バブル崩壊と人の荒廃化

私も同じ日本人の意識の中から客観的に書いて見たつもり。

バブル時期すごかった。
冨の優越気分から、贅沢三昧浮かれ騒ぎの連日だった日本。
今フランスでは年金改革で連日の若者たちのデモ、連日の主なるニュース。
フランスはまだ健全な精神状態を保ってる。

経済情勢の浮き沈みが激しくなかったからだろうか
日本はバブルがはじけた時、確かにショックは受けたけど、変わらなかったものがある。

それは、サービス提供側の意識。
スーパーとかコンビニの店員さんとかかなり見かける
サービス提供者も職場を離れれば同じくお客。
そんな切り替えをして注目するほど大袈裟に意識するほどの場所じゃないスーパー、
だから違和感もそれはどないのだけど。
でも、ほぼそんな大差無い所だらけで占められてる。

バブルがはじけただけならまだしも日本は凄い危険水域経済状態なのに、
変わると思ってたけど変わらない。
景気の悪化で元に戻り、さらにサービスするかと思いきや。
当たり前のようにエコバッグ代に手のひらをさし向け。
忘れようが、たまたま立ち寄っただけだろうがエコ意識が薄いと叱られた気分になる。


バブルの時売れて売れてしょうがないのでレジも大忙し、自分で袋詰め。
セルフが増えたのもこの時だった。
仕事も同じ、求人はいっぱいあるけれど選り好みがすごい、
面接も適当、落ちても「もっと良い所をと」探しまわり
なんだか「バブル後」なのを実感できてなく…

負の荒廃気分から、やけになりやっぱり適当に遊んで、
「宵越しの金は持たねえ」なんて言ってみたりして貯金もしない。
バブルは怖い、
バブルを経験すると中々意識が元に戻らない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード