国際的が程遠い

今日は久々晴れてる。

韓国と日本の関係がこじれてるけど韓国の「恨」の言葉が韓国の概念のように
シンボル的なのだとしたら
日本とは永遠に平行線
日本は問題の一因が自己の中にも有りやしないかと思いやりある国民で
韓国は一切自己の中に一因など微塵も無いと考え自己主張する国民性

日本が以前のように思いやることを思い出して
人の良い反応などしたところで「ほら、そうだったでしょう?あなたの国が悪い」
「韓国式に書き換えて訂正しなさい」、と言われるのが関の山。
今の日本の韓国への反応はどう対処してよいか解らない末の対処。
結末が暗雲垂れ込めてるのが見て取れてもどうしようもない。
受け入れても、受け入れなくても日本が窮地に立つ構図は変わらない。

大統領に必ず不祥事が見つかっていずれ失脚、これがまたいつもとおんなじ
デジャブを二度も見れば普通に相当に考えるけれど。
デジャブを何回見ても変わらない、ソレが韓国と言われれば
思案に余る、日本の総理大臣、外交担当の与党がお気の毒。

私はといえば大事なこと、考えても、考えても
ただ私の勘違いも多々あるのだろうな、と。
それは盛大に。
私のおつむでは、、、それに日々何かが飛び込んできて。
早く月曜日になれ。

出先で「リタとナントカ」のアニメ見て、、犬が、(笑)
すごく良い。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード