おみくじ



今日は外は風も強いし肌寒い、寝るときもとっくに長袖だし。

昔から誕生月の秋が好き、なのに月運は悪いらしい
そう感じたことはなかった、
運勢が良いはずの夏(場)休みに必ず心身共に体調崩す学生時代。
勉強嫌いでもどうやら寂しいみたいだ。

こちらの梨は赤梨が主流
個人的には青梨二十世紀梨が好きだけど店頭であまり見ない。
運動会でよくたべてた、あの頃のは酸味が強く、、
今は思い出としても好物の。
最近よく食べるパイナップルやらキウイ、もうすぐ大好きな柿の季節。
面倒くさがりにはもってこいの、皮ごと食べられる高価なシャインマスカットも
出回り(高いのに味のばらつきが激しい)
でも味としてはピオーネのほうが日本の葡萄らしい。

敬遠してたのが桃、でもトマトみたいに湯むき出来ると知ってから
皮がつるんと剥けるから今年はよく食べた。
ただ変色するのが難点、
りんごはハチミツを溶いた水で変色は防げる、甘くなって一石二鳥。
味を損なう塩水とか嫌だし。
思い出といえばポポ、ポポーまたは
ポーポーって引っ張るらしい (自由か)
アケビガキとも呼ばれている
そうか柿か味を思い出すと
柿と牛乳←まずそう(嫌いな牛乳がどうしても登場する)
を混ぜたような味だったら少し近づいた気が。
未だに味の錯綜。確かにカスタードクリームっぽいやわらかさ。
過去の謎、文字通りの幻の果物に
(実家に有ったのに父により伐採された)
あれも、もう一度食べてみたい。


不思議だったのがおみくじ
引っ越す前は一度も「引っ越すな」と言う文言を引かなかった。
今引くとたいていが引っ越すな(笑)
懇意の神宮でおみくじ引くと泣きそうになるくらい親身で、
しかもこんなにあるのかという程にいつも書いてある内容が違う
心境に寄り添ってて、二ヶ月程前などあきらかにしょんぼりしてたら
「元気だして」(そんな感じの内容))って、笑ってしまった。嬉し泣き。

だけど伝わる(わかってくれる)心に励まされると
本当に心から嬉しいし感謝もするもので。

誤解されていないか気になる今日この頃、
実物だって曲解されるのが日常の
伝え方に足りないものがいつも後から。
実物より多弁な、せめてもの弁明blog
プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード