖いくらいにはまる。
生命のなぞを考えてみたり複雑で病的な心理も今なら解るようで
「地球へ」同様今こそ読んでマッチする漫画と思う。

でも、なんて高度な夢なんでしょう、
最後のミラージュの女の子が魅力的で
いや、男の子も
詩的で知的で、クルクル巻き毛とか、好きな絵。
子供のころ思い出す懐かしい感じの絵の特徴で。

こんな夢なら見てみたい、朝方ならぎりぎりで覚えてる夢も
にゃさんの目覚まし時計の一声「にゃーにゃー」で雲散霧消。
夢の断片が手がかりとともに消え去る。
最近予知的に探れる夢が全然見れなくて残念。
身近な予知夢(笑)

早合点

blog名なかなか定着しないので、元に戻します。
自分でも定着してない「?」って一瞬(笑)

本雨期の中休みで
空梅雨と思わせてのまとめ降り、今週は凄いことになりそう。
世界中で雨は加減の良い降り方を止めてだいぶ経つけど、
温暖化に歯止めをかけるどころか
火星に移住計画とか聞いた、まだ誰も住んでる家族の映像もない中。
早々に地球を捨てる算段?
惑星汚染隊チキュウレンジャーって呼び名が似合う、矛盾の名。
自分それ(地球乗組員)の一員なんだけど

慌て者、せっかちで、落ち着きをなくしたときよく陥る
超勘違い野郎さんも演じたりなんかしてる。
小説読んでとか、何かのワードで印象付いたとき本放り出す勢いで
感想書きたくなるからいけません(笑)
後に続きを読み進むと書いた感想の真逆の内容が出てきて
「さあ大変」ってなる。
最後まで読んで書くようにしなければ
早計なもので
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード