トルストイ

イライラしない対処法
NHKの番組に出ていたアドバイザーの方
この対処法聞いててイライラした。
変わらないなら、自分を変えるって、ずっと旦那さんといる間中
別人になる努力するの?誰だよ私は?ってなる。
だから日本は根本の改善が出来ないし奥さんが進歩するのみ
旦那さんは永久に変わらない、ってなる。


気分を変えよう。←結局(笑)

通りがかりの神社
葉を落としたイチョウも良い
そのうちかわいい葉っぱが出てくる
神宮でほんの少し多めのお賽銭入れたらばお祓い後
どうぞおみくじをと、
たくさんの山の中引いたおみくじ
今は動くな、←だから冬眠してる   
またです。これで通算3回目しかも全部違うおみくじ。
2月も、の4回目これも違う番号。
ふしぎ。冬ってことですかね。

英語の覚え方
厭わずnice to meet you (It was)
意味  お会いできて良かったです。

人見知りな日本人の場合少なからず含まれる
なにせ厭わないのだからポジティブ

トルストイのイワンイリッチの死
を読んだ。
久々に大作を読んだという感じ。
なにせ古本で和訳が古い書籍、今では使わぬ言い回し
古い漢字が使われていて少し読みかけて
登場人物の名前が次々と出てくるので記憶するのが大変
主人公不在の上
誰?って感じで舌も回らない名前だし止めようかなと思った。
でも諦めずに最後まで読んで本当に良かった。

一凡人の(言っても結構なエリート)死に至るまでの
心中の変化が実にリアル。
読みながら夏目漱石の最期も想起させた。
漱石の場合は本人の心中ではなく傍から見た
漱石の壮絶な最後、子供にかけた言葉等を、、(泣いた。

もとい、読んだ本の内容に戻る
死に至るまでに達観する、自分なら追いつくだろうか?
甚だ疑問、理想ではある。

この前書いた下手な演技の死の描写シーン
この作品のような描写であるなら
また、書かれているこれくらいの演技ができるなら
真に迫っていて演技する上で失礼に当たらないかも
また自分が想像する、また後に体験する死
意識は自分のままで居られるのかも問題だし
いまは医療も進んで長寿、でも健康寿命はどうだろう?
認知機能が健全なままかどうかも甚だ疑問で

最近仕事もなんやといろいろなことが大変で
脳を休めてる暇はない、考えてはみても
力になれない事ばかり。
プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード