日本はいつもうまくしていたキーポイント

新型コロナウイルスで持ち切りの世の中
ついにはウイルスは心の問題にまで到達し
善悪せめぎ合って沈思黙考する、悟るものと暴れるもの両極端。

昔のウイルスや病原菌発生時の想像が今と現実ではずいぶん違うのに少々驚き(苦笑)
私の田舎の故郷は特に清掃等怠ることで不衛生になりがちな庭、真夏に消毒のおじちゃんが
毎年のように現れることが恐怖で、、消毒の音の轟音が

最近の日本早期発見でSARSもMERS(韓国でアウトブレイク)も流行らせなかった日本
それもこれも正常に機能していた古きよき頃のWHOの速やかな対応と流布も
これこそ、かの日本が?!と

感染者が出たらその家に消毒隊の人らが
バスターズみたいにして現れることを想像してた程(笑)
消毒用アルコールさえ街中から消えている。
お酒を吹きかけ手術する時代劇
想像が何もかも古い(笑)

すべてのキーポイントは中国に
うまく付き合うべきだった中国、慎重に考えるべきだった。
何かが追いついていなかったのに横並び。
大きなキーワードでこちらとあちら側でみなが気づいてること。
そして今がチャンスの中国が数多く目覚めてくれれば。

最近の日々のこちらは感染者ゼロ、このままいければいいな
どこのお店も施設も戸や窓が開け放たれて
今の時期涼しい風を感じる。

店名を公表されて気にするような玉じゃない。
ルールを守らずに酷い目に合って罰を受けた人間に
自業自得の感想言えば、性格悪いって、
だったらこの世にルール要らないの?ってはなし。


ルールを守っても充分たのしかろうて。
始終だったら麻痺をする。
何でレムデシビルが最初?書いてる副作用が1位程に怖い。
散々死と向き合って決めるのならどちらの薬も色々と言われて当然だけど。

岡村隆史さんは悪くない?(注、そんなには)
後から考えたら口が滑ったような、
以前テレビで岡村さん自ら話をされてるのを聞いたことがあるそこから
推測しても自分の感想というより他者の気持ちを代弁したつもりの
軽率には違いないけれど
日本には世間全体の古めかしい風潮が依然として有るだけ。
だってそう思ってるから言うので有って良く聞きますもん。
最近でしょ禁句になったの。世界への世間体か何か知らないけど
プロフィール

CHAKOMO

Author:CHAKOMO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード