作文の思い出



私が子供のころも低学年辺り自分は虚弱体質かと
環境の激変(遊びからお勉強)から感じたものだった。

それとは関係ないけれど思い出したことが。
先生にテーマを出されると案外書けた作文、小学3年生くらい❓
「家族旅行」みたいな題材で作文を書いた。
父と母が旅行に使う交通手段で揉めている時の
夫婦喧嘩の詳細、一部始終を、台詞抜粋で(笑)
ひどい内容じゃない、親が言ったことの口真似応酬を二三。
教室に笑いが起こる
作文の文章の最後の締め「家庭が暗い」みたいな結句(笑)

これを先生←(唯一話のわかる親身な先生)ったら家庭訪問の時に暴露
母赤面。後に先生の見事なアシストだったと知る。
母はそれ以来私の前で夫婦喧嘩をしなくなったから(笑)

台風もなんのその

昨日の台風久しぶりに酷かった。
長女の帰宅時が調度暴風域に、玄関ドア開けたどさくさ紛れで
何かが起こった。
しばらく気がつかなかったが
暴風の為帰宅をあきらめた長女絶叫

猫のにゃさんが居ない

部屋中を捜したが居ない、どうやらあの時(どのとき?)

私に「呆れた様子で外出て見たら?」って言ってた長女
玄関ドア
風が全面に当たって重たいのなんの開けたら最後閉めるのに一苦労。
安普請だったらドアごと飛んでいく勢いの。
風向きによっては閉まる方に勢いついて指の怪我等に要注意です。

こんな風の中どうやらにゃさんお出かけのご様子。
外の異変に気付かんのか呼べど叫べど返事は無い。
いや確信犯だろう。
でも、今までの経緯
にゃさんは絶対に大丈夫と、根拠もあるし。。寝る。
夜中の1時「風もおさまった」で
玄関開けたらサトウのご飯、じゃなくにゃさん現る
やっぱりね。ご飯にゃ?って言いました。


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード