無症状って答えが出てるなら

白人史上主義って全然白くないし(笑)
内面の悪さが政治の足を引っ張ってるってのがわかってない
余りに単純過ぎる

雑感
家の中やること多過ぎてちょっと休憩。
トイレ詰まらせて大変な目に合った、スコップで紙砂を足すつもりが
なにを勘違いしたかトイレに流し
即効で固まる(笑)でも、バケツ、杓、棒、スコップで無事に
どう使ったかはご想像にお任せで
解決しました。溜まってるものが紙砂だけで本当良かった(笑)
おかげで新しい杓を買いに行くはめに

うちのは大きめモップは定期便で
市販のなら定番の平型ワイパーじゃなく
しなる縦型のワイパー、ゴム製で幅は1cmくらいだから
隙間も拭けて便利、もう一個はP&G大判の物。

コロナもなかなか収束へ向かわない大都市
無症状の人が知らずに人に感染させるって事なら
病院が患者で込み合ってない今こそ
全国的にPCR検査をすべきで、ほんとに今こそ
次に備えておく、防御策じゃなく
そしてなぜ無症状で済むのかをゲノム解析とかで調べる、それが
コロナを知る上で一番な気がするけど。

コロナでわかったことNHKアナウンサー近江さん
番組をまとめるのがうまい、
表立つ割合が今ちょうど良い。

人と 
しかと馴染めぬ私にゃお誂え向きな状況か。

家庭健全前提の

今は大江健三郎の個人的な経験を読んで読了
書かれた作品群はどれも感情表現が緻密
すごく衝撃的な内容だった、後半当たりまで
主人公の男性の身勝手さ、
どう動くにせよ大抵の男性が思い至りそうな心境
そして誰もが大なり少なり抱きそうな

若さから来る願望の優先、世間体も、
狼狽し、結論までが早急過ぎるとも思え、
でも、赤ん坊の人生を思ったなら、、、葛藤
だからといって、いくら重い障害があれど命が有る
だから主人公は母親から赤ん坊を剥奪しても良いとした。

赤ん坊もそうだけれど肝心要の女性が育んだ
赤ん坊の母親も置き去りにされて

時代が今の場合は妊娠初期の判定も有るし、
医学の進歩も、時代は変わった。


短期間の出来事による切実なる心の葛藤と自己嫌悪
後半の展開がなければ救われなかったけれど
主人公の心境経緯は最後まで意外だった、
すべてが短期間で、始終周囲の目が主人公を責め立てて。
心理面でいけばノンフィクションでもあろうから
賛同するかは別にしてとても気持ちはわかる作品だった。
~7月3日に追記  ここまで。


自分もこの間リモート会議なるものをやってみた。
ふーんこれもアプリが有るのか、って相手に言われるがまま
しかし、気恥ずかしいもの、
一応全部ちゃんとしとかないといけないから。
リモートでも図表説明が意外と伝わるしよくわかる。

突如部屋の一角が急ごしらえのオフィスになる
何部屋かある一戸建てくらいの家なら良いけれど

地震の時借りてたような部屋数限られた狭いアパートとかで
始まった日には、
「コロナ」で背に腹は変えられないにせよ
ご家族も大変でしょう、そして本人もだろうけれど
うちなどは以前からで電話が鳴ればなにより優先、
食事中だろうがなんだろうが取るから、
のべつ幕なしで家庭だんらんなんて感じたこともなく、
ついには、家庭としてけじめのなさが身につく次第で。
いつの間にかだから何度も電話が繋がってると知らずに
会話をしてしまったとか、余りに長くてうんざりしたり
まとめてから話さないから

それに加わってここ何年かは聞き取れないからワイヤレスホン
最近はだいぶ減ったとはいえ部屋中響き渡る声は日常茶飯だった。

これに加えてリモート会議なんて
声だけじゃなくどうかしたら姿まで何処かの一室にお届け
自宅にも仕事部屋がないと、ってなる。
いつプライベートで気を抜いたら良いのかわからない。


家庭のありようって大事
子供の時期も相当にきつい思いをしたことを思い出す。
母が見かねて改善してくれましたが。
狭いなりに思いやりを感じられればそれですむのでしょうが。
思いやりが追いつかないくらい頻繁になるから。

電話で遜る癖のある私、というかいつも
どっちがお客かという
緊張解いてやろうと「ハハハ」って合間に笑った。
したらばその会社の電話の相手が
合間合間でフンフン笑うのなんの、
さてはフンフン教の教祖か?
私以上にリラックスしてどうする
こちらの失念を、だから

笑えなくなった話。

さて、今年の目標
前世挨拶。

マスクでもされた日にゃ


散らかし気味ですが
にゃさんの顔も多少散らかり気味?と、言うか集結してるか
フラッシュの瞬間。ゴ、ゴメン

にゃーで表される一連の要求
実に多様なる音の強弱と時に言葉以上の情感が伝わり
こちらの感情も相当に??で掻き乱される。
ドタバタ壁を蹴ってターンし2階へ
だけど言葉がわからないから、って言うか
にゃさんは単純だからだいたいわかる。
人だったならうちのは歴代本当におしゃべり
チワワンにしても、こんな梅雨時は思い出す(笑)って
あの狭いアパートでの騒動を
表現力豊かな動物達に縁あり。

お笑いの人の浮気問題とかどうでもいいと思っていたけど

わざわざ騒動の本人が
番組の中でもう済んだことことのような文面←個人的意見
雑誌紹介で火に油を注いでた。
この文面どう思いますかって←何だろこの企画(笑)
テレビだからインタビューに笑いながら答えてる
テレビ写りとか気にするから女性は。
それ見てド単純だから男性は
笑ってるんだから笑って済ませていい話だとか言う男性陣
男は全員男の味方
これって人種差別と同じ、女性蔑視の社会問題だと思うのに
あの朝の番組、司会の人もそうだけど世論の代表みたい
それに迎合するコメンテーター達が結果
女性に対して木で鼻をくくったようなコメントに終始する。
女性は毅然としないといつまでたっても
男性に良いように扱われる。

「仕事とコミュニケーション」だけを取ってきツケが
とうとう家庭で修復しがたく、
問題を起こす←注意←自己嫌悪←問題を起こす←文句垂れる←自己嫌悪
エンドレスだもの。
どう考えてみても良いと思わない話をし始めたとき
2階に行きなさい(逃げなさい)と言っていた師の教えに従い
これまでやってきた。逃げる場所を間違えてる(笑)
にゃさんと同様に。

7月に主人は仕事で、他一名の男性と奄美大島へ
奄美大島か、良いなあ、
行く?って聞かれたけど、4日も
よく知らぬ人と主人(笑)3人では無理
断るの前提で聞いてくる
二年ぶりくらいの主人の外泊うれしいo(^-^)o
全部台風とかでおじゃんになってて。
夫婦互いの自立で別荘計画浮上、前向きで良い。
悔いなく生きようと。

コロナ禍にあってもなお

包み込む余裕
白も黒もと全体を内包しているアメリカが格好良いのであって、
アメリカが一色になったらつまらない、考えもなにもかも偏るだけで。
まず考えると言うことをしなくなる、そのうえでやはり銃は持つのでしょう。

身体能力だってオリンピックで相当のものだし
音楽だってブラックミュージック音楽の醍醐味内包
何だか自然派生的に生まれ来る感じ
大地、生命の、礎アフリカ
ブラック、なんて好きな色、ブラック!格好良い響き
黒髪日本人に似合う黒
子供のころなんて夏休みに入ったら
どれだけ元気に屋外(プール)で遊んだか日焼けを競って
一位が表彰されていたくらい←私じゃない、元気の証。

白いと言うことにもしかして
潜在的に劣等感でも抱いてやしませんかというくらい、
なんでも秀でてる、
なにせ人類の祖先、崇められても余り有る。

今は外気もフロンガスでオゾン層破壊
メラニン色素少ない人種は皮膚ガンに、の心配要素大。
だいたい世の中おかしいのは
優位に立つものが戦争に勝って←いじめっ子の勝ち
いじめっ子=反省なんかするわけない者が←(止めるものが居ない)
世界を今二分割にしてこれの何処が先進文明なのか
弱者の世話をしないこと甚だしくて
サバイバルゲームでもして最後にたった一人で
生き残るお馴染みの不正義映画、地で行くつもりの
世界最強大陸思考。地球上に代表的二組も、否
何組も居て多すぎる。

上に立つものは自制も出来て他の制御も促進も
人道、環境守りつつできるものがするべき。
お呼びじゃない。けど
失礼しましたと去るような玉じゃない。

お酒の抗体検査も

庭のオリーブに実が成る、まだかわいいのが3粒ほど。
後から後から成りそうだけど。
食べ方は
焼いたり干したりして渋抜きして塩浸けとかお酒に、とか書いてあって
果実酒なら良いけどオリーブのお酒ってちょっとピンと来ない。
どれかは、試してみたいけれど。
後、すくすく育つポポちゃん、これなんて植えてもいない
若芽の赤ちゃんと並んで一緒に育ち(笑)

後アボカドなんかも植えてみたい。

お酒といえば父が酒豪で、でも結局タバコと同じ
しばらくたってドクターストップ、
何やかや心労重なったときさすがにちょっと身体がおかしくなった
父は病院が嫌いだけれど
歳を重ねれば嫌でも病院は近づくものだし医者の言う言葉は大きいしで
ちょっと脅かされたら禁酒に踏み切れました。
臆病なこともたまには良いことある。

それに実家の義母、断じて飲ませない人で
うっすーい焼酎の水割りを毎晩飲ませて、もうこれは拷問。
だって水だか酒だかわからないくらいのを飲まされてくうちに
酒って、こんなにまずかったっけ?ってなって
断酒に成功したのでした。
私はお酒には弱くはないけれど飲んだ後の気分が嫌なので
深酒は全然しない、でも飲み始め酔えば、
止められない脳内になることはわかる。
キッチンドリンカーの人の家に行ったことが有るけど、
悩み抱えてた、(でも皆そうだと思う)安易に手に入るお酒。
お酒ってこんなに問題起こすのにアレルギー検査みたいに
飲んではいけないよ、って人を(量とかも)区別する
酒に対応できる身体かどうかの適性を
せめて常識化したら良いと思う。。
肝臓がまた、沈黙の臓器だなんて、、その前になんか言ってよ。
沈黙のあと硬くなるだなんてナイーブ過ぎる。
痛いよとか、苦しいよ、とか言ってくれないと。


父もここだけは義母の功績なのかな。
本当に酒は飲むので有って、飲まされる、になってはいけない。
説教がましく読めるかも知れないけど昔を思い出すみたいに書いている。
今日の一曲
郷ひろみ「言えないよ」

食べたい、にまで結びつく


以前買った有田焼のご飯茶碗右の物(波佐見焼き)
有田焼はコーヒーカップでした紫のグラデーション
外の彩色は赤で綺麗な対比を写したはずの写真が
保存の際何処かに消えた。
    ↓
ピンぼけですがありました。

うさぎさんのはご飯を盛る白地の内側に目と耳が赤いうさぎさん



どちらも子供サイズ、私用ですテンコ盛りだと意味がない(笑)
代替え食品に大豆でできた、(テンペとかは少し苦手だけれど)
油揚げが私の場合肉の代替え、(肉が切れているときは、です)
子らがいるときは作りません、
お肉どこ行った?って捜索しだしますから。

油揚げをフライパンでカリつきが甦るまで焼き
めんつゆを表面にほぼ均等にかけて両面を焼きます。
サクッとなる感じになったら切り分け野菜炒めとかに
入れるのですが肉なんてなくても全然いけます。
少しお豆腐部分の残ったのなんかで作るのも最高です。
これで油揚げそれほど好きじゃなかった、
マツコの知らない世界見ていてだから
食レポって伝わりが一番大事、記憶に残るって点でも。
なにがダメなんだろう

代替え品といえば今環境的に問題になってる使い捨てマスク
ほとんどがプラスチック製なのだそう
日本で環境に優しい石灰石で出来たもの、とか日本の企業がすごい
使い捨てはもう買わないようにしようと思う。
世界は間違った所を修正しないと。
水面下で効果的に動いていく。


面白い木だなって思って撮った。
撮ってからよくよく見たらこのアングルだからこその
この写真、どうにも笑顔の人の顔というかアニメっぽいものに見える。
車から撮ったもの。

ナショナルジオグラフィック別冊
「動物の言葉」っていう
雑誌が面白い
やはり動物同士や昆虫、魚、植物らのコミュニケーション
あらゆる情報伝達、泣き声、におい、配色、ジェスチャー、音、タッチ
複雑で到底読み取れない、人間より高度なのか。
自然界の異変とかもいち早く気がついているとか有るのかも。

今朝の話題、世界の最も(笑)美しい顔100人とか?
なんでも「世界」を冠すれば箔が付くかと思ってる
誰が選んでるかってこともそうだけれど
しかも選ぶ人の好みって基準(笑)
幽霊が綺麗とも言われてきた昨今
選ばれぬのはお化けの類だったから
個人的には知性派が断然綺麗に見える。
冷静に考えたら失礼極まりない
顔なんて今や自然から人工物に至るまで多種多様
後々AI搭載美人も参戦して来るのかなあ、。

日本ではコロナもワクチンの希望の光見えてきて
ただ日本の警戒の仕方は過剰にも思えて少し窮屈。
マスクを外すタイミングも見失って、
表情が読めないから、コミュニケーション上は不利。

ANTIFAが本来の意味を履き違えはじめたのか?

ANTIFAとは反ファシズムの意
一部なのだろうけれど、、よくわからない。

中国そのものが独裁政治なのに

飴が降ってる?って音。
雹じゃないけど。

鳴かぬなら


人のことなんて言えない
備えなくて憂えた。憂えてた。

あの地震の前と後私の人生
熊本地震はコロナの前、後
それ以上に日常から変革、それによる考え方の変化
もうダメだと思えて気力さえなかった日々を前向きに変えた。
ピンチ時のチャンスみたいなものを受けとった。

ここまで生きてきてつくづく思うのは
女性の経済的自立の難しさ、なにせ日本での給与は単価の安さも手伝って
なかなかな低賃金、女性となればもっと低い
結婚により人脈が変わりまた
出産時にはどうかすれば職場復帰もできずリセットとか
マイナスに思えることも愛情があればこそ乗りきれるというもの。

ということで、貯金の進め(笑)
幼い頃から貯金→貯蓄と名を変えコツコツと蓄えるのです。
鳴かぬなら鳴かせてみよう経済的自立、これです。
悲しいことに、日本ではこれでこその男女同等とさえ思うから
気力もなかったあの頃、環境変わって知ることも、
まだ先が有る、ていうか有った。

昨日のテレビの健康番組再現で
息子さんに至れり尽くせりの母親
もう二十歳も過ぎてる。
その他諸々のお世話。
雑用はしもべ←(しかもしもべじゃない)がするものという
日本人の概念、どこかで根強い。
至れり尽くせり振りに驚いたのなんの
自分のことなんにも出来ない殿様。

このまま結婚したら殿様(日本人にその傾向あり)から平民扱い
それが嫌だからついに実は、と暴露して(され)通常運転するから
あえなく、、、不仲に。
こういうのはいくらなんでも結果として親が悪い。
だいぶこういうタイプもいなくなりました。


変だと思わないなら末期かも

テレビってとても狭い範囲のエリア訓練boxに思えて。
国民は毎日訓練に勤しんでいるんだあって思う。
判定しながら観ないと本当にサラっと変なこと言ってる。
毎日毎日変なこと言ってる。
判定するこちらだって材料乏しい足りないおつむで頑張るしかなく。

今回のお笑いの人の一件、そういえばネタに不快なものが有って
それ以来いやだなと思っていた。
あれ今までのと種類が違うと思う。
凌辱だと思うから、情緒無しの男性が作るエロビデオ
選択肢に有ること自体問題だけど、
それで育つから実行するに疑問ももたない。

最近の短期間でさえこの種の話題、散見する、
これこそ日本のえげつない←調べた(人間味がないことらしい)
エロの教科書問題にすべき。

ネットももっと進めばどこでも簡易スクリーン鮮明画像になって
主流になっていくような気もする。
観るもの聞くもの環境整えないとめちゃくちゃになる。
AI画像の女の子を映し出すテレビ
ただでさえ女性に対し横暴気味な日本男子
ますます生身の人間相手が出来なくなる←食い入るように
ハート目線のタレント←アホを見る目で見ていたこちら。
見てる男子を反対に育成したら良い。
そんな倫理国際基準ってものを作って行かないと。
WHOみたいに権力持った誰かの意見が突出しない機関。

日本もそうだけど多くの票集められる団体に媚びてねじ曲げられ
環境問題も差別問題も知らん、
資本主義の弊害。

票がいらないから自分に甘えて好き勝手する社会主義の弊害。

個人的に世界は社会主義みたいな、と思う、
想像主の与えた地上で恩恵を受ける、創造と破壊繰り返しながら
正しいなら均衡保つし、神的存在にとって変わるなんておこがましいこと。

中国の考えは荒唐無稽なうえに生半可じゃないから世界各国の国の首脳は
相当な覚悟で当たらないと民意離れで各々の一切の権限を失いかねない

内面で浮き勝ちな

○○○○○←自分の名)をもう一回やる?尋ねられたら
来た道たどって遠い目になる。

自分を客観視したらどうしてこうなる?が口癖だったから。
思うのと反対にばかり転ぶ。
何が問題なのか(薄々というか濃々で解ってるような)
ちゃんと最後まで育てて、って言いたい(笑)
いや、大変なんです子育ては、自分じゃ忘れてるかも知れないけれど
親そっちのけで自ら育とうとしてたと思うし
親も大変だったんだと思う。
今思えば親も一緒に育つからそれで良いのだと思うけど。

でも、違う人をやりたかったかっていうとそうは思わない
自分じゃないと感じないような、育ち方から来る考え方
何か、どうにも一般的じゃないけれど、
でも悪くない、と、強がり。全然思わない時も有るけど、、


久々に雨降ってる
雨粒が大き過ぎるから睡蓮鉢の水面を揺らし
雨粒同士で波紋を壊し合ってる
相変わらずなにも浮いてない睡蓮鉢。

雨の日は落ち着く
晴れた日はみんなが浮かれすぎて見えるのかも
雨の風景が好きな理由、視覚的には代わり映えありすぎる
悠長こいてるとざっぱーんって来ますから
で、みんな少し落ち着く、
風景からなにもかもすごく綺麗

尊重しないから

夫婦のあり方がおかしい

誰に食わせてもらってるんだ!
普通に聞かされてた。、お馴染みの台詞だった。
この台詞に集約されている。
完全に(妻)配偶者を使用人扱い
この場合ご主人の給与が使えるにしても
この台詞が証拠に
妻に対して夫から給与を与えられてる形、
こういった意識がなくならない限り
家庭内で男女が同等な立場にはなり得ないと思う。

どうして今でも給与の差が歴然なのか
男女平等は給与格差の是正が急務
世帯主は男性、という考え方が古すぎる。
男性と見れば雇用主も当然のように家族持ちに対して
給与面の配慮が行き届く
今では愛情の破綻等により別離、母子家庭も
多数存在する。
この場合の優遇は微々たるもので。なぜなら旧来の女性基準だから。
生活のため仕事探しするより主人になる人を捜すくらい
文字通りのご主人様と使用人みたい
日本の男女格差は生活面の上下関係で培われ
これが幼い頃から目に焼き付き染み込んで
常識として育つからいつまでたっても
男尊女卑がなくならない。

世間での悪しき常識
一つ思う、生理もなくなり子供を生まずの人にイコール男と同じ
というレッテル貼り、扱いをする、してくる
そういう風潮ある日本でパートナーも年を取って、、
となれば何故文句を言われつつ一緒に暮らすのか
ほぼ一方的に横暴(なにも出来ない)な旦那さんを世話する。
それこそ女の切り札
「男になりましたのでおいとまさせていただきます」
と、ならないのは男性側にとって
自分をよく知ったお世話係が居なくなるから。

添い遂げることを美徳のように言われても
それは間違いないと思える相手とでないと。



何でこんな記事と思ったら
ドラマ「逃げ恥」を観たからかなあれは雇用の形態を取ってるから
横暴でもなんでもなくむしろ優しい
ひらまさ君?、みたいな男性なら合格点なんでしょうけど。

差別について語ることは勇気が要ることだし、また知名度とも比例もするし
声を上げるとなるとまたその後が大変なのだと思う


それなのに大きな国レベルにあっても差別問題に対して
消極的とかなら、そんな政治家は選びたくないと思う。
中国はいろいろと画策、扇動、印象操作も
でも今に中国は内外から不満爆発で立ち行かなくなる
新たな説で操作したところでたかが知れてる。
トランプ大統領もそうで世界の民意から余りにも離れると
国際世論が許さない。
世界中が互いに差別し合ってる、何これ?

コロナ後の

ちょっと帰宅が遅れて昼頃
「あ、もう12時だ」って言うから何で?と聞くと

人気だとテレ東?なんて映らなくても
🐻本でもテレ東のお宝鑑定団、観れたりする。
これが一番好きで、私も鑑定する番組は好きだけどここは
譲れない
私は自室で裏番組上沼恵美子さんのクギズケを観る。

ここ、なにを選ぶかが大きい
姿勢もわかると言うもの(笑)
上沼さんの言う、男性への家での役割と要望、
世の男性からすれば全くその通りと思うだろうから、
観てたら耳が痛いし
口では物分かり良いふり。
内心口には出さねど自己擁護してるから。
その証拠になんら行動に変化がない。
でもそれを、老舗みたいに長年やられたら
飽き飽きする。、、どころの騒ぎじゃあない。
お互い、いきいき生きてる相手を見て幸福に感じ喜ぶことのできる
配偶者を選ぼう。スローガン

アメリカが世界のトップになりたいのなら人種差別問題
国際人らしく国際的に振る舞うようにしないと
中国と同等と言われてしまう。
歴史的に見て過酷でも
一人の人生としてはその地その環境
同じような寿命短命で、。

今日の一曲
佐野元春
楽しい時、それに経験の唄この曲 究極 

まさにせつない

そういえばIR法案可決、コロナで集客なんて見込めないし。
なにより治安悪化

米中撤退相次いで。

中国国民に日本の不動産を買いあさらせるのもどうなのか。
相手は社会主義国、日本の不動産が中国の財産になる。
何故取引が成り立つの?

意気込みを削いでる

朝、ニュースで市民の意見として聞いた
このコロナ禍で自粛もなんのそのでやったもん勝ちとか言って
正直者が馬鹿を見る、とか言ってたけれど
私はそう思わない。
短期間で見ればそうかもしれないけれど長い目で見たとき
あの時ちゃんと真面目にしていて良かったと思える。


長い目で見てきた相手(連れ合い)とか正当に判断下してるから。
もういい加減結果出してる。
反対に言われる部分、無いとは言えないけど。
こちらはおまけみたいなもの。

例えば、備えあれば憂い無しとか
寓話的なら、アリとキリギリス(今するべき忍耐みたいな)
ちゃんと証明されてる、と、自分にも言い聞かせてる(笑)

人種差別問題
その前に男尊女卑、女が意見することのほうが日本では勇気がいる
まずはそこから、国民の総意になってこその国際化。
人を大事にしてないってことにつながる。いつもここから
国際的に行く以前の問題。でもそこも静かにしてる国民。
差別意識、人は自分より弱いと見たら叩くもので。

だから中国なんて
人種とかそっちのけ、なんのそので何処へ対しても果敢。
ここも一考、どうしたらあんな国家主席思想になるのかと。

解除になったって消えてないから

熊本も患者数がゼロになって
ずいぶん気が緩むかと思いきや案外何処に行っても
収束前、後、警戒はあまり変わっていない。
繁華街とかの様子は普段から行かないから知らないけど。
宣言解除ってコロナの見えていない「人」が言うのだから
その言葉で警戒緩めるのは違うかなと。

身についたのがちょっと風変わりと思う未来的人との接しかた。
そういえば子らは早くからSkype会議とやらを
やっていました。
行く手間は省けるけど、って。仕事みたいな話し合い(笑)

ある程度の解除が行動まで緩ませる、自分も出先で何回マスクを付けに
車に戻ったことか、それくらい案外緩むもの。

お店の物言わぬ態勢で思い出すのだから。
解除になっても緩まないんだ、って感心する。
確かにコロナは潜んでるしどこにいるかわからない。
収束後もマスクとこまめな手洗い、ここが
一番大事と。

差別問題があるけれどアメリカ白人にとって黒人の人は
力が強いという先入観が有るらしいが
それにしても権力者の職権乱用
そういう心理的思いから感情まで悪辣になり常態化
拘束時
感情の暴走、圧力のかけ過ぎでそうなるのだと思う、
アメリカの警官の横暴さたるや
拘束までの心理面の心得や仕方等、考える必要が有るのでないかと。
日本でもたまに起こるけど、カッとなりやすい警官は適職ではない。
圧力をかける拘束のしかたは命にかかわる
世界全体の問題と思う。

観光客として中国の方々が来られるのに
日本側が経済目的で「もみ手」して待つ、では困る、。
検査態勢は万全に、それが中国側への好印象につながる。
難色を示すことは差別じゃない、コロナ持参では国益にならない。

あえて言うまでもなく

過去の戦争で勝った国が悪さをせず
居るかといえばそうではなく。当然、勝ったのだから。
案外結果的には土壇場で何処よりも酷いことをしたのが戦勝国

戦争に勝てば日本やドイツのように反省する必要が無い。
でも戦争に勝った国って良く考えたら
何処よりも断トツで酷いことをしなければ勝てないわけだから、、世の中矛盾してる
だから今度は過去の戦争で反省の無い国が
悪さばかりする。
そして悪さのトップ争いをしてる。
主に日本・ドイツと敵対した国がずらりな国連
戦勝国とともに連なる。
いつまでもいじめっ子気質は正されず。
本当にこのコロナ禍の生活のやりにくさと重苦しさよ
おおっぴらにやっていた不潔、不衛生を野放しにした
中国と、WHOを忌ま忌ましいとさえ思う。

その間違って暴走した国との対応をどうするかとテーブルに乗せていたのが
安倍政権でもあったわけで
今最大の問題
違うもを選ぶだけでも中国寄りかと思ってしまう。

国の人口目当て、数を当てにしたのは間違いだったとは思うけれど。
今やっと日本にボールが回ってきた
今度こそ日本がゴールを決めるべき。

ちょっと大きめの目標立ててそれを頑張ろうと思う。

自立する

新しい就職先が決まったり
それぞれの旅立ちを

見送ることが出来て良かった。
明るく元気
それが一番だもの。

それぞれの世界で
清々しく生きていければ良い。
そう思いました。

自分も今頃だけれど、自立しようと
精神面でも。

急な体調の異変に病院に行けば
心電図やら検査、久しぶりの超音波も。
ついでに調べてもらった
血管とかプラークだらけかと予想するも
動脈硬化も見当たらないと
なんか行くといつも良いですよと言われて
肩透かし
なんだろうかあの
ポコポコ
しつこいポコポコ
焦ってソワソワ
猫がつられて
こちらもソワソワ
猫の方はご飯の、ソワソワだから
互いに思惑違い
二人でソワソワ拍車がかかる。
プロフィール

CHAKOMO

Author:CHAKOMO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード