無謀な自転車走行

今の子供たちの自転車の乗り方は本当に危機意識が無い。
この子たちは車を運転している運転手たちに
絶大なる信頼でも持っているのだろうか?

それとも命知らずの恐いもの知らずか?止まっている車の前をスイスイ走る。
今、車を発進させようとした時だったらと思うと良くひやひやする。
「車の前は、注意して」は
最早聞いた事も無いの?
昔は車をやり過ごすため危険察知で自転車は止まったものだ。

(バイクなんていつ降ってわいた?くらいに神出鬼没、車に認識されてない)
運転手は車を「いつ前に出そう」って
常にアクセル、ブレーキ交互にせわしなく足を置き、準備。

私も昔バイクに乗っていた。
けれど車に乗ることでミラー等で認識されにくいバイクと知ってからは、
怖くて乗れなくなってしまった。  
死角に居て見えないし、車の間を縫っていきなり現れるし!

一度バスに(認識されてなかった)追いやられて植え込みに自ら飛び込んだことが有った。
無傷だったけど、(危険回避したのだから)その時は憤慨しまくりだった。
左隅っこを、けなげに走っていたというのに、、、完全な死角になっていたのだろう。


私はいつも歩行者の居るだろう道路ではゆっくりとしか車を出さない。

一度(右側通行)して明らかに違反してる
スピードの出ている高校生
の自転車と
接触しそうになったが、高校生は明らかに私の不注意を非難の形相で走り去っていった。
結構、偏差値高めの高校名の入ったシールが自転車に貼ってあった。
そこは看板なんかが有って前に出ないと全く見えない道路
しかも「右側通行」の自転車で。
自らぶつかろうとしている、「当たり屋」と取られ兼ねない。
スピードを落としてない自転車、よけられただけありがたいと思って

他では
自転車が走行中左脇に障害物を発見した。

後ろには車、こんな時普通、自転車は右後方を振り返って車道側に膨らんで来る。
しかしそんな気の利いた自転車の運転者は少ない。
振り返るのは道路を横断する時くらい。
スピードが違い過ぎるんだから注意しないとハンドルひっかける。
車の運転手はたぶん車道側に出てくるだろうの「だろう運転」
車は、自分の前方と自転車さん担当のはずの動向にも注意して走らねばならない。
車道側に出ようと車の途切れを待っている時も
十分後ろを通ることが出来るのにわざわざ車の(前)を通過。
ちょうど、車が途切れた時だったりすると今度は、
周りに気を使わない傍若無人ぶりに驚く。
いい年をした大人だったりする耳にはイヤホンだし。

他にも横断歩道を渡るとき私はよっぽどの事がないと小走りするが、
(歩行者が多い時はしません)
(思いやる気持ちも有るし、車をどんな人が運転しているかと言う思いもあるし、あまり信用してない)
せめて急ぐくらいはしようよ、運転手はイライラしてる時も有るよ。
現に今いろんな事故が有るでしょう。
車は表情も感情も持たないけれど運転手には感情が有る。
たまに押しボタン式の歩行者専用道路を渡り終わった子が
さわやかに挨拶してくれると今日は良い一日になるような気分にさせる程なのだから。
勿論歩行者に対して(悪い)感情的な運転なんて、もってのほか(論外)だけど。

それでも、あまりにも不注意に悠然と歩いている歩行者を見ていると
冒頭のような感想を持ってしまう。
もう少し危機意識を持って、全ての歩行者ももちろん運転手も。
現時点、無事故無違反23年目。永年を目指している。


コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

いますよね、後方確認もせずに横断する自転車。
車の音が聞こえないのでしょうか。
というかわざとやってるだろう、と思ったり。

私は必ず確認していたけどなあ、轢かれたくなかったし。

こんにちは、Cさん。
これからエネルギー問題でますます自転車は増えそうです。
ルール無用の自転車事故も増えそうです。
そうなったら車は、両方の意味で走りにくいですね。

これから、小学生のうちに自転車の免許取得ってどうでしょう?
私の小学校はそうでした。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード