もはや秋雨、連日の雨

娘は胃カメラが何の苦痛もなく終わるということで福岡から帰省しての胃カメラ。
大腸内視鏡のほうも全般、楽だけれど下剤が劇的にまずいのが難所。
前回途中で(麻酔)目覚めて酷い目に合ったらしい。
夜遅く仕事終わり、食事もそこそこに、お風呂入って寝る。
そんな生活を続けていたら逆流性食道炎に、今回の検査で炎症はおさまってるものの
まだ、なりやすい形状にはなっている様だ←こんな説明ではない。

良く食べる子ではある(笑)
AZOOR(アズール)のほうは一日一日症状が違うようで、
今日は調子が良い、今日はどうも、、、とさまざま。
視界に暗い影は薄曇った目の前に磨りガラスが一枚との形容
それが見え辛いかそれ程でもないか、の差のようだ。
薄暗い店内とかで食事は余計に暗く感じて不自由そうだ、
今は何処の外食店も薄暗く落ち着く感じと思っていたが
落ち着かない人もいるのだな、と。

最近夏らしくない、もう長袖の出番。
雨ばかりで、半袖ではスーパーなどでかなり寒い思いをする。
冬枯れの薄暗い感じの日々は太陽光が少ない分視界も悪いのだろうな。

ステロイドパルスは副作用が大きいということと効果の程が今ひとつ、
リスクを取るより、ということで治療は何もしていない。
発症の頃からすればいくぶんかましらしい
傍からみても不自由そうな感じもなく普通なのだけれど。


体内の神秘、自然治癒力を呼び寄せるしかないらしい。
こういう分野もゲノム解析で治療法がわかれば良いいが。
なにせ患者数が少なくマイナー過ぎて。
でも、失明のリスクある眼病はもう治る時代に突入か
ゲノム解析、編集、アメリカが着手したとか。

今の社会全般、自然治癒力(ミトコンドリア活力)が発揮出来ない環境にある気がする。
食べ過ぎ余剰エネルギーが体内で右往左往して、挙げ句居座るか
お腹壊して終わってるのが日常

朝起きて顔の感じが日々若干違ってたりする、今日は顔の調子が良い、とか。
酷いときがあると出かけたくなくなる(笑)
まあ自分の中の基準なので実際たいしたことは無いのだけど。

トランプ大統領を見誤ってる、
大統領は戦略的にもそんな単純に動いてる訳ではないし。
アンバランスが良いバランス加減になってるのが不思議だけれど。
米のほうが百倍まともだし、比べようが無いくらい。
自室のテレビがずーっと壊れてて直して見たらばこんな感じ。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード