国際的が程遠い

今日は久々晴れてる。

韓国と日本の関係がこじれてるけど韓国の「恨」の言葉が韓国の概念のように
シンボル的なのだとしたら
日本とは永遠に平行線
日本は問題の一因が自己の中にも有りやしないかと思いやりある国民で
韓国は一切自己の中に一因など微塵も無いと考え自己主張する国民性

日本が以前のように思いやることを思い出して
人の良い反応などしたところで「ほら、そうだったでしょう?あなたの国が悪い」
「韓国式に書き換えて訂正しなさい」、と言われるのが関の山。
今の日本の韓国への反応はどう対処してよいか解らない末の対処。
結末が暗雲垂れ込めてるのが見えてもどうしようもない。
受け入れても、受け入れなくても日本が窮地に立つ構図は変わらない。

大統領に必ず不祥事が見つかっていずれ失脚、これがまたいつもとおんなじ
デジャブを二度も見れば普通に相当に考えるけれど。
デジャブを何回見ても変わらない、ソレが韓国と言われれば
思案に余る、日本の総理大臣、外交担当がお気の毒。



出先で「リタとナントカ」のアニメ見て、、犬が(笑)
すごく良い。

いつまで通用させるつもりなのか

韓国もやっぱりね、と思う反撃をして来る。
何処の国も思わないようなことをこの国は思ってくれる。

過去に侵略した国?
とても酷い荒れ地で、インフラから何から日本に整えて貰ってる、
植民地になってもその日本から解放後感謝した国はあれど、
恨みつらみだなんて。戦争って他国の国の領土権取得のこと
それが非道だというなら韓国は全世界を非難の対象に抗議すべき。
戦争自体が非道なんですと諭される。
そしてまた堂々巡りするのでしょうよ(笑)、一歩も進まず。

日本の保護下のほうが余程新興国としての一歩が踏み出し易く
スムーズに独立した国として機能できたはずで
侵略の意味だけに捕われてその後もずっと恨みと賠償金請求。
しかも何回も

被害者に渡ってないから、、国が悪いのに日本に文句言って
また貰おうとする。
他力本願ではなく国力は自力で養って欲しいものです。

原子爆弾、敗戦、と想起させるデリケートな日本の部分
ジーソミヤ(軍事(機密)情報協定)の破棄とか韓国が国際的な脳になるまでは
多分こんなことの繰り返し。
従軍慰安婦のことで憤慨する人たちがすることとは到底思えない。
先進国の他国はとうにわかっているのに、通用すると思ってること自体
どうかしてる。
韓国の教育とか先生親の発言から、テスト問題内容ってどうなんだろうと
読んでみたいくらい不思議な教育で育つ国。
日本はこの手の手法に屈して欲しくないから、
米にも日本への苦言、言って欲しくない、金輪際変わろうとしない国だから。

子育て振り返る1.

子供も手が離れてもう良い大人の年齢
が少々ズレてるのが今の子供世代の大半ではないかと思う。
自分達だって散々「今時の子供は(ため息)」で育ってきたというのに。

夫婦の子育ての意見が双方で合わないことが良く有った。
私は子供には基本厳しく、
しかし主人は叱られたことが無いを(優しい母親で)自慢して。
自認←私はそれを良いとは思わない、現にちっとも育ってない。
そう聞けば、他人の私には相当に厳しかった義母と思われる。
主人は、その弊害にも全然気がついていない。
世間とのズレが歴然なことからも。

幼少期の厳しすぎの反動で私の子育てはバランス重視。
「厳しさを保ちつつ子供目線まで降りる親」が目標だった。
それでも飽きたらず、今の親は少し媚びてるくらいだと思う、
子に対し。

バランスを取ったつもりでも
「子に嫌われたくない病」が世間に蔓延してる。
にもかかわらず心を鬼にして厳しく対処しようとすると
直ぐに救いの手を差し伸べる
優しい父親、早くも嫌われたくない病を発症してる。
叱られてる時に子供をフォローするくらいならいいけれど
真逆のことを言ってくれたり。
そうしたらどうなるの、
子育て方針はごちゃごちゃの物分かりの悪い母親まで一丁上がり。
そう画策することが本当に困るというか困っていた、
私だって甘やかしてると思うのに。その上を行くのか。
子供らは甘い親の評価は直ぐに丸を出す。
厳しく接した親の評価は低いものだし下手をしたら
非難すらされかねない。

酷いと思ったほうを間違ってると思ってしまうもの。

うちは一事が万事そんな感じだったから混乱気味に育ってる。
自分の時は子育てが中途半端な状態で世に放たれているので
よそと違うと思った分は常識であろう部分まで自力で近づけた。
よそんち、マナーの本、最近だとインターネット

叱られて萎縮するタイプの子もいるから気がつくのに遅れるけれど。
うちはそのタイプのようで、叱られ弱いような。
打たれ弱いっていうのかな?子育ては難しいにも程がある。

自分の時も思ったけれど公共の場で常識的なふるまいが出来ない子
どうあるべきか大人でもわからなかったりするから
栄養、睡眠、健康、が主な育児書に幼稚園迄に教えるべき事
親と子双方に教えるマナー的、読本があったらなと思った。
首っ引きで読む(笑)解らないし参考にし、安心するため。



反撃が予想外

お盆のお茶の間を騒然とさせた事件
行き詰まった挙げ句劇昂し殴打、しかもしつこいときてる。
それでもなお飽き足らず、辺りに憤怒の暴言を叫び散らかし
微塵の反省も感じてない。
その犯人の様子と年齢に驚いた。
年齢だけ見たらの話だけれど、付き添いの女性も良い歳をした大人で。

もう、お茶の間で見世物状態になってもどうも無いのだ。
車から降りても切り替わらないモードで
恥のかき捨てなんて言葉、曲解するから死語にしてほしいくらい。

昨日(猫の)にゃさん←猫じゃなけりゃ何?が吐きまして
未消化の餌の原型で結構な量を吐きもどす。
その後もまだげーげー
見たらば血が!! 吐血ーーーっ
うろたえまくって動物病院、
最近行ったばかりだったけれど。

早々に涙ぐむ自分自身、相当に先が思いやられる。
どうしても悪いほうに心配してしまう。
でも、先生の話ではこんなに元気なら(笑)
吐き戻しで胃とかの粘膜傷つけての、そこからの出血とのこと。
良くあるらしい。
懸念してた肝臓の疾患ならば
吐くとかより、元気がないとか、食欲が無い←二つとも全く無い症状。
それより野性味が全開になっておりまして
キャリーバッグの中からシャーシャーと猫パンチの応酬、
口元は、といえば噛み付く顎の振り被り
こんな猫の動き、動物園のライオンあたりでしか見たことが無い。
先生も死闘というか殺し合いみたいになるからなーって
注射もしなくて良いかなって、胃薬を処方。
この反撃の様子ったら本当に元気で、
キャリーバッグから出そうとして
出ないから斜め上に持ち上げたら
とっさに後ずさり前足だけで逆立つようにして
キャリーバッグに納まろうとする、しばし出ず、重力に逆らい踏ん張る(笑)
相当に無理があるぞ(苦笑)
やっぱり人間みたいに見えるらしい、頭良い風に見える目のあたり。
帰ってきても普通に元気。
食欲も有りすぎるほどに(嬉し泣)
でもあげない、決まった量しか。
やっとこ落ち着く。連れて行くと毎回加わる迫力に私が一番驚いた。
そういえば「ダイエット後の体重は?」と期待の私に言い渡された
にゃさんの
100g減(笑)🆚    吐いた分より少ないではないか。
私の方は1kg増(爆笑)、私の負け
双方でダイエット開始。

落ち着いたらそう書いていた、

台風の影響はさほど無し。
台風で「延期」なんてするからいつまでもお盆の行事が終わらない。

最近の空はいつも青空と白い雲でコントラストくっきりだったけれど。
台風前後は上空の雲が大きな固まりで黒みを帯びていてそれが早いスピードで流れていく。
あの天気図で見る雲の流れを直で見てる感じ。
今朝は少しぼんやり加減。

最近食べてばっかりで少し腹周りがくるしい
痩せておくつもりが追いつかず、連休合間で食べる量を調節
頑張れ、後すこしで休みが終わる。

同じことを主人も、、頑張れあと少しで仕事が出来る(笑)らしい
結婚して主人の誰に対してもやる
ケチをつける癖を凄く嫌がっていたのに
すっかり毒され少し反省
性格って案外変わるもの、
というか最近は少しだけ以前に戻ったような?
自分で言うのも何だが気持ちの良い性格してた、
いじめっ子以外嫌いな人が殆どいなかったもの
昔の私を知ってる人は
余りの変わりように驚くかな。

台風前日

朝、車を見たら車に黄砂?みたいなのいっぱい蔓延る、
外構工事がまだでカーポートもまだ無い、(暑いから工事を控えてもらってる)
庭に殆ど日陰が無いもんで。
洗車したばかりなのにホコリだらけと思ってたら
雨がさーっと降ってきて綺麗さっぱり
撥水コート効かせといてよかった。

いきなり飛び込んできたニュース
女性が20kg太った、いびきも酷いということで離婚を言い渡されたのだそう
女性はダイエットといびきの治療始めたというのに
男性は気持ちが戻るかどうかわからないからと強気の姿勢を崩さない。

こんなの通るなら世の中は女性側からの離婚訴訟だらけになる。
タピオカ片手にデブが安穏と暮らしてる。
そのカロリー豚骨ラーメンと同じ、片手に豚骨ラーメンでインスタ映え。

さすが男社会恥ずかしげもなくこんな言い分言えること自体、
男ならではの発想。


私なら冷たい性格発覚という点で大喜びで離婚する(笑)
お祝い、宴、三昧。
これぞデブの功名。デブって良かった、○もん式。
時間の無駄だったという慰謝料が出ないのは大変遺憾である。
そこまで言って本気で痩せさせたのなら偉いやっちゃですけど
気持ちが戻らないとか言ってるから。
もう一声の猶予
「もう二度と太るなよ」で釘を刺したのならまだしもだけど。

脱線気味の感想文


「父親再生」という本を読んだ。
後から気がついたのだがこの本は基本、父と息子の問題として書かれている
なかには妻から見た父としての夫
今の時代ならばあまりジェンダー意識なく臨機応変に読んで良いような、
結論に近づく程に自分がなんとなく日本の社会に対してうすらぼんやり
抱いていた思いが実像となって示された気がした。

自分がまとめ得ようもなかった事や問題点が書かれてると思った。
まあうちの場合DV等働く男を
けちょんけちょんのぼろく○に表現するので
振る舞いようがない。←予防線。

それには当たらないにしてもこの本の総括部分に有るような
主人が働いてくれるだけで
父親として合格点とあるように合格点が相当に低い
妥協するしかない部分がとても不本意なところ
ワーカホリックで家庭からの脱出の場が仕事なら
父親不在には違いない。

この本から読み取れたある男の人の半生
思いやりを含んだコミュニケーションが苦手なままに成長し、
家庭内で自動的に不動の位置に君臨する(できる)男性。
父、若かりし頃の(ここでは団塊の世代)敗戦、社会主義に邁進し
挙げ句「絶望」にたどり着いた学生運動、
仲間の死、自らも心に深い傷を負う。
失われた過去。

状況把握や思いやりのなさは家庭では致命傷
それでも家庭で揺るぎなくそびえ立つ父親。
尊敬に値しない自分、気分で家庭に参加して、
ややこしくもつれさせるか、ほったらかすをやる。
参加組は良く家庭を混乱させ妻を怒らせ挙げ句
ごちゃごちゃにしたままで手を引く、
いよいよ主流に立たされ口喧しさ=母、という構図になり毒親の誕生と。
しつけは社会の基準に則って行えばいいと思うのに。


家庭に問題をはらみつつも
やがて息子も社会人(運良く社会人まで辿り着けた事例)になり家庭から社会に、
ここではミソジニー(女性嫌悪)私的に男尊女卑と理解。
男性有利の既得権益に参画することで父と息子は相互理解し和解する。
家庭と違って居心地が良い世界。ホモソーシャルと呼ぶらしい。
確かに主人も違わず女性には手厳しく男性には甘め、、(疑念を抱く)
だいたい私を選ぶこと自体、、、(おっと、自虐)
男社会は男色が色濃い(色恋)世界と思っていた。
男同士で暗黙の了解を得、国を運営してきた経緯。


男性の何が問題か「力(権力)による支配」に他ならない気がする。
親の子への思いは子が親の背中を見て、
とか言葉とかではなくどうも抽象的だけれど
でも、本当にそうで時間はかかるかもしれないが真剣であるなら
必ず伝わるもの
日本の場合子供のころからイジメに加担するところからも
負からの出発が始まっている気がするから、
そこから変えていくべきと思う、人の良い部分を評価する練習。

あくまでも一冊の本のから感じた感想。

今日はお家に

変なのでblog名を通常に戻します。

台風はそれほど影響が無い
(狭い範囲での風の威力を見るのが好き)


昨日NHKで過去にあった事件、
村落での5人の殺人事件のその後、の番組やってた。
殺害までに至った犯人の内面の良いところを見知っていて
その間に止めることが出来なかったかと悔やまれてる女性の
苦悩、そして村落のみんなが傷ついていた。

社会からはみ出したような人、ボタン掛け違うと
なし崩しに破滅に向かってしまう。
民生委員とかソーシャルワーカーにもっと専門に学ばせ
権限を持たせて軽いうちに相談させる社会にしたらどうだろう。
あのゴミ屋敷の主に説得できる人扱いに長けた人とか、養成して配備。
武道もさすまたも完備して(笑)見てくれがダメか。
みんなが歩み寄る(微笑むだけでも良いから)のが一番なのだろうけれど。

平和の説得

平和記念式典
子供達の演説

日本は核兵器を持ってない
この式典
世界で行ったら良いのに
日本に呼びかけてるけど、日本が信じられない?
世界の一国でも説得できたなら
式典の凄い成果と思う。
国内で大声出して何処へ届けるのか
きっと世界の(非被爆国)の常識を思い知らされる。

毎年何処かの国に受け入れてもらって日本で行うくらい大々的に。

体調管理

長旅から帰って来ました。再び。台風の緊急エリアメール、レベル3
今は嵐の前の静けさという感じ。
朝、長女から体調不良の電話、寝返りの後
激しいめまいが始まったらしく吐いて、吐いて、、
急きょ私のマイカー緊急車両(ふつーの車)で出動、お隣の市まで
迎えに行き
アパート前の駐車禁止って「どういうことじゃ」とぶつくさ言い
来客の止めるところ無しだなんて。
先日次女が何気に話していた名医のいる
耳鼻咽喉科思い出して車を飛ばす。←近くだったというのもあって
途中、信号がことごとく青で、2度くらいかな赤で止まったの。
それもごく短い。
文字通りの救急車(笑)
診断結果は良性発作性頭位めまい症、私も4~5年前にかかった。
同じく「朝起きたら」、っていう、グルグル回るやなかんじ、
吐き気はなかったけど。
あん時長女は仕事が有るのにと渋々連れていったって記憶有るけどなあ
病気の時、私にとことん冷たいもう頼まないもんね、

子らが最近調子崩すのは運動不足から来てると思う。
インドア派は三半規管鍛える機会が無いから。
後は嫌でも寝返り打っての荒療治(大袈裟)で治すしかない、
「安静に」は余り意味がないらしい。
耳石の脱落がめまいの原因らしいから。

次女の目の方は紹介された九大での再検査でも結果は同じくAZOOR
少しずつ良くなってるみたい?
薄紙を剥ぐように治っていくのではなかろうか。
長女のほうはいつもそう最初大騒ぎでも治りは結構早い。
帰りは車に酔ったかも、というくらいで早く横になりたいなどと、ほざ、、
私などバスなんかで酔うとそこが未開の地であろうと
見知らぬ旅先であろうと
「ここで降ろしてー歩いて帰るからー」と叫びそうになってた幼少期(笑)

こちらはとんぼ返りで、、眠い。

でもなんだろうこの不思議な符合は
これも一部デジャブで。

お前呼ばわり

お風呂の時ワンセグテレビ持って入る(防水仕様)だから
唯一のテレビの時間。
以前テレビで「お前」ってがなってるって書いてた張本人の方が
女性に対してのお前呼ばわりに言及していて、気にしてた(*^_^*)良い人だ。


ゲスト❓がメインかな、高嶋ちさこさんで「お前」呼ばわりは許さぬ
「お前」呼称撲滅運動してると、
ご主人に言われて憤慨した場面思い出して結局お前で言い返してた、
「お前なあ」って(笑)←子が陳情に来た時の、(息子)さんに返した言葉。
「全部お母さんが悪いのだからお父さんに謝って」って子供さんが

でも、そりゃそうなるわこれは、言葉を聞いてつられた、とか
同じ思いを返したいという瞬間の判断と思う。
瞬間湯沸器の為せる技、似てる(笑)
高嶋ちさこさんは女性らしさもちゃんと有って、
ギャップが良いのだと思う。

本県じゃ普通です。
言い方による、と思う。聞き逃しているから(笑)
最近なら「お前が猫なんか拾って来るから」
なんか二人(猫と私)に対して失礼を働いてる。こういうの得意技ですから。
語調もそうで明らかに侮蔑の声色なら相当に不愉快です。
侮蔑含むと下品でしかない。

書いた手前頑張るのだ

長旅から帰ってきた(笑)主人を送るため片道50分くらいかな、
往復して蕎麦食べて来た、おいしかった。
車の運転も8月はさすがに暑く、日にあたるとじりじり痛いくらい。
これからまた長期の連休、うちは暑さは大敵だから夏は
休みを多めに。
そのかわり気候の良い時にしわ寄せが。
あれから別に太ったと言うわけではないけど
もう少し痩せておきたい、新しい家は暑くも寒くもないから
前の家みたいに「代謝が~」っていう温度変化がさほど無い
これはこれで大変。
でも、長期の休み前にどうしても痩せとかないと
食べる行事が多すぎる。
ぜーったいにその前に痩せてやる(笑)

そういえば今日は亡き母の誕生日、生きてたら9○歳

感想


最近、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)
についての記事を良く見かける。
共感性、とかは物事、人による、で当てはまらなかったけれど
HSPこちらは24問中❓の質問ほぼ当てはまって2~3個くらいかな
違ったの、研究されてたかと思ったくらい。
最近では人も招ける家、ということで付き合いが悪いという印象も減り
人との会話も2時間くらいはいける。
かなり当てはまるわけじゃなく中間位に変化してるかも。
意外と大胆な所あるし、こんなブログ記事をアップできるあたり(笑)

私は人と楽しいと思うことが違っているし、
いつまでも敬語が抜けない、
自問する。自分に向かって「あんた誰❓」って(笑)
(いつまでも他人行儀、そりゃ呆れられるわ)ならば流暢な敬語を目指すしかない。。
体調が悪い、というのもあった。
以前の家は招けるタイプの家じゃないという
3点豪華主義のため
人付き合いは敬遠気味だったし。
これも少しずつ克服しつつ有るような、と言うか案外良くしゃべる(笑)
でも今もやはり人との会話の後は気分転換で
必ず外出したくなる(笑)結局いつも出かけてるけど。

プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード