テレビラジオの役割

最近悲しみに満ちてる
そんな中でも感動の涙も有ったりして、なんて日本は世界中に愛されてる国かと。
日本の悪口(犬呼ばわり)を言って袋叩きにあった某国の権力者の話や日本へのメッセージの数々。
本でも読んで良く耳にしていた。

国そして団体個人の世界に対する考え方、アニメもそうだし日本人の倫理観や道徳心
積み重ね、コツコツと優しさを世界中に振り撒くと言う善行を行って来たから。

それらは、ボランティアの方たちだったり、姿を見せずともの支援の輪だったり。

出来ることをして見守り祈るばかり。
間違いのない赤十字やゆうちょなどからの義援金が良いらしい
物資はまだ届けられる状態では無いとの事。
この期に及んで義援金詐欺など不届き者が…

やはり懐中電灯、枕もとには靴(割れたガラスで怪我をしないよう逃げる)
そしてなんと言ってもラジオ
避難所ではテレビも映らない、緊急時情報は昔からラジオで得るようになっていたのを思い出した
テレビは情報を得る事では被災者側にあまり役立たない
ラジオを重視できるよう見直さなければならないし、見直すべき。

今回で言えば咄嗟の時のテレビは非被災者側の媒体、傍観者の物。



スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード