余力を残して頑張るように

先日
帰省していた次女が朝から起きて来て片方の目の不調を訴え
光の残像みたいなのがいつまでも消えないと言う、
福岡に帰って眼科医に診てもらっても初めは何だかわからなかったけれど
どうやら診断がついたようで

すごく落ち込んだ声での電話←(声のトーンに相当心配になった)、経緯を話してくれた。

詳しく調べてもらったらどうも聞き慣れないAZOORアズールと言う病気のようで
視野が一部欠損する目の病気、もともと目が余り良くない方で
小学生の頃から視力低下で眼科医のお世話に。
仕事の方は、前回正社員からパートに変えてもらっていて
ストレス等は随分軽減されてはいたと思うけれど
疲れが溜まっていた部分も有るのだろう、と。

いろいろと調べ初期はステロイド(パルス)←薬が薬だけに慎重に判断する
服用か点滴が有効、とか、それよりパルスの方が効果的とか
どこかに炎症があるとか、活性酸素がどうのとか
医学用語は専門的でよくわからないが、自然治癒もあるそうなので
副作用も有る薬
薬の投与は様子見で判断するとのこと。

ストレスを感じやすい子なので
感情揺さぶり過ぎ(火に油を注ぐ)の主人には遠慮して
もらって極力そっとしておくように頼んだ。
仕事も辞め、一人ではないのがせめてもの救いで。
優しい人で良かった。

自然治癒は食べ過ぎ気味だと発揮しないから、ミトコンドリア(笑)を
元気にする最善は空腹力。
そこに栄養を注ぐ、抗酸化食材とかビタミンC
後、ネガティブにならない、
コンタクトを眼鏡に代える←(お医者さんも同じ事を)、自己流アドバイスを加えた。
泣きつくのはたいてい生活支援(笑)後は放っておいてっうタイプ(苦笑)
治るとあった、おみくじ通りになってほしい。


わたしは
昔から敏感なようでどこかとっても鈍いところが有った。
今朝一の感想、夢が教え、猫の挨拶で全部飛ぶ(笑)

よくひらめいたみたいに気づくのだけれど相当に遅いから。
なにがなんやらで迷走するパターン多し。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード